ファクタリング 即日

ファクタリング即日おすすめ35社【2023年】手数料やオンライン審査をまとめて比較

ファクタリングは、請求書を現金に最短で即日、安全に換えるサービスとして始まった新しい金融サービスです。

ファクタリングの基礎から応用まで分かりやすく説明、おすすめの最短即日支払のファクタリング会社などを詳しく解説します。

このサイトでわかること
  1. 即日、請求書を現金にファクタリングしたい

  2. ネットまたは電話で即日ファクタリングした

  3. 長く付き合えるファクタリング会社をジックリ探している

  4. 近くで即日ファクタリングできる会社を探している


ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債券(売掛金)をファクタリング会社に売却して、最短即日、売掛債権金額の現金を得る仕組みのことです。

売掛債権をファクタリング会社に売却した法人(個人)は、債務者の支払日(入金日)より早く現金を得られるメリットがあります。

ファクタリング会社は売掛債券を買い取る際に売掛債券を格付けに応じて査定し、手数料を徴収する事で利益を得ます。

ファクタリングとは

ファクタリングとは売掛債券(売掛金)をファクタリング会社に売却して、売掛債権金額の現金を得る仕組みです。

売掛債権とは

売掛債権とは、物品の販売やサービスの提供をした会社が、取引先や顧客から代金の支払いを受ける権利のことです。具体的には、請求書や受取手形を表します。

  1. ファクタリングとは
  2. 2社間のファクタリング
    1. ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間の契約のケース
  3. 3社間のファクタリング
    1. ファクタリング利用者、取引先、ファクタリング会社の3社間の契約のケース
  4. ファクタリングの必要書類
  5. おすすめのファクタリング会社
    1. フリーランス 個人向けファクタリングのラボル
    2. GMOクリエイターズネットワークのファクタリング フリーナンス
    3. トップマネジメントの「見積書・受注書・発注書ファクタリング」
  6. フリーランスの支払いサイトの問題
    1. 派遣契約
    2. 請負契約
  7. ファクタリングの注意点
  8. ファクタリング会社の選び方
  9. ファクタリング会社一覧
    1. ファクタリング会社 手数料一覧
    2. ファクタリング会社 審査~振込までの時間
    3. ファクタリング会社 法人個人別
    4. ファクタリング会社 ファクタリング金額上限
    5. ファクタリング会社 面談の有無
    6. ファクタリング会社 必要書類など
  10. ファクタリングした売掛債権の取引先(債務者)が支払い不能になってしまった場合
  11. 注文書でもファクタリング

ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間の契約のケース

2社間のファクタリングのケース

2社のファクタリング

左の図はファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間の契約のケースです。

商品販売の会社を例にしています。

  1. A社(利用者)は得意先に商品を販売する。

  2. A社(利用者)は得意先に請求書(売掛債券)を発行する(売掛金の発生)。

  3. A社(利用者)はファクタリング会社へ請求書(売掛債券)の買取の申し込みをする。

  4. ファクタリング会社が請求書(売掛債券)を審査し、売掛債権の格付けに応じて手数料を提示する。 格付けが高い売掛債券ほど手数料は安く、低い売掛債権ほど手数料は高くなる。

  5. ファクタリング会社とA社(利用者)で合意できたら契約を締結、A社(利用者)はファクタリング会社に請求書(売掛債券)を売却し、手数料を引いた代金を受け取る。

  6. 得意先からA社(利用者)に売掛金が支払われたら、A社(利用者)は速やかにファクタリング会社へ売掛金を支払う。

似たような仕組みで手形割引がありますが、手形割引は約束手形を手形割引会社に割引価格で売却して現金を得る仕組みのことです。

※約束手形は2026年に廃止される予定です。

ファクタリングすることはバレる?

2社間のファクタリングで、ファクタリング会社が得意先に連絡することは、ほぼ全てファクタリング会社でありません。(バレません)

ファクタリング利用者、取引先、ファクタリング会社の3社間の契約のケース

3社間のファクタリング

3社のファクタリング

左の図はファクタリング利用者とファクタリング会社と得意先の3社間の契約のケースです。

商品販売の会社を例にしています。

  1. A社(利用者)は得意先に商品を販売する。

  2. A社(利用者)は得意先に請求書(売掛債券)を発行する(売掛金の発生)。

  3. A社(利用者)はファクタリング会社へ請求書(売掛債券)の買取の申し込みをする。

  4. ファクタリング会社が請求書(売掛債券)を審査し、売掛債権の格付けに応じて手数料を提示する。 格付けが高い売掛債券ほど手数料は安く、低い売掛債権ほど手数料は高くなる。

  5. A社(利用者)は得意先にファクタリングを行うことの承諾を得る(売掛債権売却の承諾)。

  6. ファクタリング会社とA社(利用者)と得意先で合意できたら契約を締結、A社(利用者)はファクタリング会社に請求書(売掛債券)を売却し、手数料を引いた代金を受け取る。

  7. 取引先は売掛債権の支払日がきたら、ファクタリング会社へ売掛債権の金額を支払う。

ファクタリング会社 審査~振込までの時間

ファクタリング会社 審査~振込までの時間
審査~振込までの時間
ラボル最短 即日60分
GMOクリエイターズネットワーク最短 即日30分
トップマネジメント
見積書・受注書・発注書ファクタリング
最短 即日2時間
トップマネジメント
ファクタリング
最短 即日
QuQuMo最短 即日2時間
ビートレーディング最短 即日2時間
アクセルファクター不明
ベストファクター最短 即日
SHIKIN+ Biz Forward最短 2営業日
請求QUICK最短 2営業日
GMOフリーランスファクタリング最短 即日30分
資金調達ペイ最短 即日
プロスパーコンサルティング最短 即日
AGビジネスサポート最短 即日
じゅうろくクラウドファクタリング最短 即日
クレイリッシュ3日程度
ロコプラス最短 1営業日
三十三クラウドファクタリング最短 即日
マネーフォワード アーリーペイメント最短 2営業日
マイナビブリッジ1~3週間
株式会社日本ビジネスリンクス最短 即日2時間
ペイトナーファクタリング最短 即日10分

ファクタリングの必要書類

ファクタリングの必要書類 個人

ファクタリングの必要書類はファクタリング会社ごとに異なります

ファイタリング会社ごとに、必要な書類は異なります。

ファクタリングサービスでもっとも分かりやすく、手続きの煩雑さのないサービスのラボルの必要書類は「身分証明書」「請求書」「担当者とのメール等」だけです。オンラインで査定、契約、入金までできるので、とても便利です。

具体的にファクタリング会社のサービスを見ていきましょう。最初は手続きがもっとも簡単なラボルのファクタリングです。

ファクタリングの必要書類 法人

ファクタリングの必要書類はファクタリング会社ごとに異なります

法人の場合も個人と同様に、ファイタリング会社ごとに必要な書類は異なります。

おすすめのファクタリング会社(即日)

超おすすめの個人向けファクタリング会社、法人向けファクタリング会社をご紹介します。

会社の信頼性(特に資本金)、手続きの簡潔さ、明確な手数料、契約内容の安全性を考慮したファクタリング会社です。

ファクタリング会社は沢山存在しますが、本当におすすめできる会社は数社です。

フリーランス 個人向け即日ファクタリングのラボル

ファクタリング会社 ラボル

ラボルは株式会社セレス(東証プライム上場)の100%子会社である株式会社ラボルが運営するサービスです。

引用元:ラボル labol(ラボル)| フリーランスの報酬を即日先払い

ラボルのファクタリングは請求書とメール等をアップロードするだけ

ラボルのファクタリングのメリットは請求書とエビデンス(担当者とのメール等)をアップロードするだけでファクタリング契約できる点です。

ファクタリング業界でもっとも分かりやすく手続きの煩雑さのないサービスです。

特に大きなメリットを得られるのは、フリーランスのエンジニアなどは大きなメリットを得られでしょう。

ラボル ファクタリング処理

引用元:ラボル labol(ラボル)| フリーランスの報酬を即日先払い

ラボルのファクタリングの特徴

おすすめのファクタリング ラボル
対象個人
審査~振込までの時間最短 即日60分
必要書類請求書とエビデンス(担当者とのメール等)。決算書・入出金明細・契約書などの面倒な書類は不要。
手数料10%
ファクタリング金額上限必要な額
ラボルのおすすめポイント
  1. フリーランス・個人事業主向けの報酬を即日先払いする請求書買取(2者間ファクタリング)サービス

  2. 審査は請求書とエビデンス(担当者とのメール等)をアップロードするだけ

  3. 手数料は一律10%

  4. 最短 即日60分で入金

  5. 東証プライム上場 株式会社セレスの100%子会社

ファクタリング会社 ラボル

GMOクリエイターズネットワークの即日ファクタリング フリーナンス

GMOクリエイターズネットワークはGMOグループの出資会社です。親会社が大手ということと、資本金も十分にあるので安心です。

フリーナンスのファクタリングは、ラボルと同様に手続きがとても簡素化されており、請求書をアップロードするだけで審査可能です。

審査をスムーズに早く済ませるには、請求書に付随するエビデンス(取引が問題なく成立している証拠となるもの)も一緒に提出することで審査をスムーズに進めることができます。

エビデンスは、以下のようなものです。

請求書をクライアントに送付済みであることを証明するもの

請求内容をクライアントが確認済みであることを証明するもの

請求金額が確定している(成果物を納品済みである)ことを証明するもの

クライアントと過去にも取引があることを証明するもの

引用元:FREENANCE 最短 即日30分未満!FREENANCE即日払いの審査を早くするコツ

契約書、発注書、納品書、クライアントとの過去の入金履歴などがあれば、よりスムーズに審査を進めることができます。

フリーナンス ファクタリング処理

引用元:フリーナンス フリーナンス 手持ちの請求書を今すぐ現金化

GMOクリエイターズネットワークのファクタリング フリーナンス
対象小規模法人、個人事業主、フリーランス
審査~振込までの時間最短 即日30分
必要書類請求書とエビデンス(契約書、発注書、納品書、クライアントとの過去の入金履歴、担当者とのメールなど)
手数料3~10%
ファクタリング金額上限必要な額

>> GMOクリエイターズネットワークのファクタリング フリーナンスを見る

注文書で即日ファクタリング

トップマネジメントの「見積書・受注書・発注書ファクタリング」(即日)

通常のファクタリングは、仕事が完了し発行した請求書を売掛債券として買い取りますが、仕事をする前の注文書を買い取るファクタリングも存在します。

ファクタリング トップマネジメント

トップマネジメントの「見積書・受注書・発注書ファクタリング」は、請求書が未発行でもファクタリングできるサービスです。

「見積書」「受注書(注文書)」「発注書」のいずれかがあればファクタリング可能です。

このサービスのスゴイところは、受注した仕事が未完了でもファクタリング可能な点です。

例えば、システムの受託開発で工期は6ヶ月、全体の工数は60人月で、仕事が完了し納品、仕事の発注会社が検品を完了し、はじめて請求書を発行できます。

請求書の発行は発注会社の検品を考慮すると最短でも7ヶ月後、多くのケースでは7ヶ月以上の期間がかかるでしょう。

この仕事をすべて内製化した場合、60人月の報酬(給与)の支払い能力が請求書発行後、発注会社からの支払いがあるまで必要です。

もし注文書の段階でファクタリングできる場合、60人月の報酬(給与)を事前に確保できます。運転資金が劇的に改善するわけです。

>> トップ・マネジメントの受注書(注文書)ファクタリングを見る

トップマネジメントの「見積書・受注書・発注書ファクタリング」
対象法人
審査~振込までの時間最短 即日2時間
必要書類「見積書」「受注書(注文書)」「発注書」のいずれか、印鑑証明書、会社実印
手数料3.5~12.5%
ファクタリング金額上限上限1億円
その他設立から半年以上、月商500万円以上の法人企業様が対象
トップマネジメントのおすすめポイント
  1. 「見積書」「受注書(注文書)」「発注書」のいずれかがあればファクタリング可能

    トップマネジメントでは通常のファクタリングもおこなっています。

    条件は以下の通りです。

    トップマネジメントのファクタリング
    対象法人 個人事業主
    審査~振込までの時間最短 即日
    必要書類請求書、印鑑証明書、会社実印
    手数料2社間ファクタリング 3.5~12.5%
    3社間ファクタリング 0.5~3.5%
    ファクタリング金額上限30万円~3億円

    >> トップ・マネジメントのファクタリングを見る

    支払いサイトの問題をファクタリングで解決する

    フリーランスの支払いサイトの問題

    派遣契約

    フリーランスのエンジニアは支払いサイト(請求書を発行してから売掛金を回収するまで)が長くなることも多々あります。

    支払いサイト

    派遣契約のフリーランスのエンジニアの場合、請求書を発行してから支払いまでの期間は2カ月以上になることが普通です。

    派遣契約の場合、派遣先から派遣会社に支払いが発生するのが1カ月後、派遣会社からフリーランスのエンジニアに支払いが発生するのが2カ月後になることが多いのです。

    これは運転資金の関係で、派遣会社は1カ月後に派遣先から支払いが発生するため、1カ月後にフリーランスのエンジニアに支払う為には余剰資金を1カ月分余計に持っていないと支払う事ができないのです。

    大手派遣会社では支払いサイトが1カ月後の契約もありますが、中小以下の派遣会社では運転資金に余裕はないので、支払いは2カ月後になります。

    支払いサイトが2ヶ月以上で当面の資金に困る場合は、ファクタリングを利用することで解決できます。

    請負契約

    フリーランスのエンジニアの請負契約は、別名受託開発と呼び、短期間から長期間に及ぶ様々な契約があります。

    短期間の請負契約であれば資金的な問題はおきませんが、長期間に及ぶ契約の場合、経済活動および生活資金が十分にある必要があります。

    長期間の契約の場合、支払いは分割払いにして貰うなどの工夫が必要な場合もあります。

    個人、法人でファクタリングを利用する際の注意点

    債権譲渡禁止のケース

    契約書に債権譲渡禁止の記載がある場合は、ファクタリングは利用できません。

    給与ファクタリングに関する注意喚起:金融庁

    給与ファクタリングは貸金業です。

    ファクタリングと貸金業の最大の違いは、ファクタリングは売掛債権の売買契約なので、取引先(債務者)が支払い不能になっても、利用者はファクタリング会社への支払い義務を負わないことです(支払う必要はない)。

    対して貸金業は、売掛債権の売買契約ではなく、ファクタリングのように装った契約書で契約をおこなう貸付けですので、貸付金に対する金利が月々発生します。

    また、売掛債権の売買契約ではないので、取引先(債務者)が支払い可否関わらず、借入金額の支払い義務が発生します。

    つまり、ファクタリングは取引先(債務者)が支払い不能になっても、利用者はファクタリング会社への支払い義務を負いませんが、給与ファクタリングは取引先(債務者)が支払い不能になっても、利用者は給与ファクタリングへの支払い義務は消えません。

    「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。

    引用元:金融庁 ファクタリングに関する注意喚起:金融庁

    給与ファクタリングは貸金業
    1. ※注意:給与ファクタリングは、キャッシング、カードローンなどと同様の貸金業で、月々の金利が発生します。

      また、取引先(債務者)が支払い不能になっても、借入金額の支払い義務は消えません。

      事業者向けファクタリングに関する注意喚起:金融庁

      契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」が定められていない契約はファクタリングではなく貸金業です。

      ファクタリングと貸金業の最大の違いは、ファクタリングは売掛債権の売買契約なので、取引先(債務者)が支払い不能になっても、利用者はファクタリング会社への支払い義務を負わないことです(支払う必要はない)。

      「債権譲渡契約(売買契約)」が定められていない契約は貸金業ですので、貸付金に対する金利が月々発生します。

      また、売掛債権の売買契約ではないので、取引先(債務者)が支払い不能になっても、借入金額の支払い義務は消えません。

      ファクタリングとして勧誘を受けたが、契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」であることが定められていない。ファクタリングを装った貸金業です。

      引用元:金融庁 ファクタリングに関する注意喚起:金融庁

      債権譲渡契約のないファクタリング
      1. ※注意:契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」が定められていない契約はファクタリングではなく貸金業です。

        キャッシング、カードローンなどと同様の貸金業で、月々の金利が発生します。

        また、取引先(債務者)が支払い不能になっても、借入金額の支払い義務は消えません。

        ファクタリング会社の選び方

        ファクタリング会社は、法整備がしっかりできている貸金業法のようなものはなく、財務局長か都道府県知事に貸金業者としての登録申請が必要ということもありません(ファクタリング事業者に資格は必要ありません)。

        また、貸金業者の場合、貸金業務取扱主任者(国家資格)を従業員50人つき1人必要であり、純資産は5000万円以上と定められています。

        引用元:日本貸金業協会 日本貸金業協会 貸金業を始めるには
        引用元:e-Gov法令検索 e-Gov法令検索 | 貸金業法

        ファクタリング会社は、ファクタリングに関する資格は存在しませんし純資産の制限もありません。

        つまりファクタリング会社はある意味、やりたい人ができると言えます。

        重要なのは、誰もができてしまうファクタリング会社ですが、当然お金に関わる事業ですので会社の純資産や信頼性は高い必要があります。

        では、どこでファクタリング会社の純資産や信頼性を確認するかというと、まず資本金です。信頼性は取引実績です。

        上場企業、もしくはその子会社かグループ会社であるのが理想的です。

        1. ラボルを展開する株式会社ラボルは東証プライム上場の株式会社セレスの100%子会社

        2. フリーナンスを展開するGMOクリエイターズネットワークはGMOのグループ会社

        3. 「見積書・受注書・発注書ファクタリング」を展開するトップマネジメントは資本金5000万円以上で、十分な実績があり

        この3社に関しては、ファクタリング業界の中でもトップクラスの純資産、信頼性があると言えるでしょう。

        ファクタリング会社 手数料一覧

        ファクタリングの手数料
        手数料率
        ラボル10%
        GMOクリエイターズネットワーク3~10%
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        3.5~12.5%
        トップマネジメント
        ファクタリング
        2社間ファクタリング 3.5~12.5%
        3社間ファクタリング 0.5~3.5%
        QuQuMo1~14.8%
        ビートレーディング最低2%~
        アクセルファクター2社間ファクタリング 5~15%
        3社間ファクタリング 1~10%
        ベストファクター2~20%
        SHIKIN+ Biz Forward0.5%~
        請求QUICK0.5~4.0%
        GMOフリーランスファクタリング9.5%
        資金調達ペイ2%~
        プロスパーコンサルティング2社間ファクタリング 6%~
        3社間ファクタリング 3%~
        AGビジネスサポート2%~
        じゅうろくクラウドファクタリング2~9%
        クレイリッシュ1~2.8%
        ロコプラス1%~
        三十三クラウドファクタリング2~9%
        マネーフォワード アーリーペイメント1~10%
        マイナビブリッジ2~7%
        株式会社日本ビジネスリンクス2%~14.9%
        ペイトナーファクタリング10%固定

        ファクタリング会社 審査~振込までの時間

        ファクタリング会社 審査~振込までの時間
        審査~振込までの時間
        ラボル最短 即日60分
        GMOクリエイターズネットワーク最短 即日30分
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        最短 即日2時間
        トップマネジメント
        ファクタリング
        最短 即日
        QuQuMo最短 即日2時間
        ビートレーディング最短 即日2時間
        アクセルファクター不明
        ベストファクター最短 即日
        SHIKIN+ Biz Forward最短 2営業日
        請求QUICK最短 2営業日
        GMOフリーランスファクタリング最短 即日30分
        資金調達ペイ最短 即日
        プロスパーコンサルティング最短 即日
        AGビジネスサポート最短 即日
        じゅうろくクラウドファクタリング最短 即日
        クレイリッシュ3日程度
        ロコプラス最短 1営業日
        三十三クラウドファクタリング最短 即日
        マネーフォワード アーリーペイメント最短 2営業日
        マイナビブリッジ1~3週間
        株式会社日本ビジネスリンクス最短 即日2時間
        ペイトナーファクタリング最短 即日10分

        ファクタリング会社 ファクタリング対象 法人個人別

        ファクタリング会社 法人個人別
        法人/個人
        ラボル個人
        GMOクリエイターズネットワーク小規模法人 個人事業主 フリーランス
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        法人
        トップマネジメント
        ファクタリング
        法人 個人
        QuQuMo法人 個人事業主 フリーランス
        ビートレーディング法人 個人事業主
        アクセルファクター法人 個人
        ベストファクター法人 個人事業主
        SHIKIN+ Biz Forward請求QUICKをご利用中の業歴1年以上ある法人
        GMOフリーランスファクタリング法人 個人事業主
        資金調達ペイ法人
        プロスパーコンサルティング法人 個人
        AGビジネスサポート法人 個人事業主
        じゅうろくクラウドファクタリング法人 個人事業主
        クレイリッシュ法人 個人事業主
        ロコプラス法人 個人事業主
        三十三クラウドファクタリング法人 個人事業主
        マネーフォワード アーリーペイメント法人
        マイナビブリッジ法人
        株式会社日本ビジネスリンクス法人 個人事業主
        ペイトナーファクタリング法人 個人事業主

        ファクタリング会社 ファクタリング金額上限

        ファクタリング会社 ファクタリング金額上限
        金額上限
        ラボル必要な額
        GMOクリエイターズネットワーク必要な額
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        上限1億円
        トップマネジメント
        ファクタリング
        30万円~3億円
        QuQuMo必要な額
        ビートレーディング無制限
        アクセルファクター必要な額
        ベストファクター30万円~1000万円
        SHIKIN+ Biz Forward最低数万円~最高数億円まで
        請求QUICK30万円~上限なし
        GMOフリーランスファクタリング1万円~上限なし
        資金調達ペイ上限2億円
        プロスパーコンサルティング10万円~3000万円
        AGビジネスサポート10万円~
        じゅうろくクラウドファクタリング不明
        クレイリッシュ100万円~5000万円
        ロコプラス10万円~上限なし
        三十三クラウドファクタリング不明
        マネーフォワード アーリーペイメント50万円~数億円
        マイナビブリッジ上限1億円
        株式会社日本ビジネスリンクス上限1億円
        ペイトナーファクタリング最大100万円程度

        ファクタリング会社 面談の有無

        ファクタリング会社 面談の有無
        面談の有無
        ラボルWeb完結でお申込み可能。面談不要。
        GMOクリエイターズネットワークオンラインで完結。面談不要。
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        必要書類のご提出とWeb面談の実施。※Zoom等のビデオチャットを利用した完全非対面による面談を行います。
        トップマネジメント
        ファクタリング
        不明
        QuQuMoオンラインで完結。面談不要。
        ビートレーディングオンラインで完結。面談不要。
        アクセルファクター不明
        ベストファクター契約時 面談必要
        SHIKIN+ Biz Forwardお電話・メール等のオンラインで完結。ご面談は原則不要。
        請求QUICKWebで完結。面談不要。
        GMOフリーランスファクタリングオンラインで完結。面談不要。
        資金調達ペイオンラインで完結。面談不要。
        プロスパーコンサルティング不明
        AGビジネスサポートオンラインで完結。面談不要。
        じゅうろくクラウドファクタリングオンラインで完結。面談不要。
        クレイリッシュオンラインで完結。面談不要。
        ロコプラスオンラインで完結。来店不要。
        三十三クラウドファクタリングオンラインで完結。面談不要。
        マネーフォワード アーリーペイメント原則、オンライン上のやり取り(メールでのやり取り等)で手続きが完了。
        マイナビブリッジ不明
        株式会社日本ビジネスリンクスオンラインで完結。面談不要。
        ペイトナーファクタリングオンラインで完結。面談不要。

        ファクタリング会社 必要書類など

        ファクタリング会社 必要書類など
        必要書類
        ラボル請求書とエビデンス(担当者とのメール等)。決算書・入出金明細・契約書などの面倒な書類は不要。
        GMOクリエイターズネットワーク請求書とエビデンス(契約書、発注書、納品書、クライアントとの過去の入金履歴、担当者とのメールなど)
        トップマネジメント
        見積書・受注書・発注書ファクタリング
        「見積書」「受注書(注文書)」「発注書」のいずれか、印鑑証明書、会社実印
        トップマネジメント
        ファクタリング
        請求書、印鑑証明書、会社実印
        QuQuMo法人 入出金明細:保有する全銀行口座の入出金明細直近3ヶ月分、請求書:請求金額・入金日が確定しているものに限ります。
        ※個人事業主の方は、開業届又は青色、白色の確定申告書一式。健康保険証。
        ビートレーディング売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2か月分)。売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)。
        アクセルファクター原則ご用意いただく書類:売掛金が確認できる書類(請求書等)。入金が確認できる預金通帳。直近の確定申告書(所得税又は法人税)。代表者様の身分証明書。
        必要に応じてご用意いただく書類:納税証明書(又は納付書や領収書)。印鑑証明書。取引先様との契約書。
        ベストファクター審査に必要な書類:本人確認書類(免許証、パスポートなど)、入出金の通帳(WEB通帳含む)、請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)
        契約に必要な書類:納税証明書、印鑑証明書、登記簿謄本
        SHIKIN+ Biz Forward入出金明細(事業で利用しているすべての金融機関口座の入出金明細6か月分。※インターネットバンキングの明細連携を利用するとスムーズですが、通帳のコピーでもご提出可能です。)
        決算書類(直近2期分の決算書と直近までの試算表。※設立1期目の場合、決算書のご提出は不要です。)
        売掛債権の証憑(契約書、請求書、発注書など取引内容と金額、入金予定日が確認できるもの)
        請求QUICK契約企業様の決算書2期分、入出金明細6か月分、登記簿謄本、代表者本人確認書類
        GMOフリーランスファクタリング審査に必要な書類:請求書 ※契約書、銀行口座、入出金明細、そのほかの取引関連書類の提出は不要です。審査終了まで身分証の提出も不要。
        契約に必要な書類:運転免許証またはマイナンバーカード。
        資金調達ペイ請求書、直近3ヶ月分の通帳のコピー、身分証明書、審査申込書
        プロスパーコンサルティング売掛債権
        AGビジネスサポート本人確認書類、売却する請求書、入金済みの請求書、請求書の入金済み通帳、事業を行っていることが確認できる書類
        じゅうろくクラウドファクタリング売却予定の請求書、昨年度の決算書一式(法人:貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細。個人:確定申告書B 第一表)、入出金明細直近4カ月分、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
        クレイリッシュ履歴事項全部証明書(法人のみ)、印鑑証明書、代表者の身分証明書、決算書または申告書、売掛金の内容が判明する資料(契約書・発注書・納品書・請求書・支払通知書等)
        ロコプラス請求書(売掛債権)
        三十三クラウドファクタリング売却予定の請求書、昨年度の決算書一式(法人:貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細。個人:確定申告書B 第一表)、入出金明細直近4カ月分、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
        マネーフォワード アーリーペイメント決算書一式 2期分(貸借対照表、損益計算書、勘定科目内訳書、税務申告書)、直近の残高試算表(Excel形式、難しければpdf形式)、買取希望債権の証憑(以下が確認できる書面:取引先名、取引内容、債権金額、支払日 等)、入出金明細(直近6か月分)
        マイナビブリッジ請求書(売掛債権)
        株式会社日本ビジネスリンクス請求書(売掛債権)
        ペイトナーファクタリング請求書(売掛債権)

        ファクタリングした売掛債権の取引先(債務者)が支払い不能になってしまった場合

        ファクタリング利用者とファクタリング会社の2社間の契約、または、ファクタリング利用者とファクタリング会社、取引先の3社間の契約で取引先が支払い不能になってしまった場合はどうなるのか?

        ファクタリングは売掛債権の売買契約なので、取引先(債務者)が支払い不能になっても利用者は返済義務はありません。

        ファクタリング会社は取引先(債務者)が支払い不能になれば大きな損失が発生するので、ファクタリング審査で十分な信用調査を実施しファクタリング契約を結びます。

        つまり、ファクタリング利用者の取引先が支払い不能になりそうな場合、ファクタリング契約を結ぶことはありません。

        ファクタリングの重要ポイント

        取引先(債務者)が支払い不能になった場合

        ファクタリングは売掛債権の売買契約なので、取引先(債務者)が支払い不能になっても、利用者はファクタリング会社への支払い義務を負わない。

        ファクタリングの歴史

        ファクタリングの歴史は深く、16世紀のイギリスで誕生したと言われています。

        欧米では商慣習としてファクタリングは一般的ですが、日本で普及しなかったのは、日本は約束手形文化が強く手形の売買である手形割引が存在したためです。

        2026年に約束手形が廃止されることがファクタリングの普及に拍車をかけた要因の1つです。

        政府主導による紙文化からペーパーレスの電子決済の導入促進も、ファクタリングの普及し始めた大きな要因です。

        「ファクタリング」か「でんさい」か?手形割引の代替案

        2021年3月31日付で公表された中小企業・公正取引委員会連盟の通達を参考にすると、約束手形は廃止し、下請代金の支払は、できる限り現金によるものとするとあります。

        約束手形の廃止を2026年に予定、これまで約束手形を使ってきた企業は約束手形に代わる決済方法を選択する必要があります。

        約束手形は、製造業・建設業では依然利用頻度は高く、その他業種でも全く無くなっているわけではありません。公正取引委員会とは別に、経済産業省では約束手形の代替手段として「でんさい」を推奨しています。

        1. 下請代金の支払は、できる限り現金によるものとすること。

        2. 手形等により下請代金を支払う場合には、当該手形等の現金化にかかる割引料等のコストについて、下請事業者の負担とすることのないよう、これを勘案した下請代金の額を親事業者と下請事業者で十分協議して決定すること。当該協議を行う際、親事業者と下請事業者の双方が、手形等の現金化にかかる割引料等のコストについて具体的に検討できるように、親事業者は、支払期日に現金により支払う場合の下請代金の額並びに支払期日に手形等により支払う場合の下請代金の額及び当該手形等の現金化にかかる割引料等のコストを示すこと。

        3. 下請代金の支払に係る手形等のサイトについては、60日以内とすること。

        4. 前記1から3までの要請内容については、新型コロナウイルス感染症による現下の経済状況を踏まえつつ、おおむね3年以内を目途として、可能な限り速やかに実施すること。

        引用元:公正取引委員会 公正取引委員会ホームページ「(令和4年2月16日)手形等のサイトの短縮について」掲載「(別添)概要文書」より抜粋

        引用元:公正取引委員会 下請代金の支払手段について(令和3年3月)

        経済産業省が推奨する代替案「でんさい」とは

        支払手形の発行残高は1990年度の約107兆円をピークに減少傾向にあるが、製造業・建設業では依然利用頻度は高く、その他業種でも全く無くなっているわけではありません。

        そのような背景を踏まえ2026年に完全に約束手形を廃止すると、決済業務に著しく混乱する可能性があるため、経済産業省では銀行振込による現金決済と合わせ、「でんさい」への切り替えを推奨しています。

        「株式会社全銀電子債権ネットワーク」(通称:でんさいネット)が取り扱う電子記録債権で、2013年からすでにサービスが提供されています。

        でんさいの特徴は、紙の手形の問題点を解決することを目的とされております。

        経済産業省が推奨する「でんさい」
        1. 金銭債権をデータ化することで紛失や盗難がなくなる

        2. 期日になると自動入金される

        3. 裏書譲渡も可能で、必要な分だけ分割して利用できる

        4. 会計システムが「でんさい」に対応している場合、自動仕分けできる

        約束手形の生態系

        約束手形の廃止は長期的にみて企業、個人にとってメリットが多く、約束手形の処理と比較すると高い業務効率化が図れます。

        約束手形を廃止することで得られるメリットはお分かり頂けたと思いますが、商品やサービス、仕組みには、それらに依存する生態系があります。

        たとえば約束手形が無くなると同時に消滅してしまうのが、手形割引事業者です。

        筆者はSIerに勤務していた期間が長いので、SIerで例えるなら、Oracleの生態系はOracleを頂点に、SIer、ベンダー、メーカー、OracleマスターなどのOracleに特化した技術者が階層を築き生きています。

        もしOracleが突然消滅したら、このOracleに関わる生態系も同時に消滅します。※SIer、ベンダー、メーカーは部門が消えるだけです。

        このような商品やサービス、仕組みが突然消えるということは、同時に職を失う(食を失う)人々が生まれるということになります。

        引用元:経済産業省 経済産業省 紙の約束手形やめませんか?

        では手形割引事業者に話を戻します。

        「でんさい」には譲渡機能があり、この譲渡機能を使えば手形を譲渡するように「でんさい」も譲渡できます。

        「でんさい」を手形割引事業者に譲渡し、割引後のでんさい金額を入金してもらうことで、手形割引のように「でんさい割引」することができます。

        では、手形割引事業者は「でんさい割引」を生業とすることで、依然と同様に会社を存続させられるでしょうか?

        答えは「困難である」です。約束手形の廃止に伴う代替え手段は、公正取引委員会連盟の通達では「支払はできる限り現金によるものとすること」とあります。

        「でんさい」を利用する事とはなっていません。多くの企業が銀行振込に移行するものと考えらます。

        「でんさい」は、銀行振込が難しい企業の代替え案に過ぎません。

        手形割引事業者は別の生業も考える必要があります。

        もっとも有力な生業がファクタリングです。

        ファクタリングは売掛債権という意味で約束手形と同一であり、約束手形との大きな違いは約束手形の「不渡り」に相当するペナルティが請求書などの売掛債権には存在しなことです。

        ニ度目の不渡りで銀行取引停止処分となり、多くの場合は倒産に直結します。約束手形の信用力、信頼性はこの「不渡り」が存在することで約束さえていると言えます。

        請求書などの売掛債権には不渡りに相当するペナルティが存在しないため、請求書に記載されている支払日に支払いが無くても企業は表面上は何もペナルティはありません。

        ファクタリング事業者は、売掛債権である請求書を譲渡されるため、請求先の会社の支払いが発生しない場合のリスクを100%負うことになります。

        つまり「不渡り」という大きすぎるペナルティが伴う約束手形と、表面上ペナルティを伴わない請求書では、売掛債券の信頼性が全く異なります。

        ファクタリングは手形割引とは異なり、ファクタリング事業者が背負うリスクは手形割引事業のそれとは全く異なります。

        安易に手形割引とファクタリングは構造が同じだから参入可能かというと、リスクレベルが全くの別物で手形割引事業者がファクタリングに業種転換するには高度なリスク管理が必要になります。

        帝国データバンクなどの信用調査会社のデータに頼っていては、中小零細企業の経営状況はリアルには把握できません。

        快進撃 OLTAファクタリング

        OLTA株式会社の快進撃が続いている。

        2017年創業のOLTA株式会社は、クラウドファクタリングのシステムを開発、与信モデルの企画/開発/提供します。

        2020年に地銀3行(群馬銀行、十六銀行、青森銀行)、2021年に地銀11行(鳥取銀行、筑邦銀行、八十二銀行、肥後銀行、四国銀行、池田泉州銀行、秋田銀行、三十三銀行、愛媛銀行、北日本銀行、沖縄銀行)、2022年に地銀5行、信金1行(静岡銀行、きらぼし銀行、山梨中央銀行、清水銀行、紀陽銀行、桐生信用金庫)、2023年に地銀4行、信金3行(福島銀行、東和銀行、沖縄海邦銀行、宮崎太陽銀行、芝信用金庫、帯広信用金庫、岡崎信用金庫)、合計 地銀23行、信金4行にOLTAのクラウドファクタリングは導入されました。

        OLTAのクラウドファクタリングは、地銀ではデファクトスタンダードに地位を強固なものにしつつあります。

        資本金 44億2,184万円(資本準備金を含む。)はファクタリング会社の中でも突出して高いです。過小資本のファクタリング会社が多い中、十分な資本金は経営の信頼性の証明になります。

        OLTAクラウドファクタリングの導入銀行/信金
        OLTAクラウドファクタリングの導入銀行/信金
        群馬銀行群馬銀行クラウドファクタリング
        十六銀行じゅうろくクラウドファクタリング
        青森銀行あおぎんクラウドファクタリング
        鳥取銀行とりぎんクラウドファクタリング
        筑邦銀行筑邦銀行クラウドファクタリング
        八十二銀行OLTAクラウドファクタリング supported by 八十二銀行
        肥後銀行ひぎんクラウドファクタリング
        四国銀行四国銀行クラウドファクタリング
        池田泉州銀行池田泉州クラウドファクタリング
        秋田銀行OLTAクラウドファクタリング supported by 秋田銀行
        三十三銀行三十三クラウドファクタリング
        愛媛銀行ひめぎんクラウドファクタリング
        北日本銀行きたぎんクラウドファクタリング
        沖縄銀行おきぎんクラウドファクタリング
        静岡銀行OLTAクラウドファクタリング supported by 静岡銀行
        きらぼし銀行OLTAクラウドファクタリング supported by きらぼし銀行
        山梨中央銀行OLTAクラウドファクタリング supported by 山梨中央銀行
        清水銀行しみずクラウドファクタリング
        紀陽銀行OLTAクラウドファクタリング supported by 紀陽銀行
        桐生信用金庫きりしんクラウドファクタリング
        福島銀行ふくぎんクラウドファクタリング
        東和銀行東和クラウドファクタリング
        沖縄海邦銀行かいぎんクラウドファクタリング
        宮崎太陽銀行宮崎太陽クラウドファクタリング powered by OLTA
        芝信用金庫芝信用金庫クラウドファクタリング powered by OLTA
        帯広信用金庫OLTAクラウドファクタリング supported by 帯広信用金庫
        岡崎信用金庫おかしんクラウドファクタリング powered by OLTA
        金融機関融資、ファクタリング、カードローンの比較
        金融機関融資 ファクタリング カードローン
        金利・手数料 金利 2~5%程度
        (+事務手数料)
        売却する請求書に対して
        買取手数料2~9%のみ
        金利 3~15%程度
        面談有無 面談必要 オンラインで完結。面談不要。 面談必要
        

        Copyright (C) 2021~2023年 Sakura Media All Rights Reserved. Update 2023年6月8日
        運営者情報 ご質問はこちらへお願いします info@futsaledge.jp