コラム
NEW ARTICLE

全6回の集中型フットサル指導者講習会「木暮賢一郎フットサルアカデミー」が7月からスタート!

2018.06.12 Tue

日本代表  新着一覧

日本代表

ドリブルオンリーにロングボール合戦……。日本フットサルを停滞させる「指導者不足」に解決策はあるか。

2018.07.03 Tue

2012年にプロ選手として現役を退いた、現フットサル日本女子代表監督の木暮賢一郎氏は、「日本のフットサルが強くなるためには指導者のレベルアップが必要不可欠だ」といつも話してきた。だがいまだに、「指導者不足」という現場の声がなくなることはない。それは引いては、日本サッカーにも大きな影響を与えている。サッカーもフットサルも、日本が世界で戦える選手を輩出していくためには“質の高い”指導者の育成こそが必要──。木暮氏は、そんな思いから指導者が一緒になって成長していける機会を創出している。(文・本田好伸)

日本代表

“木暮なでしこ5”が女子アジア選手権で準優勝。王座奪還を逃すも、上位2カ国のユース五輪出場権は獲得

2018.05.12 Sat

第2回AFC女子フットサル選手権タイ2018を戦ったフットサル日本女子代表は12日、決勝でイラン代表に2-5で敗戦。2015年の前回大会と同カードの相手にリベンジとはならず、アジア女王の座を目前で逃した。木暮賢一郎監督が率いた新生“なでしこ5”の初陣は準優勝で終えたが、今大会で上位2カ国に入ったため、今年アルゼンチンで開催される予定のユースオリンピック(14歳〜18歳)への出場権を確保した。(文 本田好伸)

▶︎ その他の記事

Fリーグ  新着一覧

Fリーグ

スペイン・ビッグ3へ挑戦する清水和也。「世界最高峰の選手たちと早く戦えるように」。

2018.07.23 Mon

フウガドールすみだ&日本代表の清水和也が、スペインリーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍することが発表された。エルポソはインテル・モビスター、FCバルセロナと並ぶ“スペイン・ビッグ3”の一つ。名門チームだけにBチームからのスタートとなるが、すみだでもサテライトからエースに駆け上がった清水は「世界最高峰の選手たちと戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と意気込む。(取材協力 ヒュンメル)

Fリーグ

【女子Fリーグ開幕戦】優勝候補・福井丸岡RUCKが白星スタート。「ピヴォ当てを十二分に発揮できた」(田中監督)

2018.06.06 Wed

優勝候補の一角に数えられる福井丸岡RUCKは、昨季16-0で大勝したユニアオレディースと開幕戦を戦った。ユニアオの個人技に苦しめられたが、5-3で勝ち切った。田中悦弘監督は試合前に女子日本代表の木暮賢一郎監督から「日本代表を強くするためのリクエスト」があったことを明かした。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ その他の記事

地域リーグ  新着一覧

地域リーグ

町田のサテライトチームが関東リーグ初昇格! 突き抜ける選手を求める育成哲学に迫る

2017.02.22 Wed

ペスカドーラ町田のサテライトチーム、ペスカドーラ町田アスピランチは東京都1部リーグ2016で初優勝を飾り、東京都代表として関東リーグ2部参入戦への挑戦権を獲得。1都6県によるトーナメントを制して、2月19日に茨城県・水海道総合体育館で行われた、フュンフシュピーラー山梨(関東リーグ2部12位)との決戦に臨むと、この試合に4-2で勝利し、Fリーグの下部組織として4チーム目の関東リーグ参入を果たした。(取材・文 本田好伸)

▶︎ その他の記事

全国大会  新着一覧

全国大会

5人制サッカーの世界大会予選「F5WC JAPAN 2018」を制したのは「KIGE GEAR FC」!

2018.08.02 Thu

7月15日に横浜FC東戸塚フットボールパークで開催されたF5WC JAPAN 2018の国内決勝大会。約200チームが参加した国内大会の頂点に立ったのは、昨年決勝まで勝ち進みながらあと一歩のところで優勝を逃した「KIGE GEAR FC」だった。世界大会は9月12日〜18日に中国・上海で行われる。(記事提供 F5WC JAPAN大会事務局)

全国大会

9月11日、23歳以下限定のフットサル大会が開催決定! 優秀選手は海外留学特待生に!

2018.08.01 Wed

9月11日、兵庫県のアスコフットサルパークMAYAにて、23歳以下限定のフットサル大会が開催される。最大の目的は未来のフットサル界を担う若い才能の育成と発掘。Fリーグでも23歳以下のFリーグ選抜が結成されるなど、2020年に開催予定のフットサル W杯に向けて、世代交代が重要な課題となっている。サッカー・フットサル留学を多数手がけるユーロプラスインターナショナルにより、優秀選手には海外留学に特待生としての参加できる特典も付与される。この大会をきっかけにして、フットサルの世界で上を目指してほしい。

▶︎ その他の記事

女子  新着一覧

女子

【女子Fリーグ開幕戦】優勝候補・福井丸岡RUCKが白星スタート。「ピヴォ当てを十二分に発揮できた」(田中監督)

2018.06.06 Wed

優勝候補の一角に数えられる福井丸岡RUCKは、昨季16-0で大勝したユニアオレディースと開幕戦を戦った。ユニアオの個人技に苦しめられたが、5-3で勝ち切った。田中悦弘監督は試合前に女子日本代表の木暮賢一郎監督から「日本代表を強くするためのリクエスト」があったことを明かした。(取材・文 舞野隼大)

女子

【女子Fリーグ開幕戦】0-16から3-5へ--。「手応えを感じた分、とても悔しい敗戦」(ユニアオ・齋藤監督)

2018.06.06 Wed

女子Fリーグ2018/19シーズンの開幕戦でユニアオレディースは丸岡RUCKに3-5で敗れ、黒星スタートとなった。ただ、昨季は0-16の大敗を喫した相手と接戦に持ち込んだことに、齋藤九監督と森本ゆうこキャプテンは口を揃えて「手応えを感じた」と語った。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ その他の記事

海外  新着一覧

海外

スペインの指導者資格を日本でとれる。10月7・8日に「スペインフットサル指導者資格取得プログラム」開催!

2018.08.17 Fri

 10月7日(土)・8日(日)にFC東京小平パークで「スペインフットサル指導者資格取得プログラム」が開催される。受講者にはスペインサッカー協会、スペイン文科省が認可しているAFEN(スポーツ指導者育成機関)のサッカー指導者資格『モニトール』が付与される。JFAコーチライセンス保持者、過去IFCO受講者、早期お申込みには割引特典も用意されている。

海外

5人制サッカーの世界大会予選「F5WC JAPAN 2018」を制したのは「KIGE GEAR FC」!

2018.08.02 Thu

7月15日に横浜FC東戸塚フットボールパークで開催されたF5WC JAPAN 2018の国内決勝大会。約200チームが参加した国内大会の頂点に立ったのは、昨年決勝まで勝ち進みながらあと一歩のところで優勝を逃した「KIGE GEAR FC」だった。世界大会は9月12日〜18日に中国・上海で行われる。(記事提供 F5WC JAPAN大会事務局)

▶︎ その他の記事

コラム  新着一覧

コラム

スペインの指導者資格を日本でとれる。10月7・8日に「スペインフットサル指導者資格取得プログラム」開催!

2018.08.17 Fri

 10月7日(土)・8日(日)にFC東京小平パークで「スペインフットサル指導者資格取得プログラム」が開催される。受講者にはスペインサッカー協会、スペイン文科省が認可しているAFEN(スポーツ指導者育成機関)のサッカー指導者資格『モニトール』が付与される。JFAコーチライセンス保持者、過去IFCO受講者、早期お申込みには割引特典も用意されている。

コラム

9月11日、23歳以下限定のフットサル大会が開催決定! 優秀選手は海外留学特待生に!

2018.08.01 Wed

9月11日、兵庫県のアスコフットサルパークMAYAにて、23歳以下限定のフットサル大会が開催される。最大の目的は未来のフットサル界を担う若い才能の育成と発掘。Fリーグでも23歳以下のFリーグ選抜が結成されるなど、2020年に開催予定のフットサル W杯に向けて、世代交代が重要な課題となっている。サッカー・フットサル留学を多数手がけるユーロプラスインターナショナルにより、優秀選手には海外留学に特待生としての参加できる特典も付与される。この大会をきっかけにして、フットサルの世界で上を目指してほしい。

▶︎ その他の記事

インタビュー  新着一覧

インタビュー

スペイン・ビッグ3へ挑戦する清水和也。「世界最高峰の選手たちと早く戦えるように」。

2018.07.23 Mon

フウガドールすみだ&日本代表の清水和也が、スペインリーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍することが発表された。エルポソはインテル・モビスター、FCバルセロナと並ぶ“スペイン・ビッグ3”の一つ。名門チームだけにBチームからのスタートとなるが、すみだでもサテライトからエースに駆け上がった清水は「世界最高峰の選手たちと戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と意気込む。(取材協力 ヒュンメル)

インタビュー

【女子Fリーグ開幕戦】優勝候補・福井丸岡RUCKが白星スタート。「ピヴォ当てを十二分に発揮できた」(田中監督)

2018.06.06 Wed

優勝候補の一角に数えられる福井丸岡RUCKは、昨季16-0で大勝したユニアオレディースと開幕戦を戦った。ユニアオの個人技に苦しめられたが、5-3で勝ち切った。田中悦弘監督は試合前に女子日本代表の木暮賢一郎監督から「日本代表を強くするためのリクエスト」があったことを明かした。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ その他の記事

編集部イチオシ

当該記事がありません