コラム

【選手名鑑】2020年W杯に向けた強化計画がスタート。フットサル日本代表の欧州遠征メンバーを徹底紹介!

2018.03.26 Mon

フットサル日本代表は3月25日から4月6日に渡って、ハンガリー、フランスで強化合宿を行う。今回の召集メンバーは、2月のAFCフットサル選手権を戦った8名を含む16名。ブルーノ・ガルシア監督が率いる代表チームは、ここから2020年のアジア選手権、W杯へと向かって強化を推し進めていく。では、今回の欧州遠征に参加するメンバーとは、どんな選手たちなのだろうか。(文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
コラム

欧州遠征を行う日本代表メンバー15名が発表。名古屋の“W守護神”が揃って選出!

2018.03.20 Tue

3月20日、日本サッカー協会は3月25日から4月6日の日程で実施されるフットサル日本代表ヨーロッパ遠征のメンバー15名を発表。今シーズンのリーグカップ、Fリーグ、全日本選手権の3冠を達成した名古屋オーシャンズから最多となる6名が召集された。日本代表はハンガリー、フランスで強化合宿を行い、4月3日、4日にはフランス代表との国際親善試合も予定されている。

▶︎ 続きを読む
コラム

なぜ星翔太はフットサル日本代表の“PR担当”を買って出たのか? 選手でありながら、選手だから、できること。

2018.02.11 Sun

星翔太は、1月22日の代表合宿のスタートから決勝までの20日間で、自身のブログを65回も更新した。内容は長いものばかりではないが、代表活動の様子や、チームメートのキャラクターが見えるものまで、あらゆる投稿を続けた。このブログは、2016年3月末以降は停止状態にあった。ではなぜ、星はこんなにもSNSを通した発信を繰り返すのか。そこには、一人の選手の、フットサルへの切なる、熱い想いが、あった──。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
コラム

【現地記者対談】アジア最強国・イランに勝てるのか? フットサル日本代表の戦術・采配を読み解く!

2018.02.11 Sun

AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018を戦う日本代表は、本日2月11日(日)、イラン代表との決勝戦に臨む。日本はグループステージからここまでの5試合で順調に勝利を重ね、2016年にベスト8で敗退してW杯の出場権も逃した前回大会の“雪辱の舞台”までたどり着いた。泣いても笑っても、あと1試合。日本は、圧倒的な強さで勝ち上がってきたイランに勝てるのか。試合の焦点はどこなのか。現地で取材中の北健一郎と本田好伸が、決勝直前の今、この最重要マッチを読み解く。決勝戦は日本時間20時キックオフ。日本でもNHK BS1での生中継があるので、この対談を読んで、日本を応援しよう!(構成・北健一郎&本田好伸)

▶︎ 続きを読む
コラム

AFCフットサル選手権2018の登録メンバー14名が発表。ブルーノ・ジャパンはアジアの頂点に立てるか?

2018.01.29 Mon

日本サッカー協会は29日、AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018に臨む日本代表14名のメンバーを発表。国内キャンプに臨んだ16名からGKの矢澤大夢、FPの加藤未渚実が外れた。代表チームは1月25日、28日にアルゼンチン代表と2試合の国際親善試合を戦い、それぞれ2-4、1-4で敗戦。前回のワールドカップ王者との対戦で得た課題と手応えを踏まえて最終調整を行い、2月1日に開幕する本大会で、2大会ぶり4度目のアジア頂点の座を狙う。

▶︎ 続きを読む
コラム

Fリーグ新人王・齋藤功一は“ブルーノ・ジャパンの申し子”になれるか? 求められる、左利きにしかできないプレー。

2018.01.28 Sun

世界王者・アルゼンチンとの第1戦、Fリーグでおなじみのビッグネームがいる中で、スタメン出場を勝ち取ったのが名古屋オーシャンズの23歳、齋藤功一だった。ブルーノ・ガルシア監督就任後、U-25代表からA代表へ上り詰めたレフティは、新生日本代表でどのような役割を担っていくのか。(取材・文 北健一郎、舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
コラム

なぜ清水和也は前後半で別人のように良くなったのか? 世界王者・アルゼンチン戦で見せた恐るべき環境適応力。 

2018.01.27 Sat

世界王者を相手に、日本代表はどこまでできるのか--。AFCフットサル選手権の強化試合として行われた1月25日のアルゼンチン戦で、ポジティブな驚きを与えたのがフウガドールすみだの清水和也だった。前半こそピヴォの位置でキープできずボールを失う場面が目立ったが、時間が経つごとにアジャスト。なぜ前後半で別人のように良くなったのか。日本の新エースがピッチでつかんだものとは。(取材・文 福田悠)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

【日本代表×アルゼンチン代表 第1戦】「2つ、ゲームを決める重要なポイントがあった」(ブルーノ・ガルシア監督)

2018.01.27 Sat

AFCフットサル選手権の開幕を控える日本代表は、1月25日(木)東京・大田区総合体育館でアルゼンチン代表との第1戦に臨んだが、終始リードを許す展開を逆転できないまま2-4で敗れた。日本は、16名のベンチメンバーから、大会に登録できる14名を均等に起用しながら勝利を目指したが、2016年のワールドカップ王者の実力を痛感。戦えない相手ではないことを示した一方で、勝敗を分ける決定力では大きな溝が見えた。それでもブルーノ・ガルシア監督は「アルゼンチンとの差はそう大きくはないと感じた」と手応えを口にした。(取材・文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

【日本代表×アルゼンチン代表 第1戦】「我々の方が決定機で多くのゴールをできた」(ジュストッシ監督)

2018.01.27 Sat

2016年のFIFAフットサルワールドカップで初優勝を遂げたアルゼンチン代表は、1月25日(木)に行われた日本代表との国際親善試合第1戦で4-2で勝利。時差が8時間もある地球の裏側から来日した彼らは、20時間のフライトを経て、わずか1回のトレーニングで試合に臨んだが、統率の取れた守備と個人の能力を生かした攻撃を見せ、決定機を確実にものにしながら常に試合を優位に進めた。ディエゴ・ジュストッシ監督は、「日本もアルゼンチンも、スペクタクルなフットサルを皆さんに届けられた」とした上で、「我々の方が決定機で多くのゴールをできた」と試合結果に満足な様子を見せた。(取材・文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
コラム

【日本代表×アルゼンチン代表 第1戦】ブルーノ・ジャパンの出来はどうだった? フットサル専門記者が寸評&採点!

2018.01.27 Sat

1月25日(木)、前回のワールドカップ優勝国・アルゼンチン代表との国際親善試合第1戦に臨んだ日本代表は、終始相手にリードを奪われる形で2-4で完敗。試合のペースを握る時間帯も多かった一方で、重要な局面で「ゴールを決める」、「ゴールを守る」ことで相手が何枚も上手だった。そんな試合を取材したfutsalEDGE編集部が独自の視点で選手を採点。AFCフットサル選手権の本番を見据える代表チームでもっとも際立つプレーを示したのは、10点満点中7.5点の吉川智貴だった。なお、日本代表は28日(日)、富山市総合体育館でアルゼンチン代表との第2戦に臨む。(寸評・採点 北健一郎、本田好伸、福田悠/futsalEDGE編集部)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49