Fリーグ

【女子Fリーグ】女王アルコはエース・江口の5ゴールで流経大に貫禄勝ち。「勝てたことが一番大きい」(神戸監督)

2018.06.06 Wed

チャンピオンチーム、アルコイリス神戸は開幕戦は今季から女子Fリーグに参入した流経大メニーナ竜ケ崎と開幕戦を戦った。前半は1点差ながらも、日本代表でもあるエース・江口未珂の5ゴールの大活躍もあって7-1と大勝。神戸洋平監督は「開幕戦なので、勝てたことが一番大きい」と安堵の表情を浮かべた。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】初のフットサル公式戦は1-7の大敗も……。「選手たちの可能性を感じた」(流経大・奈須監督)

2018.06.06 Wed

今年から女子Fリーグに参入が決まった流経大メニーナ竜ケ崎の初の公式戦。その相手は前年度女王のアルコイリス神戸だった。開幕戦は前半は1-2で折り返しながらも、後半に失点を重ねて1-7の大敗。だが、奈須隆康監督は「選手たちの可能性を感じたゲーム」と前向きにとらえた。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】開幕戦で5ゴールのさいたまサイコロ。「どんな試合でもサイコロらしい攻撃をしようと」(小野監督)

2018.06.06 Wed

エスポラーダ北海道イルネーヴェとの開幕戦を5-1で勝利したさいたまサイコロ。新戦力も増え、チーム内での競争が激しく良い準備ができた。(堀田えり子)それでも試合ではまだまだ決めるべきところで決め切れなかったとしっかりと自分たちの課題を見据え、試合を振り返った。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】北海道は開幕戦でサイコロに1-5の完敗。「ここから這い上がっていきたい」(菅野監督)

2018.06.06 Wed

立川立飛アリーナで行われた女子Fリーグの開幕戦で、エスポラーダ北海道イルネーヴェはさいたまサイコロに1‐5で敗戦。昨シーズン最下位に終わった北海道を率いる菅野大祐監督は「僕たちが頑張らないと日本のフットサルはレベルアップしない」と巻き返しを誓った。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

選手の技術向上だけじゃない。女子Fリーグに参入した流経大が考える「サッカーとフットサルの融合」の真の意味とは。

2018.06.06 Wed

今シーズンから「GAViC Presents 日本女子フットサルリーグ2018」(女子Fリーグ)に参入した流経大メニーナ龍ヶ崎は、関東女子サッカーリーグ2部を戦うサッカー部の選手がメインで構成されている。サッカーチームが、フットサルのトップリーグに参戦。これは何を意味するのか。Fリーグディビジョン2に参入したトルエーラ柏の代表・奈須隆康氏が新たに監督に就任したことも、意味がありそうだ。奈須監督に話を聞くと「サッカーとフットサルの融合」を“真の意味で”実現しようとする、流経大のプロジェクトが見えた。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

オーシャンカップMVP星龍太「チームの連携を強め、Fリーグ開幕、アジア選手権へ」

2018.06.05 Tue

sfida Fリーグオーシャンカップ2018で、名古屋オーシャンズが、2大会連続7度目のFリーグカップ戦王者に輝いた。MVPは、今年3月に行われた第23回全日本フットサル選手権大会同様、キャプテンの星龍太となった。(記事提供 ヒュンメル)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

「今まで味わえなかった幸福感がある」。“名古屋の星翔太”が初タイトルで遭遇した感情。

2018.06.04 Mon

名古屋オーシャンズに新加入した星翔太にとって、オーシャンカップ制覇は初めてのこと。クラブで獲得したタイトルでは、FUGA MEGURO時代に日本一となった2009年の全日本選手権以来となる。つまり、Fリーグ加入から初めてのタイトルだった。もはや日本を代表する選手の一人といって過言ではないが、決して“タイトル慣れ”しているわけではない。星翔太は、新天地でたどり着いた頂点に、どんな感情を抱いたのか。(取材・文 川嶋正隆)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【オーシャンカップ最終結果】名古屋が2大会連続7度目のFリーグカップ王者に!MVPは星龍太、得点王は森岡薫。

2018.06.04 Mon

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の3位決定戦と決勝戦が6月3日、アリーナ立川立飛で行われた。3位決定戦ではペスカドーラ町田がフウガドールすみだに4-1、決勝では名古屋オーシャンズがシュライカー大阪に3-0で勝利している。名古屋のオーシャンカップ優勝は2大会連続7度目。

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【オーシャンカップ】全日本のリベンジは果たせず。「決勝に向かう集中力が足りていなかった」(大阪・比嘉監督)

2018.06.03 Sun

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の決勝戦でシュライカー大阪は名古屋オーシャンズに0-3で敗れて、大会を準優勝で終えた。試合終盤まで1-0と拮抗した試合に持ち込んだものの、パワープレーでゴールを狙ったところで2失点。比嘉リカルド監督は勝敗の分かれ目について「前半の入りが悪かったこと」と振り返った。(取材・文 川嶋正隆)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【オーシャンカップ】2年連続7度目の優勝を果たした名古屋。「勝つことは簡単ではない」(ペドロ・コスタ監督)

2018.06.03 Sun

「Sfida Fリーグオーシャンカップ2018」の決勝戦は、名古屋オーシャンズがシュライカー大阪に3-0で勝利し、通算7度目の優勝を飾った。今シーズン1冠目を獲得したペドロコスタ監督は前半にチャンスがありながらも追加点を奪えなかった点を反省しながらも「就任以来、理想に近いフットサルができた」と結果に満足感を示した。(取材・文 川嶋正隆)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49