2016.06.21 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

浜松は2年連続の開幕大敗スタート。それでも「今年は昨年とは違う」(保田健二朗監督)

気持ちがはやってしまった

須藤慎一(アグレミーナ浜松)

——今日の試合を振り返って。

正直、やれる部分とやれない部分がすごくハッキリ出ました。決定的な場面で相手は決めて、こちらは決められませんでした。若手も何人かいますが、開幕での緊張もありましたし、その意味では良い経験ができたのかなと。1年間あるので、これをつなげていき、次にフウガとやるときには、お返ししたいと思います。

——フィジカルで差が出ていたと感じたが、そこに対しての準備は万全だったのでしょうか?

練習試合では結構走れていると思っていました。ただ今日は早い段階で息が上がっているなかでも、最後までプレッシャーを掛けることはできていたので、これから上げていけると思います。集中力の部分であったり、やろうやろうと気持ちがはやったことで、早く息切れしてしまった部分はあると思います。

——次の試合に向けた修正点はどこでしょうか?

次の大阪は、球回しが上手いチームなので、球際をもう少し強くいければ、自ずと戦えると思っています。みんなが今日の試合で感じたことをすり合わせて、今年掲げているテーマでもある「ハードワーク」という言葉通りの試合をしたいと思います。

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事