2016.06.21 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

浜松は2年連続の開幕大敗スタート。それでも「今年は昨年とは違う」(保田健二朗監督)

写真:本田好伸

前半0−2、後半0–7という点差に如実に現れていたのは、すべてにおいて、すみだを下回っていたということだった。「昨年の大敗とは違う」、「開幕までにやってきたことがところどころに出たので、あまり悲観的にはなっていない」、「現段階で準備期間に対して不足は感じていない」と語る保田健二朗監督の言葉がむなしく響くほど、浜松の現在地を痛烈に示す結果となった。
(文・本田好伸)

現段階で準備期間に対して不足は感じていない

保田健二朗監督(アグレミーナ浜松)

——今日の試合を振り返って。

開幕戦は0−9で大敗。一つは前半の早い時間、こちらがキープする前の失点が大きかったです。そして後半も同じく、早い段階で失点しました。前半の0−2のスコアは、うちとしては慌てる状況ではなかったのですが、後半の3点目、そして4点目の取られ方で、その後の選手の質が落ち、ミスが多くなり難しいゲームになりました。昨年も開幕戦は、府中を相手にこのような試合でしたし、また同じかと思われるかもしれないですが、今年は、開幕までにやってきたことがところどころに出たので、あまり悲観的にはならずにやっていきたいと思います。

——フィジカルで差が出ていたと感じたが、そこに対しての準備は万全だったのでしょうか?

今年から新たに採り入れたトレーニングもありますし、現段階で準備期間に対して不足は感じていません。フィジカルの差は、すみだはリーグのなかでもフィジカルが強いほうのチームなので、そこの差を簡単に埋めるのが難しいことです。それと若い選手も起用していましたし、そういう部分でもフィジカルであったり、ゲームのなかで修正して、自分のプレーを変えていくことができず、そこはこれから勉強していくところかなと。

——試合の入り方が良くなかったようですが、1失点目の原因は何でしょうか?

今シーズン、チームに浸透させていくのが、立ち上がりから強いプレッシャーを掛けていくことです。去年の開幕も同じような大敗でしたが、その質が違うのは、今年はプレスを掛け続けたがゆえにこういう結果になったということであり、それができなくて似たような結果になったのが昨年でした。1失点目はCKからでしたが、想定していたよりも、さらに2人が後ろから入ってくる形でした。それに対して、想定では、ディフェンスラインを前に構えることで裏を取らせないことでしたが、あの一発目の場面で、ディフェンスがペナルティーエリアに入ってしまい、実戦で修正するところができていませんでした。ラインを後ろに構えてしまったがゆえに、走り込まれてマークの受け渡しがルーズになりました。そこについては後半、ディフェンスラインを上げて修正できていました。

<次ページ>
須藤慎一コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事