2016.06.21 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

初戦でつまづいた“優勝候補”町田。いきなりの試練にも、「ネガティブには考えていない」(岡山孝介監督)

写真:本田好伸

森岡薫、室田祐希の獲得という大型補強を完遂し、かつフットサル界を代表する“カリスマ”甲斐修侍が直前に今シーズン限りでの引退を表明するなど、チームが結束し、優勝へとまい進する道筋は描かれていた。ただ蓋を開ければ、森岡は3月に負ったケガが癒えず、守護神、ピレス・イゴールもケガで不在というスタート。その戦いぶりは、戦前の期待を上回ることはなく、神戸の攻撃力の前に、前半でいきなり3失点。最後は食らい付いてみせたものの、3ー4と、まさかの敗戦スタートとなった。
(文・本田好伸)

いない人のことは全く考えていない

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

——今日の試合を振り返って。

開幕戦ということでなかなかペースもつかめないなか、前半の終わりくらいから少しずつペースをつかみ、シュートにも持ち込めるようになったのですが、その時間帯まではパス回しも仕掛けも物足りないものでした。後半はかなり町田のペースで試合を進められましたが、(1−3から2–3として)流れが良いところで4点目を取られ、これが厳しい失点だったかなと思います。ただ、どう(リーグが)始まるかというよりかは、どう終わるかが大事だと思うので、これで気落ちすることなく、次はしっかりと勝ちたいと思います。

——4失点という試合はあまりなかったですし、「イゴールがいないと負ける」と言われてしまっても仕方がない結果だと思うのですがかがですか?

そうですね。言うのは自由なのでお任せします。

——4失点という結果自体はいかがでしょうか?

神戸のカウンターの精度も高かったですし、スーパーゴールもありました。引いてカウンターというのは狙っていた形だと思うので、そこは神戸を褒めないといけない部分があります。ただ練習でもそのカウンターをいかに防ぐかということをやっていたので、その部分に関しては多少、足りなかったのかなと。来週の練習で修正したいと思います。それと、相手のピヴォに対しては、組織的な守備ができましたし、カウンター以外の守備はそれほど悪くはありませんでした。崩されて、そこまでピンチになったシーンはないので、ネガティブには考えていません。

—イゴール、森岡のケガの状態を教えてください。それと、新加入の室田のフィット具合などはどんな状態にあるのでしょうか?

室田は今シーズンからということもあり、少しチームのやり方を覚えるという部分で、そっちのほうに気を取られると自分のプレーができないということがまだあります。その波が現れていました。良かったり悪かったりという状態です。2回前の練習試合では良さを生かして2点決めましたが、その前の練習試合では失点に絡んだり、好不調の波はあります。でも積極的に(チームの約束事などを)覚えようとしていますし、真面目に取り組んでいるので、もっと良くなると思います。また、イゴールと森岡は、2人ともそんなに悪い状態ではないと思いますし、誰が出てもいいというメンバーがそろっています。それが敗因だったとも思わないので、いない人のことは全く考えていないです。

——イゴールはケガですか?

そうです。ちょっと詳しくは分からないです。長引かないと思います。

——町田のクワトロの鮮やかなパス回しに対して、相手の3−1のゴリゴリのフットサルにやられてしまった印象ですがいかがですか?

そんなことはありません。うちのペースになってからはクワトロもできていましたし、相手が3−1のときはこっちがディフェンスなので。でもキープ力がある良いピヴォが多いので、そこはちょっと手こずった部分もあります。

——2−3と追い上げる横江怜の鮮やかなゴールがありましたが、結局はそれまでの3失点、ゴリゴリな戦いに負けてしまったのかなと。

それは関係ないですね。相手がどうこうというよりかは、うちのやり方を出せませんでした。相手の3−1の形でピヴォに当てられましたが、そこからのチャンスはそこまで多くはなかったので、最低限やるべきことはできていました。こちらが守備でペースをつかむことはできませんでしたが、相手の3−1があったから、うちがクワトロができなかったということではありません。

——GK小野寺優介の動きはいかがでしたか?

良かったです。相手の1点目、2点目、4点目などは、イゴールでも取れないと思います。あれは難しいと思います。

——甲斐修侍選手が今シーズン限りでの引退を表明しましたが、それがチームに与える影響はどのようなものがあるのでしょうか?

やはり、町田のみならず、フットサル界の功労者なので、みんな「甲斐さんのためにも勝たなければいけない」という気持ちも強いと思います。それが強く出すぎてから回った面もあるかもしれません。そういう意味では、チームは団結していると思います。

<次ページ>
金山友紀コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事