2016.06.10 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

会場に漏れた失笑。「浦安が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」に込められた決意。

過去最低から這い上がるシーズン

 布石は2シーズン前にある。「攻守にアグレッシブなフットサル」を信条に、育成組織のセグンドの監督から昇格する形で指揮を執った米川監督は、Fリーグ監督1年目に、理想を追求していく構想を示した。勝敗だけではなく、「見ている人が面白いかどうか」を最も重要なものとして、各試合でそれをクリアできていたかどうかを大切にしていた。

 ダイナミックな戦いで勝利をつかんだ試合もあれば、やや勢いに欠き、米川監督が試合後の会見でいら立ちを見せることもあった。そして1年目は、リーグ3位でプレーオフに進出と悪くはない結果を手にした。そんなシーズンを終え、米川監督は昨シーズン、理想と現実の狭間に揺れる。開幕からほどなくして、「自分の考えがどれだけ合っているのかを知りたい」と話し、「自分の価値観を出しながら、それで勝ち点が増えれば競技面としては正しいし、結果が出なければ違ったということ」と続けた。自らの監督としての資質を問うシーズンに臨んでいた。

 そして結果は、過去最低の8位。最も信頼を置く選手の一人、星翔太の負傷離脱でプランが大きく崩れたことは否めないが、そこから立て直し切ることができなかった。そういう意味では、米川監督にとっては、頭打ちとなったシーズンだったと言える。

 それでも今シーズン、もう一度、米川監督は“自分自身に”挑むことになる。米川監督が語る「強い浦安」のフットサルとは、「すべての戦術を操る本当にパーフェクトなチーム」のことだろう。浦安こそがそこを目指すべきチームだと信じて、究極の理想を追求していく。昨シーズンから話していたのは、「理想を追求しつつ結果を出して、お客さんを楽しませるようなことをして、フットサル以外での話題を作れるような、本当にリーグを引っ張っていくチームにしていく。そこでは頭一つ抜けるくらいの気持ちでやっている」ということだった。

<次ページ>
日本のフットサルを浦安が強くする?

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事