2016.06.10 Fri

Written by EDGE編集部

Fリーグ

会場に漏れた失笑。「浦安が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」に込められた決意。

写真:本田好伸

「浦安が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」。キックオフカンファレンスでバルドラール浦安・米川正夫監督がクラブのスローガンを読み上げた瞬間、会場には失笑が漏れた。昨シーズン、浦安はFリーグ始まって以来過去最低となる8位に沈んだ。米川正夫監督にとっては、就任1年目の3位からの飛躍を期したシーズンでの失墜だった。この長文スローガンには、クラブの、そして米川監督のなみなみならぬ決意が込められていた。
(文・本田好伸)

会場の失笑を誘う史上最長のスローガン

「浦安が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」

 Fリーグでは毎年、新シーズンに向けて各クラブがスローガンをキックオフカンファレンスで発表する。浦安のそれは、史上最も長いスローガンに違いないだろう。司会を務めたFリーグ報道官の加藤未央が、「浦安らしいスローガンですね」というと、会場には失笑にも似たざわつきが起きた。

 スローガンを発表した米川監督が、「浦安『のフットサル』が強いと言うことは日本のフットサルが強くなると言うことだ」と、実はさらに長いスローガンとして口にしていたのだが、なぜ浦安は、容易に言い間違えてしまいそうなこのスローガンを掲げたのか。米川監督は、「浦安がやろうとしているフットサルが日本のフットサルが目指すべきところだと信じて練習に取り組んでいる」と話している。つまり、「日本のフットサルは『浦安が変えていく』」という強いメッセージに他ならない。ではその中身をもう少し、紐解いてみよう。

<次ページ>
過去最低から這い上がるシーズン

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事