2016.04.18 Mon

Written by ROOTS

インタビュー

JOYが語る、自身のフットボール愛のルーツ。「意思を持ち始めた頃、最初にハマれたもの」

サッカー番組を担当することが一番の目標

──JOYさんはフットボール全般に関してプレーも観戦も熱心ですが、なぜそんなに好きなんでしょうか?

JOY 3歳でサッカーを始めたんですが、まだ何も考えていないようなときに最初に出会ったものであり、徐々に自分の意思を持ち始めた頃の、初めてのハマれるものだったということで、ボールへの興味を今でもずっと持ち続けているのかなと思います。

──飽きることがないんですね。

JOY ないですね。高校の途中で一度サッカーを辞めたときには離れてしまった時期もありましたが、「やっぱり好きだな」って意識に戻りました。見るのもやるのも同じくらい好きで、いつもサッカーのことばかり考えています。

──仕事との関係性という意味ではどうでしょうか。

JOY もちろん日頃のプレーなどの感覚を仕事にも生かしていますが、でもそもそも、サッカーについて考えたり、情報を見ることなども含めて、もはや日課なんですよね。

──あまり深く考えてフットボールと関わっているわけではなく、当たり前のようにあるもの、ということですね。

JOY そうです。とにかくそこへの興味しかなくて、フットボールについては何でも知りたくなっちゃうんです。そういう意味では今後、サッカー番組なんかを担当できるようになることが一番の目標です。どんな形でも良いからやりたいんですよね。

──それだけの思いがあるJOYさんであれば、近い将来に実現しそうですね。

JOY それはどうでしょうね。すでに素晴らしいMCの方々がいろんな番組を担当しているので、そこに割って入れるかは分かりません。でもこれだけ好きだということを発信し続けていれば、いつかチャンスが来るかなと思っています。

──例えば、ペスカドーラ町田のゲストMCのような形で試合を盛り上げるなんていうこともありでしょうか?

JOY できるかな(笑)。フットサルの知識は深くはないですし、たぶん、選手を茶化しちゃいそうで、ファンやサポーターの人に怒られてしまいそう……(笑)。前座試合とかはぜひやりたいですけどね。

滝田 それはぜひ、FCゴーストで来てください!

──良いですね、ではぜひFリーグのピッチに立ってください。

JOY それはもう、ぜひ。フットサルをもっとちゃんと見て勉強して行きます。

記事提供元
ROOTS
「フットボールをより多角的な視点から伝え、フットボール文化を根付かせる」をコンセプトに運営しているフリーマガジン&WEB。

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事