2016.04.18 Mon

Written by ROOTS

インタビュー

JOYが語る、自身のフットボール愛のルーツ。「意思を持ち始めた頃、最初にハマれたもの」

「肩を揉む人」でもいいからFリーグでベンチ入りしたい

──ビリッカーに限らず、例えばJOYさんが日頃からプレーしているフットサルなどに関しても、JOYさんを通して競技を知ってもらうというような流れが定着すると良いですよね。

JOY まさに自分をきっかけにして興味を持ったり、試合会場に来てくれるようになったら一番嬉しいですね。自分にどれだけの影響力があるかは分からないですが、そういう存在になれたら良いなと思います。もしかしたら次のビリッカーのイベントがあるときには僕ではないゲストが呼ばれるかもしれないですし、そこは友人の滝田を信じていますけど……(笑)。

滝田 そこはしっかりと査定させていただき……というのは冗談で、本当にご協力いただいてありがたかったです。実際、このイベントにビリヤードの方を呼んでも僕自身が楽しめないんじゃないかなという懸念もあったので、サッカー通の人だと思った際にJOYさんしか思い浮かばなかったです。「FTW」という団体もまだ駆け出しなので、迷惑を掛けてしまうのではないかと思いましたが、JOYさんのおかげで盛り上がりを生むことができたのかなと思います。

──滝田さんは、リサメロディーさんの語尾に付ける口癖の「メロ」を使って、「ヒゲメロさん」といじられるなど、和気あいあいとした雰囲気でしたね。

JOY 「メロ」ってすごいですよね。それを付けると何でもかわいくなるんですよ。だからユニフォームも「HIGE MERO」とかにしたら良いんじゃないですかね。そのほうが盛り上がると思うんですよ。それを見た人が気になって調べたら、FTWやビリッカー、それにFリーグへとつながっていく相乗効果が期待できるという感じです。

──なるほど。ちなみに、JOYさんもFリーグとのコラボはいかがでしょうか?

JOY 滝田には以前から「ベンチ入りさせてほしい」と伝えているんです。なかなか首を縦には振ってくれませんが、最悪、メディカルチームというか、「マッサージをする人」とかでもいいですから、何かしらの役職をもらって、ベンチで肩を揉んでいたりしたいですよ(笑)。あとは、トークでチームを鼓舞したり。やっぱり、(新戦力の)森岡薫だけじゃ足りないと思うんですよ。そこにJOYという二本柱が必要なのかなと(笑)。それに競争でちゃんと勝って、森岡選手が出られなくなって、前線で僕がターゲットになるかもしれないですから。僕のプレーについては(ズラタン)イブラヒモビッチを想像してもらえると分かりやすいと思いますが、キック力という部分でも若干、僕のほうが優っているという感じがありますから(笑)。

──それは相当期待できますね(笑)。JOYさんはフットサル日本代表戦なども会場でご覧になっているようですが、フットサル自体の印象はどうですか?

JOY 近くで見ると、やっぱり簡単じゃないなと思います。自分がやっていても感じることですが、チーム内の約束事がないとすぐに崩されてしまいますから、その辺の難しさを感じますね。見ていると一見、簡単に見えるようですけど、見るのとやるのでは違います。自分のプレーにどうやって生かすのかといったことも意識しますが、でもそれを簡単に実践できないからこそ、プロと一般人の差があるんだと痛感しています。

<次ページ>
サッカー番組を担当することが一番の目標

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事