2015.12.01 Tue

Written by EDGE編集部

日本代表

【独占手記】世界を驚かせた「前プレ」。ブラジルに3−0完封勝利したデフ男子日本代表

12294660_1059306140760438_8552205223542856931_n

グループリーグ第4戦 スイス戦

熱戦を終えた女子日本代表も見守る中、試合開始。しばらくこう着状態だったが、キャプテン船越投入をきっかけにボールが回り始める。川元監督からは「しっかり周りを見ろ!」の指示。

流れの中での危ないシーンはあまりなかったが、コーナーキックを決められ先制される展開。そしてフリーキックを風間の強烈なシュートで振出しに戻す。前半は日本優勢で1-1で折り返す。

後半スタート直後早いパス回しから吉岡が決めて日本リード。しかし2点を取り返され逆転される。残り時間も少なくなってきたところで風間のミドルシュートが入り再び同点に。

残り5分で激しい攻防が繰り広げられたがそのまま試合終了。3-3の引き分けとなり、日本の予選突破は残り1試合を残し叶わないものとなった。

11148708_1059720840718968_4308726959396389346_n

グループリーグ第5戦 ノルウェー戦

エース東海林が怪我でベンチスタート。立ち上がりこれまで勝ちのないノルウェーを相手に日本のパス回しで相手を翻弄する。そして風間が先制ゴール。

しかし直後に2点を入れられ逆転されてしまう。川元監督がタイムアウトを取り、落ち着かせる。そして戦え!の指示。ここから流れが日本に傾く、立て続けにゴールを決め、前半を5-2で折り返す。

しかし後半に入りペースはノルウェー2点を入れられ5-4に。終盤は荒れる試合展開だったが最後に風間が第2PKをしっかりと決め、6-4で日本勝利。予選を2勝2敗1分けで終え、リーグ4位(6チーム中)になり、最終戦は7、8位決定戦に。

12278978_1060534840637568_1230398038275116492_n

 7、8位決定戦 ブラジル戦

予選リーグを4位で終えた日本は、7、8位決定戦にまわった。

迎える相手は個人技、スピードもあるブラジル。

日本は立ち上がりから前プレを仕掛ける、今大会はじめから最後まで前プレを仕掛けるチームはいないように思う。ここに川元監督が考える日本の戦い方が見えた。

そしてこの戦術はブラジルを相手に見事功を奏す。結果から言うと3-0で完封勝利。危ない場面はほとんどなかった。

これはブラジルが弱かったのではなく、日本のスタイルがはまった結果なのだと思う。この結果をもって日本は7位となった。

試合中の川元監督の指示に「戦え!」というフレーズが良く出てきた。選手達もこの日は戦う姿勢が前面に出ていたと思う。4年後もこの前プレを日本のスタイルとするのか、注目したい。

<関連記事>
【独占手記】世界4位のスペインに歴史的勝利。ミラクルを起こしたデフ女子日本代表

<関連リンク>
一般社団法人日本ろう者サッカー協会
日本ろう者サッカー協会公式Twitter
大会公式YouTubeチャンネル
(全試合ライブ放送)

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事