2015.12.01 Tue

Written by EDGE編集部

日本代表

【独占手記】世界4位のスペインに歴史的勝利。ミラクルを起こしたデフ女子日本代表

写真:日本ろう者サッカー協会

タイ・バンコクで開催された「2015デフフットサル・ワールドカップ」。世界ランク1位のロシア、同4位のスペインという「死のグループ」に入った日本だったが、第2戦でスペイン相手に歴史的勝利を挙げて、見事に予選突破を果たした。準々決勝でイタリアに敗れてベスト4進出はならなかったが、13チーム中6位と大健闘を見せた。
(取材協力/デフフットサル日本代表、日本ろう者サッカー協会)

12246679_1058363564188029_887651957603303795_n

グループリーグ第1戦 ロシア戦

試合会場はバンコクユースセンターで行われた。ピッチはプラスチックのタイルで滑りやすかった。相手は世界王者ロシア。

スタメンは、芹澤、井部、折橋、岩渕、阿部。

立ち上がりからロシアに押される場面が多かったが、集中した守備で数少ないチャンスも見られた。特に阿部、岩渕のスピードのあるドリブルはロシアにも脅威を与えていた。

守備では井部が大きくて上手い相手4番を抑え込みチャンスをあたえなかった。折橋、野崎も上手くゲームをコントロールしていた。芹澤(ゴレイロ)も要所要所のチャンスをことごとくセービングする活躍を見せていた。

ゲームは前半18分まで0-0。日本の集中した守備で決定機を与えなかった。逆に言うとこの間に先制点を取っていれば、その後の展開は分からなかった。前半18分に先制を許し、前半0-1で折り返す。

後半に入ってもロシアの守備は堅く、なかなかチャンスを与えてもらえない。後半早々に失点しまう。守備の時間が多い中、少ないチャンスでロシアゴールに襲い掛かるもゴールは奪えず。終了間際にも失点を許し結果、0-3で敗戦。

前半のうちに先制点が取れていたらと思わせられる試合展開ではあったが、ここが今のロシアと日本の差だと思う。次戦のスペイン戦では今回の反省を踏まえ勝利してほしい。

12250152_1058363670854685_3375822791558374285_n

グループリーグ第2戦 スペイン戦

王者ロシアと世界ランク4位スペインの一戦は5-2でロシアが勝利。それを受けて日本が予選突破するにはスペインに勝つことが絶対条件になった。

立ち上がりのスペインは様子見てボールを回す。前半はこう着状態も一瞬の隙をつかれ2点を奪われる苦しい展開。前半終了間際に1点を返し前半は1-2で折り返す。

後半に向けての流れを作れたことが大きかった。

後半に入り徐々に日本のペースにそして残り13分のところで岩渕が2人を抜き去りゴール!2-2の振り出しに戻した。そしてお互いカウンターの応酬からスペインが底力を見せ、再びリード。

残り時間わずかになったところで、監督から前プレの指示。直後折橋パスカットからファーの野崎に合わせ再び同点に。残り1分、ペナルティーエリアギリギリでファールをとられる、このピンチを体をはったブロックで逃れ残り約30秒。誰もがいつもの展開(善戦するも敗戦、引き分け)が頭をよぎる。

しかしここで一矢報いたのが若手の阿部、早いドリブルから見事ゴール!そしてそのまま試合終了。歴史的予選初勝利と初の予選突破を決める。

大会前から死のリーグに入ったことで周囲は諦めの声もあったが、そんな下馬評を覆す劇的な勝利で予選通過を決めた。

<次ページ>
イタリアに敗れてベスト4はならず

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事