2015.11.21 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【小田原セントラル】大分は6位に後退。「本当に勝たないといけないゲームだったが……」(吉武監督)

写真:本田好伸

小田原セントラルの1試合目はプレーオフ争いの当落線上にいるチーム同士の対戦となった。「本当に勝たないといけないゲーム」(吉武監督)。しかし、バサジィ大分はエスポラーダ北海道に前半だけで3失点を喫し、3−8で大敗。プレーオフ圏外の6位に順位を下げた。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

前半の3失点が響いた

吉武茂郎監督(バサジィ大分)

——今日の試合を振り返って。

「やっちゃったな」って感じです。本当に勝たないといけないゲームで、前半の3失点は大きく響いた。パワープレーで追いつけるかなと思ったけど、得点した後に急に動きが悪くなってしまって、何でだろうと。どうしても勝たなくちゃいけなかったので、後半はパワープレー1本でやりました。どうして得点した後に悪くなるのかなという疑問が残ったゲームでした。

<次ページ>
仁部屋和弘コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事