2015.09.22 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第20節】谷本俊介監督「最後の1試合まで分からない状態が続くと思う」

写真:本田好伸

勝ち点で並んでいた府中アスレティックFCとシュライカー大阪の一戦。プレーオフ争いのライバルを相手に勝ち点3をつかむことができれば、大きくリードすることができる。しかし、大阪の府中対策にハマり、ホームで3−5の痛恨の敗戦。「一言、悔しい」と率直な印象を語った谷本俊介監督だったが「ただこれで大きく勝ち点を離されたわけではない」と前を向いた。
(文・本田好伸)

一言、悔しいなと

谷本俊介監督(府中アスレティックFC)

――今日の試合を振り返って。

大阪との勝ち点がこの試合の前までは一緒だったので、勝ったほうが大きくリードできるという大事な試合でしたが勝てなかったので、一言、悔しいなと。最悪でも引き分けで、相手にプラス2を与えないようにしたかったですが、それもかないませんでした。ただゲーム全体としては、多くのビハインドを背負っても、その前の時点でも自分たちに多くのチャンスがありましたし、それを決めるか決めないかの差だったのかなと。

細かい部分では相手には、主力で出ていたヴィニシウスや永井がいない中で、勝てる戦略を練って、そこに対するいい準備をしてきたと思っていますが、細かなツメが甘かったのかなと。ただこれで大きく勝ち点を離されたわけではないですし、昨日と今日の結果でリーグも団子状態になっているので、最後の1試合まで分からない状態が続くと思うので、また連敗だけはしないようにしていくことが大事だと思うので、また来週勝って、連勝していけるように頑張りたいと思います。

――敗因はどこにあると思いますか?

自分たちの力で押し切れなかったし、その押し切ろうとした隙を逆にうまく突かれたところかなと。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事