2015.09.10 Thu

Written by EDGE編集部

日本代表

【日本代表】初ゴールを決めた清水和也「自己採点は70点」

写真:河合拓

マレーシア代表に前半で4点を奪われた第1戦と打って変わり、第2戦の日本代表は前半4−0、後半3−1、合計7−1で勝利してアジア王者らしさを示した。渡邉知晃が先制点を挙げると、その後もマレーシアに反撃の機会を与えなかった。
(文・河合拓)

――代表初ゴールについて?

「来ましたね。やっとです」

――今日の試合、もっとも心掛けていたことは?

「シュートを打つことです。昨日もチャンスを生かせていなかったので。シュートを打てば、相手もいろいろな形になってくると思うので。そこを心掛けて、ここしかないというところで打ったらああいう結果につながったので良かったです」

――あの場面、シュートを打てる時間と空間があったが?

「相手のプレスがこう来ているとミゲルに教えてもらっていましたし、うまく相手がいないところにボールがこぼれて、その後で僕にフリーで渡ってきたので。そういう面では、みんなでつくり上げた場面だったと思います」

――この2日間をどう生かしていく?

「チームでもっともっと結果を残さないといけません。今日、学んだこともチームに帰っていろんな人と話し合って、より良い形にして、同時に自分の形もつくっていければなと思います」

――Fリーグの得点ランクに名を連ねる選手たちと競い合うが?

「僕は昨シーズンが9得点で、今年はまだ7点しか取れていないので。もちろん昨年の数字は上回りたいです。自分の中でも2桁ゴールは目標にしていたので、まずはそれを達成して、そこからどんどん積み上げられたらと思います」

――初の代表で何を一番感じた?

「プレス回避はフウガでもやっていたのですが、代表ではレベルが違ったり、もっともっと上のクオリティが求められているので、そういうクオリティに柔軟に対応していかなければいけないというのが、この代表で学べたところだと思います」

――最後に今日の自己採点は?

「今日は……70点にしておきます!」

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事