2015.09.02 Wed

Written by EDGE編集部

コラム

関東フットサル三国志/第5章「その1:1600人を魅了したカスカベウとファイルフォックスの“夢の対決”」

Fリーグができるまで、日本フットサルの頂点は間違いなく「関東」だった。その関東を軸に競技フットサルの歴史を振り返っていく当連載。昔からのファンはもちろん、フットサル観戦ビギナーや、Fリーグ以降にファンになった人には「最高の教科書」になるはずだ。
(文・木暮知彦/関東フットサルリーグ広報委員)

カスカベウも参入する第4回関東リーグに先立って、2002年4月6日、駒沢屋内球技場で記念すべきエキジビジョンマッチが開催された。それは、ファイルフォックスとカスカベウのマッチである。ファイルフォックスは関東リーグ、カスカベウはスーパーリーグの象徴であり、対決すら難しかったものを関係者の努力が実を結び、スーパーリーグのファン感謝イベントとして開催されたものである。

 両チームのメンバーは、それは豪華なもので、のちの日本代表経験者まで数えると代表経験者が12名もいたから、いかに両チームが日本のフットサルを牽引してきたチームかがわかる。結果は、5-5の引き分けだったが、追いつ追われる展開は、1600人を数える観客を魅了したものであった。

 そして、2002年5月18日、神奈川県茅ヶ崎総合体育館で第4回関東リーグが開幕した。なんと1ヶ月くらい前にエキジビジョンマッチで対決したファイルフォックスとカスカベウの本番対決が実現する。同じ通年リーグで対決するのは1999年に開幕したリガ天竜以来ということになる。もっとも意図的に組み合わせたわけではない。開幕戦は昨年の優勝チームと参入戦下位、昨年の2位チームと参入戦上位を組み合わせる決まりがあっただけに過ぎない。したがって、もう1試合はなんと昨年2位のフトゥーロと府中アスレティックの対決とこれまた因縁めいた対決となった。

  第1試合の結果は、2-1でカスカベウが大事な初戦をものにした。この時のスターティングメンバーは、ファイルフォックスは難波田、板谷、小宮山、木暮、ゴールキーパー定永、カスカベウは、前田、金山、稲田、甲斐、ゴールキーパー遠藤であった。恐らく、しばらくは破られることのない最強メンバー同士の戦いではなかったろうか。しかも、いかにも両者のチームカラー、守備対攻撃のカラーが出ている点が興味深く、こののち、両チームのイメージを固めたのはこの戦いと言っても過言ではない。

 不思議な縁であるが、ファイルフォックスにはのちにシュライカー大阪の吉成圭もメンバーに連ねていた。一方、カスカベウの方には、同じくのちにシュライカー大阪の監督アドリアーノがいた。吉成の移籍はアドリアーノの指名だったというから、この頃から縁があったのかも知れない。

 第2試合のフトゥーロ対府中アスレティック戦は6-5でフトゥーロが勝ち、府中水元クラブと合体、名称変更したフトゥーロすなわち老舗に軍配が上がる結果となった。

 一方、関東リーグと並行して行われたスーパーリーグの開幕節は、6月16日、横浜の平沼体育館で行われた。こちら開幕節の見所は、シャークス対ガロであった。なぜなら、すでに紹介したとおり、ガロから大量に選手が移籍したシャークスと新戦力補強のガロとの戦いだからである。結果は4-0でシャークスが勝利、経験の差とモチベーションの差が出た試合であった。

 シャークスは、関東リーグに昇格すべく都リーグも戦っており、上昇志向十分の気迫を持っていた。なお、不思議な縁であるが、以前、ガロのメンバーだったゴールキーパーの石渡は名古屋に就職、その関係でSuerte banffに移籍した。しかし、フットサルの想い絶ちがたく勤務先を退社、東京に戻ってシャークスに入団することになり、ガロと戦うことになった。結果的にはのちにペスカドーラ町田でフットサルを続けることになる。

 こうして、いずれはリーグ統一される関東リーグを軸にスーパーリーグも交えた戦場で、ファイルフォックス、カスカベウの2強、追う第3勢力は、東京のフトゥーロ、府中アスレティック、ガロ、小金井ジュール、シャークス、神奈川のロンドリーナ、ブラックショーツ、千葉のプレデター、キューピー、メイクナイン、茨城のマルバなどが戦うこととなった。より強くなっていく戦国環境が整ってきたといえる。

 さて、お宝写真は、2001年の全日本選手権後にボーン77から移籍した金山にしよう。金山は、カスカベウに入ってから、めきめき頭角を現し、2001年の7月の第3回のアジア選手権で初代表に選ばれたことはすでに紹介した。2002年になって、いよいよ、関東リーグに登場、甲斐の誰も追いつかないと思われる鋭いスルーパスに反応、ゴールを重ねるプレーはスピードスターと呼ばれるようになり、関東リーグ観客を魅了するのだった。また、甲斐、金山のコンビプレーも有名になった。

※この連載は毎週水曜日・金曜日の2回更新予定です。

関東フットサル三国志/バックナンバー

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事