2015.08.11 Tue

Written by EDGE編集部

Fリーグ

バサジィ大分に元日本代表・藤川朋樹が4年ぶりに復帰!

8月7日、バサジィ大分は藤川朋樹の入団を発表した。大分を退団した後、海外挑戦の道を選んだ男は、フットサルとサッカーで3カ国5チームを渡り歩き、4年ぶりに古巣に復帰することになった。

a2a87b08de44782cb38d9357631c6a9a-e1438845737471-150x144(バサジィ大分HPより)

 8月7日、バサジィ大分は藤川朋樹が入団することを発表した。

 藤川は1986年8月15日生まれの29歳。2009年、大阪体育大学卒業後、デウソン神戸に加入し、翌年には大分に移籍。屈強な肉体を生かしたプレースタイルと、ユニークなキャラクターや独特な髪型、「フジエモン」の愛称で人気選手となった。

 2011年、大分を退団して海外挑戦。当初はイタリア・セリエCのフットサルチームに加入していたが、翌年には再びサッカーに転向。その後、イタリア5部、ポーランド2部、ポーランド3部と渡り歩き、昨シーズンはラトビア1部でプレーしていた。

 藤川はフットサル1年目の2009年、若手中心で編成された日本代表の1人としてアジアインドアゲームスに出場した経歴の持ち主。海外で揉まれて帰ってきた「フジエモン」が、大分で成長した姿を見せられるのか、注目だ。

 なお、藤川は大分の公式HP上で復帰に向けてのコメントを発表している。

ただいま!!
4年間海外で修行して帰ってきました!
20代最後の誕生日プレゼントはバサジィ大分にまた入れていただいたことです。
自分のプレー、行動に責任を持って、いつもがむしゃらに前進したいと思います。
よろしくお願いします!

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事