2015.07.06 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第12節】浦安の協力に感謝する須賀監督「今度は浦安のホームを盛り上げられるようにやっていきたい」

写真:本田好伸

5点目となる諸江剣語のブザービーターが決まった瞬間、フウガドールすみだの指揮官は思わずピッチ内の歓喜の輪に加わった——。須賀雄大監督にとって、この試合は単なるリーグ戦の1試合ではなかった。「試合前に鳥肌が立った」というほどのアリーナの雰囲気に応えるためにも、何としても勝ちたいと思っていた。特別な想いをポジティブなエネルギーに変えたすみだは、今季最高となる1523人の観客の前で勝ち点3をつかみとった。
(取材・北健一郎/futsalEDGE編集長)

試合前に鳥肌が立った

須賀雄大監督(フウガドールすみだ)

——今日の試合を振り返って。

まず、試合前に鳥肌が立つぐらい観客席のみなさんがエネルギッシュで、人数的にもそうですし、熱さを感じました。力になったし、それと同時に、こういうゲームに勝つことでフットサルやフウガドールの魅力を伝えられると思っていました。勝ち点3以上の価値があるゲームだと思います。浦安とは、選手も監督も親交があるので、一緒に盛り上げようということでやりましたが、一緒にできたのはFリーグにとっていいことだと思います。今度は浦安のホームを盛り上げられるようにやっていきたい。

——浦安に何度かサイドを突破されて、ファーにパスを出されるシーンがあったが。

浦安はピヴォを置くセットと4枚で回すセットがありますが、今日はピヴォがいない分、深さのある攻撃がなかなかできないという印象の中で、サイドの選手が時間を作ってファーに長い距離を走ってくる。そこで勝負をするというイメージを持っていたはず。ウチのディフェンスもアグレッシブだし、すごく集中していたので失点を防ぐことができました。1on1で何を狙っているのか、どういうディフェンスをするのか。チームのやり方というよりは、選手がやり方を変えてくれたと思います。

——清水和也の出場時間が伸びてきているが、彼の評価を教えてほしい。

元々、下部組織出身で、今シーズンで3シーズン目です。そういった中で、できるところとできないところがハッキリしてきている。のびしろはあるんですが、Fリーグレベルに達していない部分もあります。そういう中で経験がある選手と組ませて、チーム全体で良さを出そうという雰囲気がある。彼もそれに応えて、できることを全力でやろうというのが良い方向に出ているのかなと。若手はミスをする生き物です。どこまで許容して、良いところを出してあげられるかが大事になる。清水はチームにとって泥臭い仕事を進んで手を上げてやってくれます。今のチームはベテランと若手のバランスがすごく良い状態です。

——清水の「良いところ」を具体的に教えて下さい。

良いところはフィニッシュです。フリーで打たせたら代表レベルだと僕は思っている。どうすればフィニッシュに持っていけるかというところを上げていかないといけない。トラップやファーストタッチ、立ち位置などをさらに伸ばしてほしい。

——清水は太見と一緒に出ることが多くなって、前後の関係が活きているように見えるが。

もしかすると、Fリーグの試合から淡白な印象を受ける人がいるかもしれないですし、関東リーグに比べて熱さがないと言われることもあります。ただ、Fリーグはお互いのことを研究し合って、試合までにものすごい準備をしています。そういうリーグです。太見についても、「どう消すか」というスカウティングから入ってくる。その結果つまらなくなることもあるけど、戦術的にはすごくレベルが高いなと感じます。ただ、太見以外にもう1枚ピヴォがいれば、対策は難しくなります。太見はピヴォ以外にも技術が高くて、献身的にできる選手です。そういうところもうまくいっている要因なのかなと。清水は元々はピヴォではなく、アラ&フィクソ出身なので、後ろでプレーすることもできます。

——稲葉洸太郎が(前節で)200試合出場を達成したが。

(稲葉と)一緒にやるって言ったときに、やりづらいんじゃないかということも言われましたが、改めてものすごい経験をしてきた選手なんだなと思います。ブラジル代表やスペイン代表と渡り歩いてきた選手の経験値は素晴らしいものがある。彼自身も自分のキャラクターを出したい中でもチーム最優先でやってくれていて、若手ものびのびやれているし、彼自身も活かされていると思います。残りのフットサル人生を多いに楽しんでほしい。

——次節に向けての抱負を。

アウエーの大分戦ですが、前回の試合で大分には悔しい負け方をしているので、しっかりスカウティングをして、勝ち点3をとって帰ってきたい。

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事