2015.06.26 Fri

Written by EDGE編集部

コラム

関東フットサル三国志/第3章「その2:2強不在、3日間の集中開催で行われた第1回関東リーグ」

Fリーグができるまで、日本フットサルの頂点は間違いなく「関東」だった。その関東を軸に競技フットサルの歴史を振り返っていく当連載。昔からのファンはもちろん、フットサル観戦ビギナーや、Fリーグ以降にファンになった人には「最高の教科書」になるはずだ。
(文・木暮知彦/関東フットサルリーグ広報委員)

 同じ2000年3月、いよいよ正式な第1回関東リーグが始まった。都県レベルのリーグの上位リーグが常設されるわけで、フットサルの普及、技術レベルの向上に期待がかかった。しかしながら、まだ通年リーグではなく3月5日から26日までの間の3日間、小金井総合体育館、千葉公園体育館、小田原アリーナなどで行われた。

 参加チームを紹介しよう。東京からは府中水元クラブ、ガロ、小金井ジュール、東京リーグ選抜、神奈川からウイニングドッグ、エスポルチ藤沢、ぺったんこ、千葉からプレデター、千葉リーグ選抜、茨城からマルバ、F.U.A、群馬から渋川カルテットの12チームである。ここには、準備が整わず、ファイルフォックス、カスカベウの名前はない。また、山梨、栃木はまだ県リーグがないため、チームを送り込むことはできなかった。

 試合方式は会場、費用の関係から12チームをA、B両ブロックに分かれてリーグ戦を行い、ブロック同士の順位決定戦を行う変則的な方式で、この方式は第2回まで続いた。

 結果であるが、1位、2位決定戦はガロとプレデターが対戦、1-1の引き分けとなり、同時優勝となった。3、4位決定戦はマルバが5-3で小金井ジュールを下し、マルバが3位となった。

 マルバには、赤い彗星と異名をとった赤い靴は履く彗星のごとく足が速い鈴木洋一(のちにウイニングドッグ)、清水健、根本和典、斉藤俊彦、GK杉山哲一(のちにファイルフォックス、名古屋オーシャンズ)らがいた。

 期待された関東リーグであるが、ファイルフォックス、カスカベウが参加していないため、困った現象も起きた。それは、3ヶ月後に開催された第16回の全国選抜フットサル大会には、建前上、関東リーグが設立されたため、ファイルフォックス、カスカベウの選手は選ばれなかったからである。

 その第16回全国選抜大会は、2000年7月、北海道で開催された。この大会は同月末に行われるスペインの名門バルセロナとの親善試合に出場する日本選抜の選考を兼ねていた。

 前回と同じく、選抜を送りこめたのは北海道と関東であったが、関東選抜は、監督に松村、コーチに中村恭平、選手はガロからゴールキーパー石渡、関、横田、府中水元クラブから鞁島、中村俊仁、小田野直規、エスポルチ藤沢からゴールキーパー小林康紀、黒岩、豊島明、奥村、プレデターから岩本、ウイニングドッグから木暮、鈴木、小金井ジュールから古林直樹、渡辺裕貴が選ばれている。

 豊島は、かって横浜マリノスユースに在席、サッカーでブラジル留学、帰国後フットサルに転進した経歴の持ち主で、日本代表に選ばれる逸材であった。のちにロンドリーナ、名古屋オーシャンズ、湘南ベルマーレへと進んだ。

 大会結果の方は、関東選抜が地元北海道選抜を2-0で下し、優勝した。準優勝の北海道選抜にはゴールキーパーの角田麻人がいたが、これをきっかけに上京、最初はウイニングドッグに入り、のちにガロ、カフリンガへと進んだ。また、小野寺隆彦がいたがのちにエスポラーダ北海道の監督になっている。

 選抜大会開催の6日後、選抜大会の優秀選手で構成される日本選抜とスペインの名門FCバルセロナとの親善試合が幕張メッセの会場で行われた。優秀選手の大半が関東選抜であったため、関東選抜対バルセロナの様相であったが、1-9で日本選抜は敗れた。

 せっかくの国際大会であったが、ファイルフォックス、カスカベウの選手がいなかったのは残念なことであった。ちなみに両チームは公式な関東リーグに参加するよう薦められる。ファイルフォックスはすでに都リーグに所属していたため第2回から、カスカベウは新チームであったことからまずは都リーグから出発せざるを得ず、関東リーグにお目見えするのは第4回からであった。

 今回のお宝写真は、記念すべき第1回関東リーグ優勝のプレデター(同時優勝ガロ)の集合写真であるといいたところだが、残念ながら記念の集合写真が手元になく、翌年2001年のスーパーリーグの集合写真である。

 そうは言っても、貴重な写真で現バルドラール浦安の監督である米川正夫(後列中央)、前監督で現在はペスカドーラ町田監督の岡山孝介(米川の右隣)が映っている。また、先日の第9回Fリーグ開幕節のオープニングイベントで観客を沸かせた球舞の帖佐浩二郎も前列中央に映っている。

※この連載は毎週水曜日・金曜日の2回更新予定です。

関東フットサル三国志/バックナンバー

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事