2015.06.19 Fri

Written by EDGE編集部

コラム

関東フットサル三国志/第2章「その10:ファイルフォックス2連覇と『ピヴォ!』の創刊」

Fリーグができるまで、日本フットサルの頂点は間違いなく「関東」だった。その関東を軸に競技フットサルの歴史を振り返っていく当連載。昔からのファンはもちろん、フットサル観戦ビギナーや、Fリーグ以降にファンになった人には「最高の教科書」になるはずだ。
(文・木暮知彦/関東フットサルリーグ広報委員)

 明けて2000年2月、第5回選手権が始まった。この年から会場は駒沢体育館に移され、駒沢がフットサルの聖地と言われるようになった。

 見所は、優勝候補の筆頭ファイルフォックスが連覇なるか、これに第2回選手権の覇者アスパがどこまで食い下がるか、そして進境著しいウイニングドッグがダークホース的存在といったところであろうか。

 実際、ベスト4にはこの3チームに浅利真(のちにFリーグステラミーゴ岩手花巻)がキャプテンを努める東北代表のFC小白川が入った。FC小白川は、山形大学サッカー部4年生を中心に作られたチームで、のちに東北ではパラゴストといわれるくらい強いフットサル専門チームの母体となったチームだ。また、浅利は何度も日本代表候補に選ばれている。

 今大会の特徴は、戦前からの予想がそうであるように、フットサル専門チームの台頭が著しい大会といえる。第2回の府中水元クラブの優勝、第3回のアズーの準優勝という歴史を経て、第4回はファイルフォックスの優勝、もはや第5回は戦前の予想からしてフットサル専門チームが上位に並ぶほどになった。

 結果は、FC小白川を12-1という大差で一蹴したファイルフォックスとこれまた11-3の大差でウイニングドッグをのけたアスパの決勝戦となった。ダークホース的存在だったウイニングドッグは、地域予選の勢いが決勝大会では気負いに変わり、反則を連発、2人の退場者を出す始末で自滅してしまった。

 決勝は、戦前の予想どおり、ファイルフォックスの試合巧者ぶりが光り、アスパを圧倒、前半2-1、後半4-1の安定した点差で勝利、2連覇達成で第5回大会の幕を閉じた。

 この年のファイルフォックスの日系ブラジル人の助っ人は、比嘉、ジョナスであったが彼らのバランスの取れたフットサルが相当機能していた。

 3位決定戦は、ウイニングドッグ対FC小白川で行われたが、退場者でメンバーを欠くウイニングドッグに精彩はなく、3-2でFC小白川が勝って3位入賞を果たした。

 時は2000年代に入り、チーム勃発から4年を経て、第4回、第5回選手権とファイルフォックスが2連覇、この勢いはまだまだ続くのであろうか。

 ちなみに以前紹介した山下が準備したフットサル専門雑誌、フットサルマガジンピヴォは、この年の4月、ファイルフォックスの優勝を特集記事にして隔月発行で創刊された。

 山下は創刊の経緯についてこのように語っている。

 —————

 山下がフットサルに初めて触れたのは確か1996年でした。元々は、クルマ雑誌の編集を長くやっていたのですが、サッカーが大好きだったので、余暇には業界関係者とサッカーを続けていました。

 そんなある日、サッカー仲間のあるカメラマンが「今度、体育館でサッカーやろうよ」と言い出し、我々を引っ張っていったのが地下鉄丸ノ内線・茗荷谷駅からほど近い文京スポーツセンターでした。

 実はそこでやったのがフットサルだったのです。行く道、「こんなところでサッカーやったって……」と文句たらたらだったのに、始めた瞬間からフットサルの虜になりました。あげくに、「こんなおもしろいスポーツに専門誌はあるのか、ない!? ならオレたちが始めるしかない」という雑誌屋特有の身勝手な発想で食いついたのが創刊のきっかけです。

 以来、数年の準備期間をおいて2000年4月7日に創刊号を世に出しました。この10年、振り返ると大変なことばかりが頭をよぎります。でも、フットサルというスポーツが魅力的であることが僕にとって大きな救いです。

これからの10年もフットサルの魅力を全身で伝えていきます。

 —————

 今回のお宝写真は、日本初のフットサル専門雑誌、フットサルマガジンピヴォの創刊号の表紙写真である。ミスターフットサルこと上村信之介、闘将こと難波田治が表紙を飾っている。

 残念ながら、本誌は、のちの2011年11月をもって紙媒体は休刊となってしまったが、現在はデジタルピヴォとしてフットサル情報を引き続き発信し続けている。紙媒体の方は、約11年間、69号を発刊したことになるが、フットサルの普及、啓蒙に寄与するばかりでなく、フットサルのライタージャンルを築いた功績は大きい。
(なお、この写真はデジタルピヴォ編集長山下氏より掲載許可を頂いております。)

※この連載は毎週水曜日・金曜日の2回更新予定です。

関東フットサル三国志/バックナンバー

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事