2015.05.16 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第3節】浦安・米川正夫監督「固定概念にとらわれないで、やり方の幅を広げていきたい」

写真:本田好伸

ヴォスクオーレ仙台を3−1で下して、開幕3連勝を飾ったバルドラール浦安。だが、ここ2試合は浦安らしさは影を潜め、相手のペースにハマってしまっている時間帯も目立つ。2年目を迎える米川監督はこの結果をどうとらえて、どのようなビジョンを描いているのか。

うちには個人ではがせる選手がいない

米川正夫監督(バルドラール浦安)

——今日の試合を振り返って。

ハーフタイムにも話したが、ほぼ予想していたゲーム展開でした。点差も3—1くらいだと思っていた。立ち上がりの1stセットでは圧倒していて、それは相手がうちのフットサル、スピード、パワーに慣れていなかったから。合ってくると、相手も頑張って守ってくるチームなので、うちには個人ではがせる選手が少ないから、確実なチャンスが生まれづらかった。それは去年からの課題でもあって、名古屋のように1人ではがせないので、こういう展開になると難しくなるなと思っていた。

後半は中島孝のゴールが決まる前には、「運動量を上げてくれ」と話していました。(星、中島、高橋、荒牧という)あのセットでは足元の技術がある選手がどれだけああいったプレーができるのかが大事になる。浅野も長い距離を走れるので、いいタイミングで入れれば相手を崩せる。自分たちでなかなか形を作れなかったのは残念ですが、後半はやり方を変えて点を取ることができました。失点はセットプレーからでしたが、パワープレーは失点しないだろうなと思っていました。しっかりとホームで勝てたのは良かったです。内容は面白くはなかったかなとも思いますが、今年はある程度は仕方がないのかなと思っています。

――1点目がなかなか入らずに厳しかったが、それまでにどうしようかなと思っていたのか。

最初はサイドでかわしてファーサイドを狙っていこうと話していましたが、サイドで止めて1枚をはがす前に食われてしまっていたので、それだったら縦に入るかワンツーをしようと話しました。ワンツーはあんまり出ませんでしたが、後半のほうが少しはそういうシーンが出たのかなと。端から見ていても伝わりづらいかもしれないが、相手とちゃんと組み合ってしまうとなかなか点は入りません。そこには(チーム間の)レベルはあんまり関係ない。この試合では組み合っていることを感じたが、それは戦術や選手起用、テンポなどで変えていくもの。そういうちょっとしたリズムチチェンジが重要だったなと。それでいい形で奥を取ってゴールをしてくれたのでよかったです。

――今年は相手によってやり方を変えていくのか。

ケガ人がいるのでその戻り待ちの部分もありますが、セットやポジションも固定概念にとらわれないで、やり方の幅を広げていきたいなと。去年は引き出しを広げずに、コンセプトとしてのアグレッシブさ、エンターテインメント性を求める中で何がいいのか悪いのかが分かったので、今年はそれを追求しつつも結果を求めるためにも自分たちの選択肢を増やしていきたい。それは自分たちの強みをいかに出すのかということ。そうした感覚、自分の考えがどれだけ合っているのかを知りたいと思っています。僕が持っている価値観を出しながら、このフットサルで勝ち点が増えれば競技面としては正しいのだと言えるし、結果が出なければ違ったということ。去年はそこまでは考えていなかったので、監督としての資質、ビジョンがどれくらいのものなのかを今年は知りたい。そこはある程度考えながらやっていきたいです。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事