2015.04.09 Thu

Written by EDGE編集部

女子

【トリムカップ2015】グループB/佐賀県が初のベスト4進出!

写真:PANNA FUTSAL

3月27〜29日、宮城県・仙台大学で「トリムカップ2015第7回全国女子選抜フットサル大会」が開催された。12チームが4チームずつ3グループに分かれて1次ラウンドが行われ、各グループ1位のチーム+ワイルドカード1チームが決勝ラウンドに進出。日本一を争った。
(文・海野伸明)

首位予選リーグを突破したのは佐賀県選抜。初戦の埼玉県選抜との対戦では敗れたものの、その後の2戦では粘り強い戦いで接戦を制して勝ち点6を獲得。初のベスト4進出を決めた。シンプルな戦術で効率良く戦う姿勢が印象的だった。

2位は埼玉県選抜。初戦を制して幸先良いスタートを切ったが、青森県選抜、岡山県選抜との対戦では共にドロー。負けは無かったものの1勝2分で悲願のベスト4進出は果たせなかった。あと1点取れていれば・・・。悔いの残る予選リーグ敗退となった。

3位は同勝ち点、同得失点差で並んだものの、総得点で青森県選抜。2戦目の埼玉県選抜選抜戦では常に先手を取られながらも追いつき、粘り強く戦かった。高い攻撃力がありながらも個人で打開する場面も多く、グループ戦術が浸透すれば大化けする可能性を感じた。

4位となった岡山県選抜だが、勝ち点2を獲得し爪痕を残した。小粒な選手が多いながら運動量が豊富。チームとして戦っている感があり、一体感があるという印象が残った。

※記事提供元の「PANNA FUTSAL」も併せてご覧下さい。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事