2015.04.03 Fri

Written by EDGE編集部

海外

“フットサル版バロンドール”に輝いたのは元名古屋のリカルジーニョ

写真:Futsal Planet

世界的サッカーサイト「フットサルプラネット」が発表している「AGLA FUTSAL AWARDS 2014」の最終結果が発表された。
(文・futsalEDGE編集部)

この賞は世界的サッカーサイト「フットサルプラネット」によって2000年から発表されており、今回が15回目。世界各国のフットサル関係者の投票によって選ばれる。

2014シーズンの世界最優秀選手に輝いたのは名古屋オーシャンズでもプレーしたリカルジーニョ。スペインリーグに活躍の場を移しても、天才的なテクニックで別格とも言えるプレーを見せている。リカルジーニョが受賞するのは2010年以来2回目。

日本関連ではフットサル日本代表のミゲル・ロドリゴ監督が最優秀代表監督部門で第2位に選出された他、フットサル日本代表が世界最優秀代表チームに、名古屋オーシャンズが世界最優秀クラブに、名古屋オーシャンズの森岡薫が世界最優秀選手に、ベンフィカの逸見勝利ラファエル選手が世界最優秀若手選手にそれぞれノミネートされた。

各賞の結果は以下の通り。

世界最優秀選手
1位:リカルジーニョ(ポルトガル/インテル・モビスター )
2位:ファルカン(ブラジル/ソロカーバ)
3位:ガブリエル・リマ(ブラジル&イタリア/エルポソ・ムルシア)

世界最優秀GK
1位:ステファノ・マンマレーラ(イタリア/アクア&サポーネ・エメグロッス)
2位:パコ(スペイン/バルセロナ)
3位:グスタヴォ(ロシア/ディナモ・モスクワ)

世界最優秀代表監督
1位:ロベルト・メニケリ(イタリア/イタリア代表)
2位:ミゲル・ロドリゴ(スペイン/日本代表)
3位:セルジーニョ(ブラジル/ブラジル代表)

世界最優秀代表チーム
1位:ブラジル代表
2位:スペイン代表
3位:イタリア代表

世界最優秀クラブ監督
1位:ヘスス・ベラスコ(スペイン/インテル・モビスター)
2位:マルク・カルモナ(スペイン/バルセロナ)
3位:カカウ(ブラジル/カイラト・アルマトイ)

世界最優秀クラブ
1位:バルセロナ(スペイン)
2位:インテル・モビスター(スペイン)
3位:ソロカーバ(ブラジル)

世界最優秀若手選手
1位:アドルフォ・フェルナンデス(スペイン/サンタコロマ)
2位:カレタ(スペイン/サラゴサ)
3位:フェリペ・パラドンスキー(ブラジル/パルマ)

世界最優秀女子選手
1位:アマンジーニャ(ブラジル/バラテイロ)
2位:バネッサ・クリスティアン・ペレイラ(ブラジル/ウノチャペコ)
3位:ルー(ブラジル/ラツィオ)

世界最優秀審判
1位:アレッサンドロ・マルフェル(イタリア)
2位:サーサ・トミッチ(クロアチア)
3位:ダリオ・ハビエル・サンタマリア(アルゼンチン)

AGLA FUTSAL AWARDS 2014

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事