2020.05.01 Fri

Written by EDGE編集部

コラム

【大学フットサル名鑑】Vol.2 明治学院大学体育会フットサル部SA Jugaria

今回取材をしたのは、明治学院大学体育会フットサル部SA Jugariaだ。体育会として活動している、このチームの活動方法や試合の見所、チームの特徴を中心に話を聞いた。関東大学フットサルリーグ2019では準優勝と年々強化していくこのチームの秘密はなんなのか。体育会フットサル部として活動している明治学院大学体育会フットサル部SA Jugariaの主将の山崎活拡さん(4年)と副主将の神蔵翼さんに試合の見所や注目選手などの話を伺った。

編集部:こんにちは。本日はお願いします。まずはチームの組織体制を教えてください。

山 﨑:3年前から体育会になりました。チーム名は元となる同好会のチーム名からきていると思います。チームの体制としては、僕が、主将をしていて、副主将に神蔵翼くんと谷間リオンくんの2名がいまして、主将・副主将の3名が幹部として活動しています。他には、花田孝汰さんが指導者としてついていて、チームの方針などはこの4名が話し合って決めています。コーチが不在の日もあるので、そのときは自分たちでメニューを決めてトレーニングをしています。

編集部:体育会という形ですが、チームとしてトレーニング頻度はどのくらいですか?

山 﨑:朝練のある日も含めると、チーム全体では最大で週に6日くらい活動しています。ただ、6日全てに全員が参加するわけではなく、トップ、サテライトの2チームにわかれてトレーニングしているので、一人当たり週に3〜4日程度練習日があります。トップが月・水・金曜日、セカンドが火、木、土曜日に活動しています。日曜日は、試合や練習試合がなければ基本的にはOFFとしています。

編集部:週に6日はかなり多い方ですね。トップとサテライトということですが、全体でどのくらいいるのですか?

山 﨑:現在は合計で30人程度です。全学年がいるときは、40名を超えて活動している時もあります。

編集部:サッカーチーム並の規模ですね。

山 﨑:そうですね。他に現在マネージャーが約10名在籍しています。年々チームの規模が大きくなっていっています。

編集部:新学年きたらまた多くなりますね。現状どうですか?

山 﨑:新歓活動もSNSでの発信しかできていません。明治学院大学には体育会を管轄しているところがあって、そこからチーム情報をオフィシャルで告知してくれています。ですので、チームとして今できることとして、TwitterなどのSNS関連に選手情報や、過去の試合結果、雰囲気などを掲載し、新入生に向けて情報をアップデートしています。それを体育会を管轄している広報からオフィシャルで告知してもらうと言う形です。

編集部:学校のバックがついていてしっかりしていますね。例年で行くと、新入生はどのくらい入ってきますか?

神 蔵:僕らはこんなに選手がいますが、学内での認知度はそれほど高くないんです。新入生は、実際に足を運んでもらってチームを見てもらった時に「こんなに在籍しているのか」と驚く人が多いです。他には新入生体験会を開催を行いましたし、昨年はセレクションも開催しました。人数が増えてきて、管理も大変になってきたので、1学年12名程度にするようにこの制度を導入しました。

編集部:スカウティングはチーム全体で見る感じですか?

山 﨑:そうですね。選手スタッフ全員で試合形式を見て、合格者にはメールで連絡しています。これによってメンバーも精査することができました。トレーニングの質も上げることもできました。

編集部:選手が多いとチーム分けもあると思いますが、2チームでの活動になるとチームの予定は増えそうですね

山 﨑:1年の予定で、例年で行くとトップチームは、6月に大学選手権、他には関東大学リーグ、東京都フットサルリーグ、全日本選手権に参加しています。セカンドチームは、カレッジリーグ、花田コーチが開催しているPSGリーグに参加しています。

編集部:年間のリーグが多いのですね。トップチームとセカンドチームの行き来はありますか?

山 﨑:トップ、セカンドは毎月紅白戦をしてチーム発表をしています。パフォーマンスや日頃のプレーが良かったらトップに上がれる形になっています。毎月やっているので、セカンドの選手は、ここでパフォーマンスを発揮するのは1つの目標になります。

編集部:こんな大規模のチームだと、苦労も見えますね。でも毎月チャンスがあるのはチームにとってもいいことですね!ちなみにチームとしての目標はどこですか?

山 﨑:6月開催の大学選手権で幹部の任期満了になるので、勝ち進んで9月まで幹部の任期を伸ばすのがある意味、「自分の代」というか、幹部としての目標でもあります。選手としては、引退は先なのですが、幹部入れ替えがあるので、僕たちとしてはこの大学選手権がターゲットになります。

編集部:チームが大きいとフットサルのセットとか難しそうですが、どうやっていますか?

山 﨑:入れ替わるときは2名が入れ替わることがありますが、セットに影響が出るほどではないのでそこはあまり不安ではありません。4年生が抜けて新体制になって、まだ時間がたってないので、そう言うこともまだ起ってないです。トップでは基本的には、2セットで回しています。

編集部:セットでの戦術などはありますか?

山 﨑:チームのベースは、クアトロでやっています。PIVOで張れる選手が少ないのもありますが、花田コーチがクワトロを得意としているので、それをベースにチームを組み立てています。神蔵とは違うセットですが、セットで多少の違いはあります。

神 蔵:同じクアトロですが、こっちはPIVOをできる選手もいるので、前に張って3人目の動きって言うこともよくあります。クアトロと3-1の混合っていう感じですね。

山 﨑:翼(神蔵さん)が、中心選手なので、困ったら翼頼りっていうことも結構ありますね。

神蔵翼(3年生副主将)

編集部:神蔵さんはチームでは点取屋なんですね!

神 蔵:まぁ明学の中では得点王です(笑)

編集部:一番のエースは神蔵さんですか?

神 蔵:いや、僕的には、今2年生でめっちゃうまいのがいたり3年生にも元東福岡がいたりで粒揃いですね。2年生の彼は本当にうまいんで見て欲しいです!

山 﨑:でもやっぱり翼が一番だと思うな。

編集部:お墨付きですね!!どんな選手ですか?

山 﨑:彼は左利きですばしっこくてシュートも強くて、サッカー選手で言うとベイルのような感じです。打たせたら基本ゴール決まる感じですね。それに加えて身体能力がズバ抜けていて、体を張ればあまりボールも奪われないって感じです!!

編集部:完璧な選手ですね!!

神 蔵:盛りすぎです!!(笑)

山 﨑:ただ、頭悪いのが、残念です(笑)戦術的な理解度の部分が上がればもっといい選手になりますよ。ただ分からなくてもそれを凌駕する身体能力があるのは間違いないです。

編集部:そこは、フットサルでは大事なところですが、逆にいうと伸び代ですね!

神 蔵:でも、うちの主将は外したらめっちゃ怒られるんですよ。

山 崎:それだけ期待してるんです!!

編集部:さすがエース!!ナンバーワンですね。チームの中で、盛り上げ役っていますか?

神 蔵:それは山﨑くんです!山﨑主将が本当によくやってくれてます!

山 﨑:僕かもしれないです。笑

編集部:ここまでの感じだと、山﨑さんは真面目そうで、むしろ神蔵さんの方がおふざけしそうですが。笑

山 﨑:今は大事なときなので(笑)僕らの台はみんな楽しいメンバーです!あとはゴレイロも後ろから声をかけてくれたりしていて、鼓舞してくれます。試合中の彼の後ろからの声は本当に助かります!

神 蔵:面白いのは、絶対に山﨑くんです。あとは、谷間リオン副主将です。彼らは芸人並みにめっちゃ面白いです!!空気が重たい時でも私情ネタでいじってきたり、ミスしても結構いじるので、雰囲気がよくなります。ミスしても怒ると言うより、もうしないように笑いに変えるって感じです。試合を見ても面白いと思うので見て欲しいです!!

編集部:見所ですね。一度見に行きたいです!!

山 﨑:確かにそうです。「明学うるさいなー」ってよく言われます。周りからしたらかなり僕らはうるさいみたいです。

編集部:ルールが分からなくても観客は楽しめそうですね。新体制になってチーム立ち上げたばかりですが、現在の課題はなんでしょうか?

山 﨑:選手が多いので、セカンドチームのマネジメントには気をつけています。大会はあるのですが、モチベーションのキープだったり、練習へのやる気を持たせるのが難しいです。

神 蔵:それと新体制になって練習ができていない中で、昨年は4年生がチームの主軸となってトップチームをやっていました。3年生のメインプレーヤーはあまりいなかったので、完全に新体制になった今、昨年と比較すると現状は劣っているかなと思っています。強くするために、また昨年を超えるためにどうチームをまとめていけばいいかを課題としています。

編集部:代替わりっていうのはそれだけチームに影響が出ますね。この状況下取り組んでいることはありますか?

山 﨑:チームの中で6グループに分けて、過去の試合を振り返っています。一昨日も試合のシーンを切り取ってZOOMを使って今シーズンの戦術を確認しました。今はプレーができていませんが、チーム力をあげるために行っています。頭は鍛えることができるので!

山崎活拡(3年生主将)

編集部:今は活動できていませんが、普段の1日のトレーニングメニューを教えてください!

山 﨑:練習はボールを使ったミニゲームから始めます。それからロンドを交えた練習、シュート、パターン、数的優位不利の練習、ゲーム、ダウンという流れです。

編集部:ミニゲームのアップはどんなメニューですか?

山 﨑:フィールドを狭くして、大体7vs7でやっています。ボールを2つ入れて、ワンタッチプレーでやります。シュートはヘディングシュートでチームとして盛り上げるためにやっています。

編集部:アップとして気持ちから上げるのはいいことですね!体育会になって3年が経ちますが、海外やFリーグでプレーしている選手はいますか?

山 﨑:これまでは出ていませんが、もしかしたら来年、翼がなるかもしれません!

神 蔵:もしかしたら、なれるかもしれないです!府中アスレの方に声をかけていただき、練習参加した時も雰囲気とかよかったので今年はサテライトの方にも登録してもらいました。

編集部:将来が楽しみですね。代表まで目指して頑張って欲しいです!!最後にチームのアピールポイントを教えてください!!

山 﨑:関東大学リーグ、東京都リーグと準優勝が多いチームで、なかなか優勝できていません。今年こそは優勝を目指していきたいです!明治学院大学体育会フットサル部は楽しく、盛り上げながらやっていますので、注目して、試合も見にきて欲しいです!!

[編集後記]
現役選手からの指導に加えて、身体能力の高い将来のFリーガーを備えた明治学院体育会フットサル部SA Jugaria。今シーズンこそは優勝すると硬く誓った。インタビューして感じたことは、この2人の明るさである。チームの雰囲気を感じ取ることができ、魅力あふれる二人であった。一度、試合観戦して見たいと思う彼らでした。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事