2019.03.25 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー

「切り替えを制するものがゲームを制する」。フウガドールすみだ・須賀雄大監督が明かす、真のキリカエ0秒論。

「キリカエ0秒」が生まれたのは……

HND_0936

――今やクラブ哲学にもなっている「キリカエ0秒」はどのようにして生まれたのでしょうか?

一番根底にあるのは、(関東リーグ所属時代にFリーグ3チームを破って優勝した)2009年の全日本選手権です。決勝で名古屋と対戦しましたが、僕らはその前にまずグループリーグで名古屋と同組になったんです。そこを突破しないことには先に進めないので、とにかく何としても「名古屋に勝つぞ」と。 

で、名古屋がどこが苦手なのかを徹底的に分析したんです。当時の名古屋は今ほど勤勉なスタイルではなくて、スーパーな選手も多い代わりに、何人かの選手は切り替えが遅いなというのがあったので、「ここを突くぞ」と。試合の状況を想定したカウンターの練習をひたすらやりましたね。

――個々の能力で相手の方が上回っている以上、切り替えのスピードで勝つしかないと。

そうですね。攻撃から守備への切り替えも同様で、そこのスピードを極限まで高めないとほんの少しの遅れで即失点するぞと。自分たちはそこを絶対にやらなきゃいけないんだというのをチーム全員で徹底して。

そのスタイルが「キリカエ0秒」の始まりなんです。最初からその言葉があったわけではないのですが、選手に言葉で伝えようと思うと「0秒で切り替えよう」という感じになりました。 

「キリカエ0秒」という言葉自体は、どちらかというと、あの後、Fリーグへの移籍で9人が抜けてしまった翌シーズンのスタート時に、新たに入ってきた宮崎(暁)とかに伝えるために言語化したんです。

――「キリカエ0秒」はカウンターを仕掛ける場面以外でも重要になりますか?

フットサルの特性として「何が正解かわからない」というのがあると思うんですよね。例えばですけど、パスミスしたからこそ結果的に良いところにボールがこぼれて得点が入ることもあるわけじゃないですか。逆にパスをしっかり狙ったところに通せても点にならないこともある。

最終的に点を取ることや勝つことが正解なのだけど、じゃあそのために何が大事かと言ったら、刻一刻と変わっていくゲームの状況に対して自分自身を常に適応させていくこと以外に正解はないんですよね。その瞬間・瞬間での切り替えを常に0秒で行って、常に予測を伴って行動している、というのが求められる。それが「キリカエ0秒」なんです。 

だから攻から守への切り替えだけじゃなくて、当然守から守への切り替えもあります。相手がシュートを打って、それを跳ね返してまた相手ボールになった時に相手より早く切り替えて次の準備をする。攻撃から攻撃への切り替えも同様です。

そこを常に制していくことでゲームの主導権をこちらに引き寄せてくるという感覚を僕は強く持っているので、全てのプレーの根底にそこを求めています。ミスをしても、そのミスがゴールのきっかけになることもある。ただ、切り替えなかったらただのミスだよね」という話です。 

<次ページ>
チーム内の明確な基準を作ってあげる

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事