2018.10.01 Mon

Written by EDGE編集部

女子

ユース五輪に出場するU-18女子代表がTMで善戦「いい準備ができれば結果は後からついてくる」(木暮賢一郎監督)

「後退することなく、常に向上していこう」という約束事

HND_0677

──今日のトレーニングマッチでは、相手に先行されて後半に盛り返す展開でした。ハーフタイムにはどのようなことを伝えたのでしょうか。
2日間で3セッションを行い、普段とは違う取り組み、戦術、セットプレーの理解など、かなりの負荷を掛けましたし、フィジカル的にも今日は3コマ目ですから、心身ともに負荷がある中でのアプローチでしたから、戦術的なことではなくて、ミーティングしていたことの再確認や、いいプレーも悪いプレーも、(スコアが)何対何だろうと、プラスにしか働かないと。唯一プラスに働かないとしたら、ここで下を向いてしまう、諦めてしまう、自身を失ってしまうこと。それでは成長につながらないので、毎日一歩ずつ、後退することなく、常に向上していこうと約束しているので、後半は前半よりもよくなるようにしようと伝えました。

──自陣からのキックインでは(女子のフル代表でも、シュライカー大阪時代にもやっていたようなサイドからダイレクトでピヴォに当てる形の)同じプレーを何度も使っていましたが、狙いは何でしょうか?
理解する速度やキャパシティということでは、一度に多くのものというよりも、一つひとつの配置や狙い目を理解して、成功体験や違うオプションを理解していく方がいいのではないかなと。フル代表やAFCであれば、普段からフットサルをきっちりやっているので求めることができますが、今回のアプローチとしてはアルゼンチンに行って、最終的に大事なゲームの時にキチンとプレーモデルを理解して、それを高いレベルでできるといいなということ。成功体験を得るという意味でも、ピヴォにしっかり入れたいということをやりました。

──あのようなパターンプレーを仕込むあたり、シュライカーというか、木暮監督らしいなと。
用意したものを使う、トライするというのは、選手の自信にもつながると思います。また、プレーの中には全体のプレーモデルに必要な要素も入っています。何もなく淡々とゲームを進めていては再現できないこともあるので、バランスを見て、こうやって前にボールを入れることができるんだと感じてもらい、あわよくばゴールまでいってくれればという部分はありました。

──相手の関東女子選抜は女子代表に近いレベルということもあり、今まで木暮監督が落とし込んできたものを体現していたようでした。その意味で(U-18女子代表の選手にとっても参考になりますし)やられ方もちょうどよかったのではないでしょうか。
自分としても面白かったです。関東女子選抜のセットもこちらで意図を持って組ませてもらいました。代表の強化、継続性、新規開拓を見たいなと思っていましたから。誤解を恐れずに言えば、相手もいいフットサルをしていたと純粋に思いますし、自分とトレーニングしたことのある選手はおそらく、意図的に代表でやっているパターンをやってくれていました。この機会は素晴らしいものであり、女子フットサルの面白さなども、しっかりと見てくれた方は(感じてくれたと思います)。そのスタイルが好きかどうかは別として、狙いを持ってフットサルをしているな、相手の関東の方はレベルが高く、女子もこんなにできるんだなというパフォーマンスを見せてくれました。(即席でプレーしたにもかかわらず)まるでチームのように完成度が高い時間帯もありましたし、自分としては代表チームの強化という面でもいい印象を受け取れました。

──関東女子選抜も即興チームですよね?
そうです。ただほとんどの選手が、フル代表やタレントキャラバンで自分のやり方に触れている選手ですし、一つのセットは完全に代表メンバーを組みました。彼女たちとしても常々、「君たちが代表で活動した後に、そこで感じたことを各クラブに伝えて、いい意味で伝染していくことを求めている」と伝えています。まさしくそれを体現してくれたのではないかと思います。

──後半はU-18女子代表が3-2で相手を上回りましたが、それも収穫だったのでは?
一概には言えないですが、ポジティブに前を向いてゴールに迫っていくことはできたと思います。選手にとっては無得点ではなく、3点を取ったことは自信になると思いますし、いいシュートでした。伸びしろという面で、彼女たちはスポンジのように吸収していくと思うので、いいゲームだったと思います。

【U-18フットサル日本女子代表メンバー】
テクニカルダイレクター:小西鉄平(日本サッカー協会)
監督:木暮賢一郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:内山慶太郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:下地達朗(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)※9/28〜29

GK
1 須藤優理亜(Laufen)
2 小林望月(福井丸岡RUCK)

FP
7 宮本麻衣(京都精華学園高)
5 追野沙羅(Laufen)
3 横山凜花(福井丸岡RUCK)
6 荒井一花(福井丸岡RUCK)
10 池内天紀(福井丸岡RUCK)
4 前田海羽(福井丸岡RUCK)
9 山川里佳子(福井丸岡RUCK)
8 安部美楽乃(十文字高)

【スケジュール】
9月28日(金)14:00 トレーニング(ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム)※一般公開
9月29日(土)
10:00 トレーニング(ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム)※一般公開
15:00 トレーニング(ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム)※一般公開
20:30 トレーニングマッチ vs 関東女子リーグ選抜(ミズノフットサルプラザ味の素スタジアム)※一般公開
10月2日(火)AM/PM トレーニング
10月3日(水)AM/PM トレーニング
10月4日(木)AM/PM トレーニング
10月5日(金) AM/PM トレーニング
10月7日(日) AM/PM トレーニング
第3回ユースオリンピック競技大会
10月8日(月) 14:00 グループステージ第1戦 vs カメルーン @Main Futsal Hall
10月9日(火) AM/PM トレーニング
10月10日(水) 14:00 グループステージ第2戦 vs チリ @CeNARD Hall
10月11日(木) 14:00 グループステージ第3戦 vs ドミニカ共和国 @Main Futsal Hall
10月12日(金) AM/PM トレーニング
10月13日(土) 14:00 グループステージ第4戦 vs ポルトガル @CeNARD Hall
10月14日(日) AM/PM トレーニング
10月15日(月)14:00/16:00 準決勝 @Main Futsal Hall
10月16日(火) AM/PM トレーニング
10月17日(水)
15:30 3位決定戦 @Main Futsal Hall
18:00 決勝 @Main Futsal Hall

<関連リンク>
・U-18フットサル日本女子代表 関東女子選抜とトレーニングマッチを行い、国内合宿を終える(JFA)
・【U-18女子代表】10月7日に開幕するユース五輪出場メンバーが発表!“ヤングなでしこ5”が初代女王を目指す!(SAL)

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事