2018.02.11 Sun

Written by EDGE編集部

コラム

【現地記者対談】アジア最強国・イランに勝てるのか? フットサル日本代表の戦術・采配を読み解く!

イランで警戒すべきはこの4人

HND_3516

 なかなか言いづらいけど、今のイランとは10回やったら7回は負けるような強さだよ。だから何かを起こすのであれば、相手のスカウティングにないことをやってサプライズを起こすことも絶対的に必要になる。それは関口の起用だけではなく、試合全般でももちろんだけどね。

本田 大会中に見せていないセットプレーとかもあるはずですしね。

 その辺は駆け引きだよね。日本にとってラッキーだったのは、ここまでがシビアなゲームじゃなかったから、手札を残しておけた。セットプレーのパターンもまだまだあると思うし、最後の練習で仕込むこともできる。それが決まったりすれば主導権を握れるよね。イランが強いことは明らかだけど、勝てない相手ではないことは歴史が証明しているから。

本田 でも今大会はスタッフ陣が充実していますよね。分析力という意味でも、過去最高だと思います。木暮賢一郎コーチがビデオを回していますし、ベンチには鈴木隆二コーチがいて。バーレーンとイラクに完封できたことも、スカウティングで丸裸にして選手にしっかりと伝えられていた結果ですからね。

 “目”がいっぱいあるチームだよね。

本田 もちろんブルーノのチームですけど、木暮コーチの目があり、鈴木コーチの目があり、内山慶太郎GKコーチの目がある。それに通訳の小森隆弘さんもミゲル時代からずっとやってきて、コーチもできる。それに経験豊富な選手がいるということでは、スカウティングは日本の強みですよね。分析って、相手が強ければ強いほど生きると思います。何をしてくるか分からないような相手ではなく、イランのような法則性がある相手のほうが。バリエーションも個の強さもありますけどね。準決勝では、左サイドの7番・ハッサンから10番・タイエビ、14番・ジャヴィへのパターンからゴールを量産していましたし。

 イランは本当にシンプルだよね。でも問題は、シンプルだけど、分かっていても止められないというところ。

本田 3番のイスマイルプールなんかは、アルトゥールをさらに大きくしたような選手ですよ。Fリーグにきたらスターになれそうな選手ばっかり。

 でもさ、集団としてイランを見るとすごく強そうだし、個人は確かにうまいとは思うけど、相手をリスペクトしすぎてもしょうがないよね。弱点はあるし、もしそれがない選手ばっかりだったら、それこそみんなスペインリーグで大活躍してると思うから。

本田 イランって、ベールに包まれている感じはありますよね。これまでは長年、国内でがっちり強化していく流れでしたし。

 でも結果的には日本が勝った2012年のアジア選手権の前から、スペイン人の世界的な名将、ヘスス・カンデラスを監督に呼んだからね。きっとイランも、これまでの自己流では勝てなくなってきたことに気付いたんだと思う。それで新しいものを取り入れて戦術面もレベルアップした。圧倒的なタレントだったシャムサイーがいた時代のインパクトはないけど、全員が高い次元でプレーしている印象はあります。

本田 そうすると、日本の勝算はどうでしょうか?

 どうなんですかね……。

本田 展開次第では、前半で試合が終わってしまうことだってありますよね。ウズベキスタンがまさにそうでしたけど。リードされると厳しい。

 それはもちろん。でも1点リードしたからといって引いて守ってくるわけでもないし、先制されるのはある程度は織り込んでおいたほうがいい。「先制されたら終わり」と思っていたら、本当に終わりになっちゃう。一番大事なのは、立て続けに失点しないこと。いろんなゲームプランを用意しておいて、決め打ちにならないようにしておくことが重要かなと思います。

本田 あとは、マッチアップとかも不安要素ではありますよね?

 うん。日本にはいいピヴォがそろっているし、森岡や清水とかはこの舞台でも存在感を示せる。でもアルゼンチン戦で明らかだったけど、相手のピヴォに収まってしまったらそこからは奪えない。

本田 確かに、今のチームには1対1で絶対に勝てるようなフィクソのスペシャリストはいないですよね。

 ディフェンス面では特に。今は配球とかを大事にしている部分があるから、そういうパスをさばけてボールを持てるタイプが選ばれているけど、前に起点を作られちゃうと分が悪い。

本田 第一選択肢はピヴォに当てさせないことで、当てられたらカバーリングと挟み込むっていうのは今まではそれでできたけど、そこを個の力で剥がされた時にどう対処するのか。

 イランとやった国は、それで打たれて、股を通されたり、ポンポン点を取られた。だからそこでどれだけ頑張れるか。その辺りは滝田や皆本、あとは齋藤もでる可能性がありますからね。

本田 その意味では、齋藤よりも吉川を底に置くほうが無難ではありますけどね。

 それはある。相手ピヴォとのマッチアップは、本当にある程度の役割を決めてマークチェンジしないと危険。そこは試合の焦点になるかなと。

本田 見どころってことでは、今大会の日本は、日替わりヒーローが出てますよね。森岡に星、清水と齋藤の若手とか。皆本も決勝に向けては「俺が決める」って言っていますから、有言実行男の真髄には期待したいですけどね(笑)。

 まあね(笑)。でも、僕としては「森岡薫の大会」にしてほしいなと。やっぱり、ワールドカップ出場を逃した2016年大会の責任をおそらく一番に背負っているから。森岡自身は、日本に帰化して“後から入ってきた”という意味でも、甘えというか、どこかで人のせいにしていた面が少なからずあった。でも今は全くそれがなくなって、すべての責任を自分で背負っている。ミスをしたら誰よりも一生懸命にカバーリングに走って帳消しにしようとするし、森岡を象徴として、この大会が「2016年の禊(みそぎ)の大会」になるんじゃないかなと思っているけど。

本田 当然、森岡が決定的な仕事をして勝ったら、チームとしても一番いいですよね。でも日本が未来に進んでいるということでは、日本の目指すべきスタイルを体現している吉川が大会の象徴になってもいいなと。吉川はゴールを決めて勝負を決める部分で突出しているわけではないからMVPってキャラではないのかもしれないけど、日本を勝たせるキーマンではあるのかなと思います。

 それは間違いないね。吉川には、結果はどうあれ優勝したらMVPをあげたいくらい。森岡の大会になってほしいと思う一方で、吉川には何かしらの賞を与えてほしい。吉川は日本ではあまり正当に評価されていない印象がある。それは、分かりやすい選手にフォーカスしてしまいがちな僕らメディアの責任でもあるけど、彼の素晴らしいところはきちんと伝えたい。本当に「日本の心臓」だと思うから。

本田 今の日本は、吉川を見てレベルを上げていくべきなんですよね。

 でもさ、吉川がすごいと思うのは、大学からフットサルを始めてここまできたこと。それでもここまでの選手になれると証明した。

本田 海外で培った経験を還元しようにも、日本のプレースピードが遅くて、逆に合わせられないまま、シーズン終盤までは消えてしまいました。もちろん、目に見えない貢献度は高かったけど、吉川自身、チームメートと噛み合わないフラストレーションがあったはずですからね。今ようやく、誰が見ても吉川がすごい選手だとわかるようになってきた。でもそれでも、まだまだ出せるものを持っていると思います。

 そうだね。決勝は楽観視は全くできないけど、でも十分に期待を持ってみていいチームだと思います。

本田 僕らも、もっともっと、日本の良さを伝えていかなくてはいけないですね。そのためにもまずこの決勝で勝ってもらいましょう!

1 2 3 4

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事