2018.01.27 Sat

Written by EDGE編集部

インタビュー

【日本代表×アルゼンチン代表 第1戦】「我々の方が決定機で多くのゴールをできた」(ジュストッシ監督)

写真:本田好伸

2016年のFIFAフットサルワールドカップで初優勝を遂げたアルゼンチン代表は、1月25日(木)に行われた日本代表との国際親善試合第1戦で4-2で勝利。時差が8時間もある地球の裏側から来日した彼らは、20時間のフライトを経て、わずか1回のトレーニングで試合に臨んだが、統率の取れた守備と個人の能力を生かした攻撃を見せ、決定機を確実にものにしながら常に試合を優位に進めた。ディエゴ・ジュストッシ監督は、「日本もアルゼンチンも、スペクタクルなフットサルを皆さんに届けられた」とした上で、「我々の方が決定機で多くのゴールをできた」と試合結果に満足な様子を見せた。
(取材・文 本田好伸)

日本は私が好きなフットサルを見せていた

アルゼンチン代表 ディエゴ・ジュストッシ監督

──今日の試合を振り返って。

ポジティブな結果になったことを大変、嬉しく思います。日本もアルゼンチンも、スペクタクルなフットサルを皆さんに届けられたと思います。選手のプレーは素晴らしかったですし、これは驚くべきことです。なぜなら、20時間の移動を行った後、8時間の時差がある中、トレーニングも1セッションだけで試合に臨んだからです。とても感動的な姿でした。本日の試合は日本があらゆる局面を支配した試合だと思います。しかし、このような展開は、先ほど申したような状況なので、予測をしていました。我々の方が決定機で多くのゴールをできたのでこのような結果になったと思います。

──コンディションも含めて、無理をせずにプレーしていたように見えた。どのようなプランで臨んだのか。

選手も人間です。時差もありますし、飛行機移動でしたし、トレーニングは1セッションだけでした。それに相手のホームゲームでうちがリードしていたので、有利な展開だったと思います。前半の終盤と後半は、我々がどのように戦うことが必要なのかがはっきりとしていた状態でプレーできたと思います。

──前回の2016年のワールドカップに日本は出ていなかったが、日本のフットサルはどれくらい知っているのか。そして、戦ってみた印象としてはどのように映ったのか。

印象はとてもしっかりとしたものがあります。アルゼンチン代表選手としても日本でプレーしたことがあるからです。ミゲル・ロドリゴさんが日本の代表監督を長年されていましたが、彼は私にとって兄のような存在なので、彼の活躍をずっと追いかけていました。能力が非常に高く、プロフェッショナルなブルーノ・ガルシア監督も、必ず良い結果をもたらすと思います。本日は日本の方が局面を支配していた試合でした。私はフットサルが好きなのですが、私の好きなフットサルを見せていました。日本がアルゼンチンを上回ったので、現時点でもいいチームですし、将来性もあるチームだと思います。

──ワールドカップで優勝しましたが、以前のララニャガ監督はアルゼンチン国内のフットサルが盛り上がっていないと話していた。それでも優勝できた理由と、優勝で国内のフットサル事情は変化したか?

アルゼンチンのフットサルの状況は大きく変わり、我々にとって夢のような状況になっています。ララニャガ監督は、アルゼンチンが大きな大会で戦えるベースをしっかり築いてくれました。我々が目指しているのは「アルゼンチンは戦いにくい相手だ」と言われることではなく「強豪だ」と言われることです。今はそれができています。

【国際親善試合 第1戦】
1月25日(木) 19:05 2-4 アルゼンチン代表 東京/大田区総合体育館
得点経過
1分 1-0 クリスティアン・ボルット
16分 2-0 ルーカス・ボロ・アレマニー
18分 3-0 ルシアノ・アベリノ
33分 4-0 アラン・ブランディ
34分 4-1 吉川智貴
39分 4-2 清水和也

【フットサル日本代表国際親善試合メンバー】
監督 ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ 鈴木隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ 内山慶太郎(フウガドールすみだ)
フィジカルコーチ 下地達朗(シュライカー大阪)

GK
2 ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
1 関口優志(名古屋オーシャンズ)
16 矢澤大夢(フウガドールすみだ)
FP
9 森岡薫(ペスカドーラ町田)
11 星翔太(バルドラール浦安)
14 西谷良介(名古屋オーシャンズ)
13 渡邉知晃(府中アスレティックFC)
8 滝田学(ペスカドーラ町田)
5 皆本晃(府中アスレティックFC)
10 仁部屋和弘(バサジィ大分)
6 吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
3 室田祐希(ペスカドーラ町田)
7 逸見勝利ラファエル(ベンフィカ=ポルトガル)
15 加藤未渚実(シュライカー大阪)
4 齋藤功一(名古屋オーシャンズ)
12 清水和也(フウガドールすみだ)

第2戦
1月28日(日) 15:10 vsアルゼンチン代表 富山/富山市総合体育館

AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018
グループリーグ
2月1日(木) 19:00 vsタジキスタン代表
2月3日(土) 19:00 vs韓国代表
2月5日(月) 16:30 vsウズベキスタン代表
決勝トーナメント
2月8日(木) 19:00 準々決勝
2月9日(金) 19:00 準決勝
2月11日(日) 19:00 決勝

【NHK-BS1 LIVE放送】※キックオフ5分前から放送開始予定
1月25日(木) 19:05 vsアルゼンチン代表 東京/大田区総合体育館
1月28日(日) 15:10 vsアルゼンチン代表 富山/富山市総合体育館

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事