2018.01.27 Sat

Written by EDGE編集部

コラム

【日本代表×アルゼンチン代表 第1戦】ブルーノ・ジャパンの出来はどうだった? フットサル専門記者が寸評&採点!

写真:本田好伸

1月25日(木)、前回のワールドカップ優勝国・アルゼンチン代表との国際親善試合第1戦に臨んだ日本代表は、終始相手にリードを奪われる形で2-4で完敗。試合のペースを握る時間帯も多かった一方で、重要な局面で「ゴールを決める」、「ゴールを守る」ことで相手が何枚も上手だった。そんな試合を取材したfutsalEDGE編集部が独自の視点で選手を採点。AFCフットサル選手権の本番を見据える代表チームでもっとも際立つプレーを示したのは、10点満点中7.5点の吉川智貴だった。なお、日本代表は28日(日)、富山市総合体育館でアルゼンチン代表との第2戦に臨む。
(寸評・採点 北健一郎、本田好伸、福田悠/futsalEDGE編集部)

第1戦のパフォーマンスを独自採点

HND_8836

2 ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
【7.0】
ハイプレスを仕掛けるチームにおいて広範囲にわたる裏のケアを担当し、監督のオーダーに添うパフォーマンスを披露。町田とは異なる守備範囲、状況でも即座に適応してカバーできる能力の高さが際立った。スローでの攻撃オプションも◎。チームに安心感を与えた。
Twitterアカウント:@Higormp

HND_8508

1  関口優志(名古屋オーシャンズ)
【5.5】
チームが高い位置でプレッシングを仕掛けていったためにできる、裏の広大なスペースのカバーリングは一定の役割を果たした。一方で、前半のうちに3失点。後半からピッチに立ったイゴールと比べると相手との駆け引きが少なく、先に動いてしまったことでゴールを許した。
Twitterアカウント:@yu_shi1024

HND_8173

3 室田祐希(ペスカドーラ町田)
【5.0】
全体的には可もなく不可もなくのプレーに終始。サイドでボールを持ってドリブルで仕掛けるシーンがあったものの、相手との間合いの問題からか、引っ掛かることも多い。受け手の選手として輝きを増しているだけに、出し手の選手とタイミングを合わせたいところ。
Twitterアカウント:@yuki_murota

HND_7839

4 齋藤功一(名古屋オーシャンズ)
【4.5】
経験値の部分で“シャイ”な面をのぞかせた。代表キャップが少ない分、味方に合わせる意識が強い。特に、パワープレーでは右奥を担ったもののバックパスが第一選択に。安パイなプレーではなくシュートを意識した持ち方で相手に怖さを与えたかった。失点にも直接絡んだ。
Twitterアカウント:@kouichi0303

HND_7720

5 皆本晃(府中アスレティックFC)
【5.5】
国際舞台の経験値を生かしたプレーを見せ、味方と相手の位置を見ながら、次にどう動くべきかを感じ取る察知力に長けていた。自分のマークを捨ててでも危険なところに動けるなど、気の利いたポジション修正とマークの受け渡しの判断は経験のある選手のそれだった。
Twitterアカウント:@minamoto_akira

HND_8094

6 吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
【7.5】
前線で相手を追い込むファーストディフェンスは別格。スペインリーグで体感してきたプレッシングの技術と強度、一人でボールを奪い切れる力は代表チーム随一だった。セットで組んだ3選手が経験の浅い若手選手だった中でも存在感を示し、タフなプレーを見せていた。
Twitterアカウント:@tomoki_yoshi15

HND_8961

7 逸見勝利ラファエル(ベンフィカ)
【4.0】
その存在価値を考えると、全く違いを作れなかった。西谷良介とコンビを組んでいる分、攻撃に変化を加えるバリエーションが求められる。所属クラブとのプレーモデルが異なり、仲間の特徴を把握し切れていないことを踏まえても攻撃のスイッチを入れられなかった。
Twitterアカウント:@henmii

HND_8578

8 滝田学(ペスカドーラ町田)
【7.0】
森岡、逸見、西谷というクセのあるセットで守備の比重も高いが、大きなミスはなし。相手のピヴォ当ての技術が高い分、持たれて数的不利になる瞬間も多かったが、そのデメリットを感じさせないカバーリングで、代表では実戦復帰ながらも信頼のおけるプレーを見せた。
Twitterアカウント:@takita_manabu

HND_8022

9 森岡薫(ペスカドーラ町田)
【4.0】
シュートは前半後半1本ずつで、ボールを受ける位置もやや自陣寄りのために脅威を与えられず。ただし、シーズン終盤のケガの影響も考えられるため、本番でコンディションを上げていく上で、そこまで無理をすべきではないという判断か。反転シュートも見られなかった。
Twitterアカウント:@kaoru7947

HND_7927

10 仁部屋和弘(バサジィ大分)
【3.0】
期待値の高さを踏まえると特筆すべきプレーはなかった。サイドで何度かドリブル突破を見せたものの、仁部屋である必要性を示せず。本来の力を考えれば、現状のレベルでは物足りない。開始直後に失点に絡んだ場面も、チームの大黒柱として経験値を生かせなかった。
Twitterアカウント:@KAZUHIRONIBUYA

HND_7722

11 星翔太(バルドラール浦安)
【7.0】
「世界と戦う」ことへの覚悟と決意を感じさせると同時に、個人戦術の質がワールドクラスにあることを証明。ピヴォに入れる一方で、フィクソでもバランスを取ってパスをさばけるユーティリティー性を十分に示した。決定機でゴールを奪えなかったことが唯一のマイナス。
Twitterアカウント:@shota_hoshi

HND_8123

12 清水和也(フウガドールすみだ)
【7.5】
相手の激しいDFに対して前後半のわずか20分でFリーグ基準から世界基準に適応。前半はボールを足元に置いて相手を背負ったが、後半は距離を取ってキープするなど可能性を示した。強烈なプレスで味方を助け、得点という仕事もこなした。代表に必要な選手だとアピール。
Twitterアカウント:@0206_kazuya

HND_7957

13 渡邉知晃(府中アスレティックFC)
【3.0】
ボールをキープできず、相手のレベルに応じた適応力を示せなかった。Fリーグ得点王らしい高い位置のポジショニングからゴールに迫るシーンもなく脅威を与えられず。前線のプレッシングに課題を残し、代表チームのプレーモデルと合致するパフォーマンスを出せなかった。
Twitterアカウント:@tomo0429

HND_8606

14 西谷良介(名古屋オーシャンズ)
【6.0】
グループにおいて持ち味を発揮する選手としては、メンバー構成上、プレーがはまらず。ただし、滝田と逸見の戦術的なズレ、森岡の状態もいいとはいえない中で、最低限、合わせられる質の高さを見せた。利き足ではない左足での強シュートなど、代表水準としては及第点。
Twitterアカウント:@14_passyan

HND_9363

15 加藤未渚実(シュライカー大阪)
【出場なし】
完全3セットで回していたこの試合はベンチで戦況を見守った。ただし、星、渡邉、皆本、仁部屋のセットにおいて、仁部屋のパフォーマンスが際立っていなかったことを考えれば、突破力があり、かつ左利きというオプションを加えたセットも見たかったところ。
Twitterアカウント:@04151220mnm28

HND_9320

16 矢澤大夢(フウガドールすみだ)
【出場なし】
前半は関口、後半はイゴールがゴールを任されたため出番なし。ブルーノ監督は事前に「本番のゴレイロは2人」と話していたことに加えて、この試合後も「本番を見越して14人で戦うプランだった」と明かしたという意味では、現状ではメンバー落ちの可能性も高い。
Twitterアカウント:@bigdream0227

【フットサル日本代表国際親善試合メンバー】
監督 ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ 鈴木隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ 内山慶太郎(フウガドールすみだ)
フィジカルコーチ 下地達朗(シュライカー大阪)

GK
2 ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
1 関口優志(名古屋オーシャンズ)
16 矢澤大夢(フウガドールすみだ)
FP
9 森岡薫(ペスカドーラ町田)
11 星翔太(バルドラール浦安)
14 西谷良介(名古屋オーシャンズ)
13 渡邉知晃(府中アスレティックFC)
8 滝田学(ペスカドーラ町田)
5 皆本晃(府中アスレティックFC)
10 仁部屋和弘(バサジィ大分)
6 吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
3 室田祐希(ペスカドーラ町田)
7 逸見勝利ラファエル(ベンフィカ=ポルトガル)
15 加藤未渚実(シュライカー大阪)
4 齋藤功一(名古屋オーシャンズ)
12 清水和也(フウガドールすみだ)

国際親善試合
第1戦
1月25日(木) 19:05 2-4 アルゼンチン代表 東京/大田区総合体育館
第2戦
1月28日(日) 15:10 vsアルゼンチン代表 富山/富山市総合体育館

AFCフットサル選手権チャイニーズ・タイペイ2018
グループリーグ
2月1日(木) 19:00 vsタジキスタン代表
2月3日(土) 19:00 vs韓国代表
2月5日(月) 16:30 vsウズベキスタン代表
決勝トーナメント
2月8日(木) 19:00 準々決勝
2月9日(金) 19:00 準決勝
2月11日(日) 19:00 決勝

【NHK-BS1 LIVE放送】※キックオフ5分前から放送開始予定
1月25日(木) 19:05 vsアルゼンチン代表 東京/大田区総合体育館
1月28日(日) 15:10 vsアルゼンチン代表 富山/富山市総合体育館

制作協力:アスラボ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事