2017.11.06 Mon

Written by EDGE編集部

インタビュー

【現地記者対談】「清水和也と室田祐希には“コンビ感”がある」(河合拓×北健一郎)

写真:河合拓

タイ・バンコクで行われているAFCフットサル選手権2018の東アジア地区予選。第2戦で日本はマカオに清水和也のハットトリックを含めた11-0の大量得点で勝利した。今大会では日本での映像配信がないため、どんな内容だったのか? どの選手が活躍したのか? など気になっているファンも多いはず。そこで現地バンコクで取材にあたっているライター2人が試合内容を対談形式で振り返っていく。
(構成 北健一郎/futsalEDGE編集長)

清水が2試合のMVPで間違いない

<モンゴル戦の対談記事>
【現地記者対談】「日本の1stセットはブルーノジャパンのコンセプトを表現していた」(河合拓×北健一郎)

23379490_1284043761700622_937512142_o

  マカオ戦は11-0という結果でしたが、これは予想通りですか?

河合 予想通りというか、期待していたものを見せてくれたのかなと思います。

  マカオは、モンゴル、チャイニーズ・タイペイと比べても落ちる?

河合 と、思います。グループの中では最弱でしょう。モンゴルはU-20のAFCフットサル選手権にも出ていたけど、マカオは出ていなかったし、フットサルの活動回数を考えても最弱じゃないかな。

  こういう試合で大事になるのは早い段階でゴールを決められるかだと思うんですよ。

河合 そうですね。

  その点では今日も先制点を含める3得点を決めた清水和也の果たした役割は大きかった。

河合 僕もそう思います。これを言っても仕方ないけど、(2016年の)ウズベキスタンの時に清水がいたらどうなっていたのかなというのは考えてしまいますね。

  あの時も最終選考の16人までは残っていて。でも、最終的には今回のメンバーにも入っている森岡薫、星翔太、渡邊知晃の3人がピヴォとして選ばれた。とはいえ、あの時点での清水はやっぱりピヴォの4番手だったとも思うんです。そこからの2年間で清水がグッと伸びてきている。

河合 もちろん、この2試合は相手が格下だったというのは考えないとはいけない。実力が上の相手とやった時に、どれだけできるのか。U-20でのタイランド5やAFCフットサル選手権でも、大事な試合では点を取れていないので。あとは、星とも話したんだけど、モンゴルやマカオのようなできることが無数にある相手に対して、いろいろと選択肢が見えすぎてしまうと。何をやるか、うまく噛み合わないことが多い。その点、若い選手たちの1stセットはプレーに迷いがなくて、それが良い方向に作用しているのかもしれないとは思いました。明日(チャイニーズ・タイペイ)は実力的には一つ上のチームなので、経験のある選手の方が活きてくる可能性はあるでしょうね。ただ、この2試合のMVPは清水で間違いないと思います。

  あと、清水と室田祐希は“コンビ感”がありますよね。河合さんも言ってたように、モンゴル、マカオは引いて守ってるぶん、相手陣内に押し込んだ状態でピヴォに当てて崩していく、いわゆる「定位置攻撃」が多くなる。そこでボールを持ちながら、味方同士が何をするかをうかがいながら合わせてやっている感じなんですが、清水と室田はコンビを組んでる時間が長いこともあってノッキングしていない。清水がマークを外した瞬間に室田からパスが出てくるし、室田の走り込みに清水も良いタイミングでパスを出せている。本当にちょっとなんだけど、タイミングが早いぶん、フィニッシュに持って行けている。

河合 あそこは良い信頼関係ができていると思います。

  攻撃面だけじゃなくて、守備面でも2人は連携が良いんですよね。1stセットでは2人が1列目のプレスを担当することが多いんですが、ボールへの寄せが早いし、相手が苦しくなってパスを出したところを、もう1人がしっかり狙っている。室田には「ディフェンスの選手」というイメージはあんまりなかったけど、これだけやれるんだなと。

河合 こぼれたボールへの出足も速いし、球際での体のぶつけ方もかなり激しい。他の選手より長くやっていることもあって、ブルーノの求めていることがわかっているし、それにフィットしているんだなというのを感じます。

  もちろん、どの選手と出ても合わせられるのが理想ですけど、代表チームにはそんなに練習できる時間もないし、選手同士の相性というのも間違いなくありますし。その点では清水と室田というお互いを生かし合えるコンビが出てきたのは良いこと。

河合 サッカーマガジンで香川真司と乾貴士のコンビで対談をした時には「最初に合わなければ合わない」って言ってたから、長い時間をかけてもうまくいかないこともあるし、逆に最初から合っちゃうこともあるんでしょうけどね。どの選手と合うのかというのは楽しみではありますね。

<次ページ>
深夜2時に着いた追加招集の矢澤

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事