2017.10.21 Sat

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【第23節プレビュー すみだ×湘南】ロンドリーナの魂を引き継ぐ“レジェンド”近藤純也が湘南をプレーオフに導く。

今年のFリーグを面白くしているのは間違いなく湘南ベルマーレだ。リーグ序盤に良い流れをつかみ、2巡目に入ってもその勢いを継続。第21節を終えた時点で14勝7敗の5位につけている。プレーオフ進出圏内ギリギリの順位ではあるものの、2位町田までの勝点差はわずか4。初のプレーオフ進出が徐々に現実味を帯びつつある。ここからが本当の勝負所だ。そんな正念場を迎えるこのタイミングで、Fリーグ開幕時の湘南を知るベテランレフティが着実にコンディションを戻しつつある。背番号9、近藤純也だ。
(取材・文 福田悠)

ベテランが見せた魂のディフェンス

 Fリーグ開幕以前の旧ロンドリーナ時代からプレーしている生え抜きで、2007年のFリーグ開幕時の湘南を知る唯一のメンバー、近藤純也。一時は第一線を離れいき、当時神奈川県1部リーグだったNO⭐︎BRAKES(ノーブレイクス)でプレーしていたが、その後、当時同じ神奈川県1部だったロンドリーナに復帰。14-15シーズン開幕前にトップ昇格を果たし、再びFリーグの舞台に戻ってきた。

 右アラを主戦場とし、得意の左足で攻撃に変化を加え、チームのリズムを作っていく。右サイドの開いた位置で身体を中に向けた状態から繰り出す左足裏→右足インサイドでのダブルタッチの縦突破など、近藤は状況に応じた数多くの「型」を持った選手だ。加えて、間合いを知り尽くしたようなフェイク、絶妙のタイミングで相手守備網の間を取るエントラなど、オフ・ザ・ボールの質の高さもチーム随一だ。

 しかし、そんな近藤も今年で36歳となり、徐々に若手に出番を譲ることが多くなった。10歳以上も歳の離れた若手がメキメキと力を付けチームを牽引。好調のチームの中で、今季の近藤は出場機会を減らしていた。第8節、アウェイの対大分戦で今季初めてピッチに立ったものの、その後は再びベンチ外の日々が続いていた。

 だがそんなある日、メンバー表に久々に近藤純也の名が記された。第20節、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた、昨季覇者・大阪との一戦だ。すぐ隣のShonan BMWスタジアム平塚で行われたJ2湘南×水戸戦とのコラボ企画が行われた日で、会場は超満員の湘南サポーターで埋め尽くされた。ただのリーグ戦の1試合ではない、クラブとして大きな意味を持つこの大一番で、奥村敬人監督はあえてベテランの近藤を起用したのだ。

 出番は早々にやってきた。前半4分過ぎ、奥村監督が近藤をピッチに送り込む。久々の出場とあってどことなく硬さは見られたものの、ワンプレーごとに徐々に試合に入っていく。味方のラストパスに合わせようとファーへ飛び込むなどあわやという場面も作ってみせた。ベンチに戻った近藤はその後しばらくピッチに立つことはなかったが、試合の最終盤、最も重要な痺れる場面で出番がやってきた。

 後半15分、植松のゴールで湘南が逆転に成功すると、大阪がアルトゥールをゴレイロに据えパワープレーを開始。これを見るや奥村監督はすかさず近藤をピッチに送り込む。経験豊富な近藤に、対パワープレーの後方のポジションを任せたのだ。

 ピッチに入った近藤は、ここでその経験値を遺憾なく発揮。大阪の素早いパス回しとポジションチェンジにも動じることなく、的確なポジション修正と完璧なカバーリングで要所を抑えていく。インテリジェンスの高さだけでなく、サイドステップの速さや反応速度も健在だ。俊敏な動きで危険なスペースを消し続け、時には横幅20m近くをほぼ1人でカバーし、相手の決定機には幾度となく身体を投げ出して対応。ピッチから遠ざかっていた悔しさを晴らすかのように、ベテラン近藤が全身全霊のディフェンスを見せた。フィウーザや浦上らのパワープレー返しが次々と決まり、最終的には7-2の大差がついた試合だったが、近藤の魂のディフェンスが無ければ、結果は違っていたかもしれない。

HND_5935

 試合後の記者会見で奥村監督は「出場時間は短かったですが、その中でチームのために全力で戦ってくれました」とそのプレーを称えた。近藤は先週行われたアウェイでの対名古屋戦でも出場を果たし、チームの中で再びポジションを確立しつつある。リーグ戦も残り3分の1となり、プレーオフ進出へ向け勝負所を迎える今、高い経験値を誇るベテランが復調してきたのはチームにとって間違いなく好材料だ。

 湘南は明日22日(日)、プレーオフ争いで最後まで競り合うことになるであろうすみだと激突する。先日の大阪戦同様、重要な一戦だからこそベテランの存在感はより際立つはずだ。湘南の背番号9がピッチに入ったら、是非そのプレーに注目していただきたい。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第22節
10月21日(土)
13:30 ヴォスクオーレ仙台 vs 湘南ベルマーレ(アリーナ立川立飛)★
16:00 フウガドールすみだ vs アグレミーナ浜松(アリーナ立川立飛)★
18:30 府中アスレティックFC vs 名古屋オーシャンズ(アリーナ立川立飛)★
13:30 バルドラール浦安 vs バサジィ大分(大阪市中央体育館)
16:00 シュライカー大阪 vs エスポラーダ北海道(大阪市中央体育館)
18:30 ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸(大阪市中央体育館)
10月22日(日)
12:00 フウガドールすみだ vs 湘南ベルマーレ(アリーナ立川立飛)★
14:30 アグレミーナ浜松 vs 名古屋オーシャンズ(アリーナ立川立飛)★
17:00 府中アスレティックFC vs ヴォスクオーレ仙台(アリーナ立川立飛)★
12:00 エスポラーダ北海道 vs バサジィ大分(大阪市中央体育館)
14:30 バルドラール浦安 vs ペスカドーラ町田(大阪市中央体育館)
17:00 シュライカー大阪 vs デウソン神戸(大阪市中央体育館)

★……AbemaTV無料ライブ配信

Fリーグ各節をAbemaTVで完全無料の生中継!

『ヴォスクオーレ仙台 vs 湘南ベルマーレ』『フウガドールすみだ vs アグレミーナ浜松』『府中アスレティックFC vs 名古屋オーシャンズ』を10月21日(土)に、『フウガドールすみだ vs 湘南ベルマーレ』『アグレミーナ浜松 vs 名古屋オーシャンズ』『府中アスレティックFC vs ヴォスクオーレ仙台』を10月22日(日)に無料生中継!

10月21日(土)13時15分~20時30分 <視聴&通知予約
10月22日(日)11時45分~19時00分 <視聴&通知予約

<合わせて読みたい>
すごいぞ、湘南ベルマーレ! JとFが融合した完全ホームで前年度王者・大阪に完全勝利

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事