2017.08.14 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

東京23区内・全天候型インドア・高品質床素材。フウガの活動拠点となる「すみだフットサルアリーナ」とは?

地域から長く愛されるクラブを築くこと

S__29949989

 すみだが自前のコートを手にしたことのもう一つの価値は、クラブの“道しるべ”だ。

「クラブとは、長く続く強さを求められていると思う。それがあれば、ファンやサポーターも応援し続けてくれると思うし、そこにあるストーリーを一緒に楽しんでもらえる。そういうところはフットボールの魅力の一つ。だから僕たちは、クラブをきちんと整備していくために、短期、中期、長期的な計画を立ててきた」。

 須賀監督は、「クラブの強さとは、歴史や積み重ねてきたもの」だと言う。その積み重ねの一つは、選手の育成だった。

 すみだは今、トップ(クロコダイルズ)以下、サテライトのバッファローズ、U-18のファルコンズ、U-15のウイングス、U-12のエッグス、レディースと続く各カテゴリーを有しているが、育成年代からフットサルに触れてきた選手が、上位カテゴリーで確実に成績を収め始めている。

 6年前のウイングス一期生たちは、ファルコンズとして全日本ユース(U-18)フットサル大会の関東予選を勝ち上がり、8月17日に開幕する全国大会に初出場する。彼らがU-20日本代表、フル代表へと入っていくことは、クラブの願いそのものだろう。

 地域密着ということでも、彼らは多くのことを積み重ねてきた。「予想以上に、応援してくださる企業が増えた」と、墨田区をホームタウンに定めた2009年以来、現在ユニフォームの胸スポンサーを務めている東京東信用金庫を筆頭に、地元で活躍する数多くの企業とのつながりを深めてきた。だからこそ、そういう地域の関係性をさらに強めていくためにも、新コートは活用される。

「フットサルコート事業の一番の目的は収益ではない。僕たちはフットサルで表現していくグループであるから、自分たちのフットサルコートがあることで、地域を中心にその表現の幅がどんどん広がる。スクールだけではなく、他競技とのコラボや指導者講習会……。地元小学校などのサッカーチームの方に参加してもらえるようなものもできると思う」。

 そうした活動はもはや、フットサルに限定されるものでもない。

「例えば、普段はフットサルをしない人でも、こうした施設ができたことで、自分も蹴ってみたいと思ってくれる人がいるかもしれない。総合型地域スポーツクラブを見据えていく上では、幼児から高齢者まで、世代を超えた様々なイベントだって考えることができる。フットサルをハブにして、地元の盛り上げやコミュニティーの創設ということにも貢献していきたい」。

 “自前コート”は念願でありながら、彼らにとってはあくまでもクラブづくりの過程であり、同時に、クラブがきちんと前を向いて進んでいるかどうかを図る指標でもある。クラブは選手の環境整備と、地域に根ざしたクラブづくりという両輪をきっちりと回してきた。クラブが描くビジョンは今、一つずつ確実に示されている。

 少しずつ少しずつ、地盤を固めてきた。そうやって「選手の質」と「クラブの質」を追求し続ける彼らは、この新コート設立をきっかけに、また一歩、“長く愛されるクラブ”へと、確かな歩みを進めていくことだろう。

<関連リンク>
SUMIDA FUTSAL ARENA Powered by FUGADOR SUMIDA
8月中のレンタールコート(2時間以上)の利用でメンバー登録料(通常10,000)が無料になるオープニングキャンペーンを実施中。

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事