2016.09.21 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

湘南の新守護神ファビオ・フィウーザは救世主になれるのか? ゴレイロ経験者のライターがデビュー戦を読み解く。

写真:本田好伸

地球の裏側からやってきたゴレイロは、湘南ベルマーレの救世主になるのか? Fリーグの小田原セントラルで湘南の新戦力ファビオ・フィウーザが日本デビューを果たした。ペスカドーラ町田との境川決戦で見せたフィウーザのパフォーマンスは、どのようなものだったのか。競技フットサルでのゴレイロ経験を持つライターが、そのプレーを読み解く。
(文・福田悠)

フィウーザから漂う“本物”のオーラ

 試合後、記者会見場に姿を見せた湘南・横澤直樹監督は、「決定機が4つあったが、それを生かしきれなかった」と悔しさを滲ませた。この日の湘南は前半9分にロドリゴのロングシュートで先制したものの、その後は再三のチャンスを決めきれず。逆にオウンゴールとフリーキックで逆転を許し、中断期間前最後の一戦を勝利で締め括ることはできなかった。

 決定力不足という課題が改めて浮き彫りとなった一方で、守備においては新外国人選手が期待に違わぬ活躍を披露。劣勢のなか再三の好セーブでチームを救い、存在感を示してみせた。ブラジル人ゴレイロ、ファビオ・ラファエル・フィウーザ・シルベイラだ。

hnd_8943

「日本で初めての試合だったので緊張していた。1ヶ月振りの試合だったので身体も重かったよ」

 ミックスゾーンに現れたフィウーザはそう試合を振り返った。その言葉通り、右足でのファーストタッチの際にはやや硬さも見られたが、直後の町田・室田祐希の意表を突いたロングシュートには背走しながら見事に対応。原辰介の右足から放たれた強烈なミドルシュートにも足で鋭く反応してペースを掴むと、その後は経験に裏打ちされた鋭い読みと185cmの長身を活かしたプレーで幾度となくチームを救ってみせた。

 圧巻だったのは前半開始1分20秒のシーンだ。町田は左45度でボールを持った室田が前を向き、右前に走り込んだ中井健介へラストパス。完全にフリーの状態になっており決まったかに見えたが、間一髪詰めてコースを消したフィウーザが中井のシュートを完璧にブロックしてみせた。“1点もの”のビッグセーブにどよめきが上がる。このブラジル人ゴレイロが紛れもない“本物”であることに誰もが気付いた瞬間だ。

 試合後、記者からフィウーザの印象について聞かれた町田のキャプテン金山友紀も、そのプレーぶりを称えた。

「前半始まってすぐの、室田からファーの中井に入れたボールへのポジショニングの修正の仕方など、大きな身体をうまく使っていて、ゴールにズッシリ構えるタイプのゴレイロかなと思います。イゴールとはまたタイプが違いますけど、すごく良いゴレイロだと感じました」(金山)

その後も左コーナーキックからの篠崎隆樹の左足シュートなど「あわや」というシーンで何度も好セーブを見せ、後半には森岡薫の強烈な第2PKもストップ。野球風に言えば「味方の援護がなく敗戦」となったが、湘南の新守護神はこの1試合で鮮烈な印象を残してみせた。

<次ページ>
これから解決しなければならない課題

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事