2016.09.12 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

森岡薫の2アシストで辛勝した町田。岡山孝介監督「湘南のDFにうまくはまってしまった」

写真:本田好伸

新加入の森岡薫がケガから復帰し、徐々にチームの調子が上向いていきた町田は“境川決戦”で湘南と対戦。先制を許したものの、17分に森岡が左サイドを突破すると、折り返しがDFに当たってオウンゴールで同点。後半、勢いを増す相手の攻撃を、ポストにも救われながら凌いでいくと、33分、左FKから中央の篠崎隆樹が豪快に突き刺して勝ち越しに成功。「内容をもっともっと高めていかないといけない」(金山友紀)と課題を残しつつも、接戦で勝ち点3をつかみ取った。
(文・本田好伸)

チャンスを決められなくて苦戦した

岡山孝介監督(ペスカドーラ町田)

——今日の試合を振り返って。

湘南のDFにうまくはまってしまい思うように攻撃できず、さらにチャンスも決められなくて苦戦してしまいました。DFはエラーもありますが、全体的にはここ数試合は良い状態にあります。不運な失点や、ここ3試合でオウンゴールも4点あります。そういう悪い雰囲気、流れがあったのですが、勝ったことでその流れを変えられるかもしれないので、中断期間も、しっかりと自分たちのフットサルを見つめ直して、再開したときに良いプレーができるようにしたいと思います。

hnd_8372

——名古屋セントラルから修正したことは?

名古屋でも、1試合目と2試合目では内容、問題点も違ったと思います。2試合目のほうが、集中して気持ちを出してプレーできていたので、その良いイメージをしっかり維持して、修正というか、そこをもう一度、強調してトレーニングしました。具体的にはDFどのタイミングでプレスを強めるのか、それがはまらなかったときにどうカバーするか。攻撃は、テンポ良くパスを回して、安全なコースのサポートをいかに取るのかという部分を少しやっていました。ただ攻撃はなかなか、今日の試合では、出すことができずにちょっと苦しんでしまいました。

<次ページ>
金山友紀コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事