2016.09.12 Mon

Written by EDGE編集部

Fリーグ

前半は低パフォーマンスながらも後半に爆発。大分・吉武茂郎監督「今シーズン初の連勝で、ちょっとホッとしている」

写真:本田好伸

今シーズン、いまだに連勝がない大分は浦安と対戦。プレーオフ進出に向けて、是が非でも勝ち星をつかみたい大分だったが、「前半はフットサルをしていなかったし、チームとしてやるべきことが何もできていなかった」(吉武茂郎監督)と低調なパフォーマンスで1-2で試合を折り返す。しかし後半は、ギアを入れ替えて打ち合いを演じると、4-4で迎えた34分に田村龍太郎のゴールで勝ち越し、最後は7-5で決着。吉武監督は、「中断前に勝てたことと、今シーズン初の連勝で、ちょっとホッとしている」と振り返った。
(文・本田好伸)

前半はフットサルをしていなかった

吉武茂郎監督(バサジィ大分)

——今日の試合を振り返って。

正直、前半はフットサルをしていなかったし、チームとしてやるべきことが何もできていなかったが、後半は選手が気持ちを入れ替えて、良いゲームをしてくれたと思います。うちの悪いところではありますが、後半のような試合を前半からやっていれば、もっと良いゲーム内容になっていたと思います。とりあえず、中断前に勝てたことと、今シーズン、初の連勝ということで、ちょっとホッとしています。

hnd_7268

——前節で勝利して、良い流れがあったが、難しい試合にしてしまったのは?

とにかく前半の入りが悪かったです。そこから、アグレッシブに前半からいこうと話していたが、それをできなかったことがゲームを苦しくしたと思います。後半、改めていろんな指示を出して、チームとして連動していましたし、攻守に動けるようになっていたなと。セントラルの湘南戦の良い雰囲気を前半に持って来れなかったのはあります。

<次ページ>
檜山昇吾コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事