2016.06.23 Thu

Written by EDGE編集部

全国大会

【夏高フットサル2016】8月16日、味の素スタジアムで高校フットサル最高峰の大会が今年も開催!

昨年度、大会史上初めて「フットサル部」である武相高校が優勝した夏高フットサル。夏のピッチで繰り広げられる「高校生フットサル最高峰の戦い」は、毎回多くのストーリーとニューヒーローを生み出す。今年は8月16日、味の素スタジアムで開催される。

natsukou - 643

 夏のピッチで、高校生たちが日本一を目指す——。「夏高フットサル」が今年も開催される。昨年度、夏高フットサル史上初めて「サッカー部」ではなく「フットサル部」として優勝したのが神奈川県の武相高校だった。

【夏の高校生フットサル2015】武相高等学校“フットサル部”が60チームの頂点に立つ!

 今年も昨年同様に味の素スタジアムで開催される。昨年からリニューアルされた大会には、高校だけでなく、クラブチームやサポート校など、さまざまなカテゴリーから参加チームが集まった。今年は、どのチームが頂点に立つのか。フットサルの未来を担う才能は現れるのか。

natsukou - 232

【夏高フットサル2016大会概要】
主催:夏高フットサル実行委員会
運営:株式会社ユーロプラスインターナショナル/footies!
日程:2016年8月16日(火)
場所:味の素スタジアム(東京都調布市)
参加対象:高校生および18歳以下のクラブチーム
参加費:15000円/1チーム
申込開始:6月末~7月初旬
お問合せ:[email protected]

IMG_2951

昨年度の大会で活躍し、昨年度MVPの武相高校フットサル部・中田秀人(現フウガドールすみだバッファローズ)、優秀選手に選出された松山尚輝(佐倉東高校)に話を聞いた。2人は共にMVPと優秀選手に与えられた特典で春にスペインへの短期留学を果たしている。

中田秀人
元武相高校フットサル部キャプテン、現フウガドールすみだバッファローズ所属。ポジションはアラ。夏高フットサル2015MVP。

松山尚輝
佐倉東高校フットサル部キャプテン。夏高フットサル2015優秀選手。

——夏高フットサル2015の印象は?

中田 雨で濡れたピッチの中、サッカーチームや、フットサルチームなどいろいろならタイプのチームとの試合でどの試合もとてもタフな試合でした。

松山 昨年初めて大会に参加したのですが、イベントが多く楽しかったです。試合にもいい雰囲気で臨めました。

——昨年度のチャンピオンチームとして考える優勝の要因は?

中田 試合時間が短いのでいつも以上に先制点を取ること与えないことを意識して試合に臨めたことが大きかったと思います。

——昨年度の大会で感じた課題は?

松山 技術的にはやれる印象でしたが、シュートまで上手く持っていくことができていませんでした。

——MVP特典でスペインに短期留学した際に感じたスペインと日本のフットサルの違いは?

中田 ワンタッチ、ツータッチでのパスとオフザボールのフーリランニングの質がとても高かったです。あとなによりゴールを取ることに対しての意識がとても高かったです。

松山 技術やフィジカルなど違いは多くありました。一番違いを感じたことは練習の雰囲気です。とても参加しやすく内容もよかったです。

——スペイン留学を経験して変わったことは?

中田 技術的にも色々と変わったところはありましたが、一番変わったことはゴールを奪うこと、奪われないことというシンプルなところと球際を強くいく意識をするようになりました。

松山 スペインに行ってから練習や試合を常に楽しむようになりました。スペインでは言葉はわかりませんでしたが、とても楽しんで練習していることがわかりました。きつい練習や厳しい場面でも辛いと思わずに乗り越えながら頑張れるようになりました。

——今年の大会に臨む高校生たちにメッセージを。

中田 難しい試合ばかりだと思いますが優勝するにはチーム一丸となって戦うことが大切なのでチーム一丸となって頑張ってください! 

松山 結果だけにこだわらず仲間と楽しんで、良い雰囲気で試合に臨めるように頑張ってください。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事