2016.06.22 Wed

Written by EDGE編集部

Fリーグ

「良い時間帯でゴールを奪えていたら……」(米川正夫監督)と、対大阪で4連敗を喫した浦安。

写真:本田好伸

開始早々の失点から、一時は同点に追い付いたものの、14分までに4-1と突き放されたことで、完全に主導権を明け渡した浦安。後半に入って、主導権を取り戻したかに思えたが、良い時間帯でのゴールを奪うことができず、逆にリードを広げられたことで、終わってみれば4-6で試合を落とした。Fリーグ始まって以来、初の開幕戦の黒星であり、昨シーズンに3戦3敗した大阪に対しては4連敗と、手痛い一戦となった。
(文・本田好伸)

最初の失点でうちのリズムを出せなかった

米川正夫監督(バルドラール浦安)

——今日の試合を振り返って。

開幕に向けて、自分たちがやろうとしていることと相手の対策など、準備はしてきました。プレマッチではマンツ—マンでマークしてきていたので、長い距離を走っていこうと考えていました。こちらの点が入った時間くらいから、間を使ってワンツーであったり、ピヴォを使った攻撃などもできていたと思います。ただ前半で失点が重なってしまいました。相手のピヴォにボールが入ったときに妨害したり、3人目の選手に対してもう少し早く反応して戻れていれば防げたのかなと思います。そこの精度を上げていきたいと思います。相手は個人で持てる選手も多く、自分たちが守る時間が多くなることはイメージ通りでしたが、対応し切れないままゲームが終わってしまいました。自分たちがやりたいことができたシーンもありましたし、今年は奪われてもボールを即座に取り返すことにこだわっているので、そこはできたと思います。また来週に向けて良い準備をしていきたいと思います。

——ゴールシーンは、前線で高い位置のプレスからの得点でしたが、それを増やせなかった要因はどこでしょうか?

高い位置からのプレスは40分間ずっとできるとは思っていなかったですし、どのタイミングで、どういうふうにプレスのラインを変えるのかは、開始前にはある程度考えていました。最初の10分弱は高い位置からいき、その後は少し引いていこうと。その最初の段階で得点を先に取れれば良い流れが出てきたと思いますが、最初に失点をしてしまったので、うちのリズムを出せなかったのかなと感じています。

——大阪は優勝候補にも名前が挙がっていますが、対戦してみていかがでしたか?

新しい選手も入り、去年とは違うこともしていると思いますし、まだ成熟していない部分はあるかなと思います。それでも、一人ひとりのタレントは日本代表クラスのものがありますし、そこにアルトゥールが戻ってくれば、大いに上位を狙う力はあると感じました。とは言え、4-2の場面で、後半の8分間くらいはうちが押し込んでいましたし、そこで得点を取れれば……。実際には、そこでゴールを奪えずに失点して、パワープレーを始めました。パワープレーでは良いいい形作れていたので、同点、そして逆転もありえるなと感じていました。

<次ページ>
藤原潤コメント

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事