コラム

5月4日(土)、元インテル・モビスターU-13監督による“無料”のトレーニングメニュー構築講習会が開催決定!

2019.04.04 Thu

5月4日(土・祝)、スペインのインテルモビスターやリーバスの育成監督として、スペインで全国優勝の実績をもつ、ホセレ・ゴンザレス氏による「スペイン・フットサルトレーニングメニュー構築プログラム」(認定書付き)が開催される。フットサル世界最強国のスペイン。その中でも育成に定評のある名門クラブで指導者として活躍したホセレ氏がスペインの育成の基礎を伝授する。主催者・一般社団法人国際サッカーコーチング&マネジメント認証機構(IFCO)の普及イベントとして、講習会の参加費は「無料」となっている。

▶︎ 続きを読む
コラム

第4回COPA Futsal EDGE優勝は「BRINCAR FC」! ジュニアの強豪30チームの頂点に立つ。

2019.03.25 Mon

3月21日に開催された第4回COPA Futsal EDGE。決勝戦は昨年優勝チームのmalva fcとバーモントカップの常連でもあるBRINCAR FCという組み合わせとなった。白熱した試合を制したBRINCAR FCが2-1で勝利して4回目にして初優勝。イタリアで行われる国際大会「モンテシルヴァーノカップ」への参加権とイタリアへの航空券を獲得した。

▶︎ 続きを読む
インタビュー

「切り替えを制するものがゲームを制する」。フウガドールすみだ・須賀雄大監督が明かす、真のキリカエ0秒論。

2019.03.25 Mon

Fリーグ・フウガドールすみだの須賀雄大監督が「SUGA FUTSAL ACADEMY Supported by FutsalEDGE」を開講する。指導経験ゼロから監督を始め、膨大な数のトライ&エラーを繰り返しながら、チームとともに成長してきた須賀監督。フウガの代名詞でもある“キリカエ0秒”は、どのようにして生まれたのか。チーム戦術へ落とし込むためには何が必要なのか。Fリーグ参入後も研鑽を積み、常に新しいことにチャレンジしてきた須賀監督流の指導メソッドとは。 (取材・文 福田悠)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】あとがきにかえて。「10年前と10年後の彼らが、“今”を生きる僕たちに教えてくれたもの」

2019.03.22 Fri

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Afterword FUGA MEGUROは10年前、「PUMA CUP 2009 第14回全日本フットサル選手権大会」を制して日本一に輝いた。決勝トーナメントでFリーグの上位3クラブを破ったその戦いぶりはまさに伝説的であり、会場で目撃した人や、映像やニュースで知った多くの人の心を動かした。10年後、「FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか」を紐解くために、今もFリーグで戦う当事者7人に話を聞いた。筆者自身、メディアの一人として心を動かされたその出来事を回顧する中で、一つの思いが込み上げてきた。シリーズ連載企画のあとがきにかえて、あの時代のフウガが示した、真の価値に触れてみようと思う。(文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】10年後の名古屋のキャプテン。「あの大会から、自分を含めた物語が始まった」(星龍太)

2019.03.21 Thu

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 7 出会いこそが、人生を変えるすべてかもしれない。あのチームと出会い、あの大会と出会い、一人の男の人生は大きく動き始めた。名古屋オーシャンズのキャプテン・星龍太。2009年優勝当時の出場メンバーだが、その半年前にはまだ競技フットサルを始めていなかった。フウガと出会い、全日本選手権に出場して、日本一になって、龍太は進むべき道を決めた。物事をあえて逆から考えるならば、「史上最高の下克上がどうして起きたのか」ではなく、「史上最高の下克上が起きたから」こそ、10年後の物語へつながってきたのだ。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】奇跡のチームのその後のストーリー。「ただの通過点」(須賀雄大監督)と「達成感」(金川武司)

2019.03.20 Wed

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 6 日本一になったFUGA MEGUROはその後、Fリーグ移籍か引退など、半数以上の選手が退団した。そこからまた強いチームを作ることは簡単ではないはずだ。しかし彼らは、地域王者を決める地域チャンピオンズリーグで前人未到の5連覇を達成するなど、フウガ・イズムを継承しながら強さを維持し続け、2014シーズンから満を辞してFリーグに参入した。全日本選手権大会で優勝した瞬間の感情を、須賀雄大監督は「通過点」、金川武司は「到達点」と言った。まるで正反対のようだが、2人は今も、このクラブの未来を描き続けている。フウガを象徴する彼らは、あの時からどのように針を進めてきたのか。2009年、10年前の彼らの「成功体験」は、2019年、10年後の今に、確実につながっている──。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
コラム

日本ソサイチ連盟が6月のスペイン遠征メンバーのセレクションを東海・関東で4月20日、21日に開催。

2019.03.20 Wed

7人制サッカー、ソサイチの普及に取り組む一般社団法人日本ソサイチ連盟は、選抜チームを結成し2019年6月にスペイン遠征を実施する。選抜チームを結成するにあたり、4月20日(土)に東海エリアで、4月21日(日)に関東エリアでそれぞれセレクションを開催する。

▶︎ 続きを読む
コラム

【石川から世界へ!】スペイン最大級の国際大会へ挑戦!石川県U15フットサルセレクション開催!

2019.03.20 Wed

スペイン最大級のフットサル国際大会に出場するためのセレクション「Costa Blanca Futsal Cup 2019 石川県U15選抜セレクション」が4月21日(日)に松任青少年体育館で行われる。

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】狂犬と呼ばれていたあの頃。「頭の中の理性と野生が共存していた」(星翔太)

2019.03.20 Wed

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 5 荒々しいプレースタイルで「狂犬」と呼ばれた星翔太は、太見寿人と並んで、あの時代のフウガの攻撃の象徴だった。全日本選手権大会後、鳴り物入りでバルドラール浦安へ移籍して、スペインで2年間プレーして経験値を積んで復帰してからは、浦安の、日本フットサルの顔役となっていった。そんな翔太は2018シーズン、名古屋オーシャンズへ電撃移籍。今年、10年ぶりに日本一のタイトルを手にした。緩急剛柔。今の彼は、どんな場面にも柔軟に対応できる選手だが、それは単純にキャリアで積み重ねたものではない。狂犬と呼ばれたあの頃から、実に理性的な選手だった。フウガという稀有なチームにいたからこそ、星翔太の今がある。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】勝ち越し弾、決勝弾を奪った男。「ヒューマンパワーにあふれたフウガが果たした役割」(荒牧太郎)

2019.03.18 Mon

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 4 フットサルを始めて1年足らず。フウガとしての公式戦出場は数えるほどしかなかった。そんな荒牧太郎は、全日本選手権大会決勝の大一番で、最高の仕事をやってのけた。序盤で奪った勝ち越し弾、終盤に奪った決勝弾。この2つの大きな結果を残して、大会MIPに輝いた。あれから10年。荒牧は今、誰よりも日本フットサルの発展を願う選手の一人となった。彼の中で、選手権優勝とは、フットサルで生きると決断する決定打だったのだろう。日本最高峰の舞台で見せたフウガのヒューマンパワー。荒牧がフットサルに情熱を注ぐきっかけとなったのは、このクラブにしかない人間力だった──。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/page_articles.php on line 50 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/page_articles.php on line 50