インタビュー

全日本で3度女王に輝いたアルコがユニアオに6点快勝。小屋幸栄監督「ストロングポイントは球際とトランディション」

2016.10.19 Wed

「日本女子フットサルリーグ2016プレ大会」開幕節の3試合目は、東海リーグに所属するFutsal Clube UNIAO Ladiesと、関西リーグに所属するarco−iris KOBEが対戦。アルコイリスは2011年、13年、14年と全日本女子フットサル選手権を制した国内でトップレベルに位置するチームだけに、結成から4年のユニアオが挑むという構図になった。アルコイリスは3分に、相手のフィクソの位置でのミスを見逃さずに先制すると、ペースをつかんで前半で6得点。後半は無得点に終わったものの、終始、強度の高いプレスで主導権を握り、順当に勝利を収めた。一方のユニアオは、臆することなく果敢に自陣からのプレス回避にチャレンジし続けたが、最後まで決定的な打開策を見出すことはできなかった。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

平均年齢16歳。若きスター選手がそろう丸岡RUCKが浦安に完封勝利。田中悦博監督「長年やってきた成果が出た」

2016.10.18 Tue

「日本女子フットサルリーグ2016プレ大会」開幕節の2試合目は、関東リーグに所属するバルドラール浦安ラス・ボニータスと、福井を拠点としながら、昨年までは東海リーグで戦い、今シーズンから北信越リーグに所属する福井丸岡RUCK。ともに全日本女子フットサル大会で準優勝経験を持つ強豪であり、注目の一戦となった。丸岡は、ベンチ入りメンバーの平均年齢16歳であり、北川夏奈、高尾茜利といった若き女子代表選手を中心に試合のペースをつかむと、前後半1点ずつを奪い、きっちりとチームカラーを出しながら勝利をつかんだ。対する浦安も数多くの決定機をつくったものの、チャンスを決め切れないまま無得点で開幕戦で敗戦を喫した。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

記念すべき開幕戦。勝利したのは元・湘南の小野直樹監督が率いるSAICOLO「開幕戦に相応しいゲームを目指した」

2016.10.17 Mon

フットサル日本女子代表の強化を第一の目的に据えた、「日本女子フットサルリーグ2016プレ大会」が10月9日、ゼビオアリーナ仙台で開幕。今年度は参加6チームによる1回戦総当たりで17年1月まで開催される。その記念すべき開幕ゲームは、関東リーグに所属する埼玉県のチーム「SAICOLO」と、東京都1部リーグに所属する「府中アスレティックFCプリメイラ」。代表経験者や元Lリーガーなど技術の高い選手を多数擁すSAICOLOは、元・湘南の監督でもある小野直樹監督の下で戦術的要素が加わったことで、その強さが増している。この日も後半途中まで相手を圧倒し、3-0とリード。一方の府中も試合を通じて高い守備意識を示し、相手がリズムを崩した隙を逃さす、2点を追い上げるなど健闘したが、最後は、実力に勝るSAICOLOが3-2で逃げ切り、開幕ゲームをモノにした。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

将来的に全国リーグ発足へ。女子代表の強化を見据えた女子リーグプレ大会が10月9日に仙台で開幕!

2016.09.12 Mon

将来的に全国リーグ発足を見据えた、日本女子フットサルリーグ2016プレ大会が10月9日に始まる。記念すべき開幕を前に、9月4日、日本フットサル連盟が会見を行い、同連盟の小倉純二会長と、プレ大会に出場する6チームの代表者が出席した。このプレ大会は、2015年の第1回AFC女子フットサル選手権で、優勝を期待された女子代表が準優勝に終わったことに端を発し、代表強化を目的とする。世界的に、フットサルの男女のリーグ戦、大会の整備も急務とされている背景もある。プレ大会は6チームが参加し、セントラル方式での1回戦総当たりで実施され、来年度以降のアジア大会なども見据えて、今後のスケジュールが検討される。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
女子

元バルドラール浦安ラス・ボニータスの和泉沙季がスペイン女子フットサル1部C.D.Leganes FSと契約!

2016.09.02 Fri

今シーズン途中までバルドラール浦安ラスボニータスに所属し、フットサル女子日本代表候補経験を持つ和泉沙季が、スペイン女子フットサル1部リーグのC.D.Leganes FSと正式契約を果たした。昨シーズンクラブ史上初の1部リーグ昇格を決めたチームで、日本人選手との契約はクラブ史上初となる。

▶︎ 続きを読む
コラム

6チームが参戦。全国規模の日本女子フットサルリーグ発足へ。

提供: PANNA Futsal

2016.07.29 Fri

Fリーグの女子版となる「日本女子フットサルリーグ」のプレ大会が開催されることが発表された。参加チームはSAICOLO(関東/埼玉県)、府中アスレティックFCプリメイラ、バルドラール浦安ラス・ボニータス、丸岡RUCKレディース、Futsal Clube UNIAO Ladies、arco-iris KOBEの6チーム。プレ大会は秋に開幕し、1回戦総当たりで行われる。

▶︎ 続きを読む
コラム

試合会場での待ち伏せ、SNSでの迷惑行為、脱ぎ忘れたジャージの撮影……。「応援の定義」とは?

提供: PANNA Futsal

2016.06.27 Mon

関東女子リーグでは試合会場での写真・動画の撮影や公開について、一定のルールが設けられることになった。望遠レンズでの撮影、インターネット上での配信、SNSでのタグ付け……これらの行為が原則禁止される。フットサルは選手とファンの距離の近さが1つの魅力だったが、その境界線を踏み越える行為があったことが原因だという。改めてフットサルにおける「応援の定義」を考える。(文・海野伸明/PANNA FUTSAL)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

“よく泣く女の子”から“フットサル女子日本代表のエース”へ。吉林千景を変えた3つのターニングポイント。

2016.03.07 Mon

2015年9月に行われた、AFC女子フットサル選手権。フットサル女子日本代表は準優勝を果たし、吉林千景は最多得点者(7点)に選ばれた。日本女子フットサル界のエースとして輝く、吉林が歩んできた道。そしてこれからの目標とは――。(文・鈴木智之/フットボールエッジ編集長)

▶︎ 続きを読む
女子

【女子フットサルの現状/日本代表編】アジアではトップクラス、世界ではベスト4の壁に阻まれる

提供: PANNA Futsal

2016.02.23 Tue

アジアインドアゲームスで3連覇し、「アジア女王」の座に君臨していたフットサル女子日本代表。だが昨年行われたAFC女子フットサル選手権の決勝で、日本はイランに敗れてアジアで2位になった。では、アジアのライバルと比較して日本の強化体制はどうだったのか、世界の上位国の状況はどうなのか。アジアの中での日本、世界の中での日本を考察する。(文・海野伸明/PANNA FUTSAL)

▶︎ 続きを読む
女子

【女子フットサルの現状/国内リーグ編】県リーグは普及のための入口、地域リーグは強化の場所として

提供: PANNA Futsal

2016.02.22 Mon

2月19〜21日に愛知県で「地域女子チャンピオンズリーグ」が開催され、丸岡RUCKレディースの優勝で幕を閉じた。今大会には6地域8チームによって行われた。参加していない地域があるように、女子は全国的に地域リーグが整っているわけではない。女子フットサルの国内における現状をまとめると共に、どうすればより良くなっていくかを考察していく。(文・海野伸明/PANNA FUTSAL)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49