コラム

女子フットサル界の“レジェンド守護神”本多さかえ氏が、デフフットサル女子日本代表のコーチに就任!

2017.08.01 Tue

元女子フットサル日本代表GKの本多さかえ氏が、デフフットサル女子日本代表のコーチに就任することが発表された。2019年に開催されるデフフットサルW杯でメダルを目指すチームに、豊富な経験と熱い気持ちを注入することが期待される。

▶︎ 続きを読む
女子

エース吉林が復帰、福井丸岡RUCKから最多4名選出!女子フットサル代表候補メンバーを発表

2016.12.16 Fri

第2回AFC女子選手権(2017年2月開催予定)で王座を狙うフットサル日本女子代表は、12月21日〜23日に神奈川県内でトレーニングキャンプを行なう。その参加メンバー18名が発表された。

▶︎ 続きを読む
コラム

“女子フットサル界のレジェンド”本多さかえが引退を発表。「やっと決断をすることが出来た」

2016.12.13 Tue

バルドラール浦安ラス・ボニータスに所属するGK本多さかえが、今シーズン限りでの現役引退を発表した。本多は2004年に全日本女子フットサル選手権の第1回大会で優勝、フットサル女子日本代表の結成時から守護神として活躍してきた“女子フットサル界のレジェンド”。約20年のフットサル選手としてのキャリアにピリオドを打つことになった。

▶︎ 続きを読む
女子

2015デフW杯スペイン撃破の立役者! デフフットサル女子日本代表監督に山本典城が再就任

2016.12.06 Tue

日本ろう者サッカー協会(JDFA)は、現在、バルドラール浦安ラス・ボニータス(日本女子フットサルリーグ、関東フットサルリーグ所属)監督の山本典城氏が、デフフットサル女子日本代表監督に再就任することを発表した。

▶︎ 続きを読む
女子

新生・女子フットサル代表候補メンバーを発表! 伊藤雅範新監督の下で7日から初合宿がスタート

2016.12.01 Thu

2017年2月に予定される第2回AFC女子選手権で王座を狙うフットサル日本女子代表の候補メンバー18名が発表された。3月に就任した伊藤雅範監督が指揮を執る初めてのトレーニングキャンプが、7日から9日の3日間、神奈川県内で行われる。初選出8名を含む新しい顔ぶれで、アジア頂点に向けた活動がいよいよスタートしていく。(文·本田好伸)

▶︎ 続きを読む
全国大会

強烈な印象を残した最強・兵庫勢。第13回全日本女子フットサル選手権大会、総括

提供: PANNA Futsal

2016.11.15 Tue

今大会はまさに最強兵庫を強烈に印象付ける大会となった。昨年までは兵庫県から関西大会への出場枠は”1”しかなかったが、関西の枠が拡大された事もあり、昨年初優勝を果たしたSWH Ladies Futsal Club、3回の優勝経験を誇るarco-iris KOBEが共に関西大会を突破し、全国大会へ出場する事となった。「兵庫県の決勝は大会の一番の難関。全国の決勝より厳しい戦いを勝ち抜かないと全国には出場できない。2チーム出場できるなら全日本決勝で戦いたい」、そう語っていた両チームは、すぐにそれを実現させた。プレースタイルが違うからこそ両チームはライバルと認め、お互いをリスペクトし切磋琢磨する事でレベルアップをしてきた。全日本女子フットサル選手権初の同一都道府県対決はarco-iris KOBEが制し、2年ぶり4回目の優勝を決め、兵庫県勢の優勝は4年連続5回目となった。

▶︎ 続きを読む
インタビュー

3点リードを追い上げられたアルコが、浦安に辛勝。アルコ・小屋幸栄監督「もっと強くなれる」

2016.10.26 Wed

初戦の福井丸岡RUCKを落とし、優勝するためには絶対に負けることはできないバルドラール浦安ラス・ボニータスと、初戦をきっちりと勝利で飾ったarco−iris KOBEの一戦。パワーとスピードに勝るアルコイリスが幸先良く2点を先行すると、後半早々にも1点を加えて逃げ切るかと思われたが、28分に四井沙樹、34分にPKから田中千尋が決めて浦安が1点差に。最後まで目の離せない接戦となったが、「最後のところで決め切る力がなかった」(山本典城監督)浦安が追い付くことはできず、試合は2-3でタイムアップ。浦安は2連敗、アルコイリスは順当に2連勝を収めた。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

後半猛追も浦安が2連敗。浦安・山本典城監督「最後のところで決め切る力がなかったことは今後の課題」

2016.10.26 Wed

10月10日(日)に行われた『日本女子フットサルリーグ2016プレ大会』第2節、バルドラール浦安ラス・ボニータス対arco−iris KOBE。初戦の福井丸岡RUCK戦を落とし、連敗は避けたいバルドラール浦安ラス・ボニータスだったが、試合開始早々からアルコイリスに2得点を許す苦しい展開に。後半終盤に浦安は、四井の得点と田中のPK得点などで猛追したもののあと一歩及ばず。トータルスコア3-2でarco−iris KOBEが勝利した。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

全日本で3度女王に輝いたアルコがユニアオに6点快勝。小屋幸栄監督「ストロングポイントは球際とトランディション」

2016.10.19 Wed

「日本女子フットサルリーグ2016プレ大会」開幕節の3試合目は、東海リーグに所属するFutsal Clube UNIAO Ladiesと、関西リーグに所属するarco−iris KOBEが対戦。アルコイリスは2011年、13年、14年と全日本女子フットサル選手権を制した国内でトップレベルに位置するチームだけに、結成から4年のユニアオが挑むという構図になった。アルコイリスは3分に、相手のフィクソの位置でのミスを見逃さずに先制すると、ペースをつかんで前半で6得点。後半は無得点に終わったものの、終始、強度の高いプレスで主導権を握り、順当に勝利を収めた。一方のユニアオは、臆することなく果敢に自陣からのプレス回避にチャレンジし続けたが、最後まで決定的な打開策を見出すことはできなかった。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

平均年齢16歳。若きスター選手がそろう丸岡RUCKが浦安に完封勝利。田中悦博監督「長年やってきた成果が出た」

2016.10.18 Tue

「日本女子フットサルリーグ2016プレ大会」開幕節の2試合目は、関東リーグに所属するバルドラール浦安ラス・ボニータスと、福井を拠点としながら、昨年までは東海リーグで戦い、今シーズンから北信越リーグに所属する福井丸岡RUCK。ともに全日本女子フットサル大会で準優勝経験を持つ強豪であり、注目の一戦となった。丸岡は、ベンチ入りメンバーの平均年齢16歳であり、北川夏奈、高尾茜利といった若き女子代表選手を中心に試合のペースをつかむと、前後半1点ずつを奪い、きっちりとチームカラーを出しながら勝利をつかんだ。対する浦安も数多くの決定機をつくったものの、チャンスを決め切れないまま無得点で開幕戦で敗戦を喫した。(文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む