Fリーグ

【伝説の証言者】スタンドで涙を流した男。「出られない悔しさがなかったのはあれが最初で最後だった」(渡邉知晃)

2019.03.17 Sun

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 3 渡邉知晃は、日本フットサルを代表するスコアラーの一人だ。Fリーグで45得点を挙げて歴代最多記録を樹立した2017シーズンはもちろんのこと、ステラミーゴいわて花巻、名古屋オーシャンズ、立川・府中アスレティックFC、それに国外クラブでも、常に得点という結果でその力を示してきた。全日本選手権大会で日本一になったシーズンも、関東リーグで得点ランク2位のゴールを記録していた。しかし、名古屋との決勝でメンバーに選ばれず、スタンドで歓喜の瞬間を迎えた。あの時、どんな感情があったのか。渡邉が語った言葉には、あの時代のフウガの紛れもない一つの価値が示されていた。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】決勝の出場時間はゼロ秒。「あの試合がなければFリーグを目指していないかもしれない」(深津孝祐)

2019.03.16 Sat

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 2 2019年2月28日、バルドラール浦安の深津孝祐は、クラブのHPを通して今シーズン限りでの現役引退を発表した。3月8日、彼の最後の試合は、全日本選手権大会準々決勝の名古屋オーシャンズ戦となった。10年前の2009年3月15日、奇しくも深津は、選手権決勝で名古屋と戦っていた。しかし、ベンチ入りしながらも出場時間はゼロ秒。大会を通してみても、彼の出番はほとんどなかった。もちろん深津は、まだ若く、経験値も少なかった。しかし、10年という歳月を経て見えてきた真実がある。「深津が決勝に出られなかった」ことの意味とは何か。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】フウガ・イズムの生みの親と伝道師。「奇跡のチームはこうして生まれた」(須賀雄大監督&金川武司)

2019.03.15 Fri

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 1 FUGA MEGUROは、乱暴に言ってしまえば幼馴染の仲良しメンバーで作ったサークルチームだった。小学校年代から、早い選手は幼稚園から一緒にボールを蹴り、遊び、すべてを語り合ってきた仲間が2000年、高校卒業前に結成した「ワンデー大会専用チーム」。遡れば、伝説はその時から始まっていたのかもしれない。須賀雄大と金川武司はもちろん、あの時も「監督と選手」という関係を超えてつながっていた。全日本選手権で優勝して日本一になる。それは今の彼らの言葉を聞いても、あの時だからこそできたこと、あの時にしかできなかったことなのだろう。いったい何が起きていたのか。それを紐解くキーワードは、彼らがみんなで築き上げた「フウガ・イズム」というスタイルに凝縮されているのかもしれない──。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
インタビュー

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実

2019.03.14 Thu

10年前、日本フットサルを震撼させた伝説のチーム「FUGA MEGURO」。彼らは「PUMA CUP 2009 第14回全日本フットサル選手権大会」で、Fリーグが開幕してから初めて地域のチームとして日本一に輝いた。決勝トーナメントでFリーグ上位3クラブを“3撃破”したその勝ち上がり方も伝説的だった。この先、もう二度と起こらないかもしれない「史上最高の下克上」はどうして起きたのか。当時の優勝メンバーで、今もなおFリーグで戦う当事者たちが、10年前の真実を語る。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

スペイン・ビッグ3へ挑戦する清水和也。「世界最高峰の選手たちと早く戦えるように」。

2018.07.23 Mon

フウガドールすみだ&日本代表の清水和也が、スペインリーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍することが発表された。エルポソはインテル・モビスター、FCバルセロナと並ぶ“スペイン・ビッグ3”の一つ。名門チームだけにBチームからのスタートとなるが、すみだでもサテライトからエースに駆け上がった清水は「世界最高峰の選手たちと戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と意気込む。(取材協力 ヒュンメル)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ開幕戦】優勝候補・福井丸岡RUCKが白星スタート。「ピヴォ当てを十二分に発揮できた」(田中監督)

2018.06.06 Wed

優勝候補の一角に数えられる福井丸岡RUCKは、昨季16-0で大勝したユニアオレディースと開幕戦を戦った。ユニアオの個人技に苦しめられたが、5-3で勝ち切った。田中悦弘監督は試合前に女子日本代表の木暮賢一郎監督から「日本代表を強くするためのリクエスト」があったことを明かした。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ開幕戦】0-16から3-5へ--。「手応えを感じた分、とても悔しい敗戦」(ユニアオ・齋藤監督)

2018.06.06 Wed

女子Fリーグ2018/19シーズンの開幕戦でユニアオレディースは丸岡RUCKに3-5で敗れ、黒星スタートとなった。ただ、昨季は0-16の大敗を喫した相手と接戦に持ち込んだことに、齋藤九監督と森本ゆうこキャプテンは口を揃えて「手応えを感じた」と語った。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】女王アルコはエース・江口の5ゴールで流経大に貫禄勝ち。「勝てたことが一番大きい」(神戸監督)

2018.06.06 Wed

チャンピオンチーム、アルコイリス神戸は開幕戦は今季から女子Fリーグに参入した流経大メニーナ竜ケ崎と開幕戦を戦った。前半は1点差ながらも、日本代表でもあるエース・江口未珂の5ゴールの大活躍もあって7-1と大勝。神戸洋平監督は「開幕戦なので、勝てたことが一番大きい」と安堵の表情を浮かべた。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】初のフットサル公式戦は1-7の大敗も……。「選手たちの可能性を感じた」(流経大・奈須監督)

2018.06.06 Wed

今年から女子Fリーグに参入が決まった流経大メニーナ竜ケ崎の初の公式戦。その相手は前年度女王のアルコイリス神戸だった。開幕戦は前半は1-2で折り返しながらも、後半に失点を重ねて1-7の大敗。だが、奈須隆康監督は「選手たちの可能性を感じたゲーム」と前向きにとらえた。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【女子Fリーグ】開幕戦で5ゴールのさいたまサイコロ。「どんな試合でもサイコロらしい攻撃をしようと」(小野監督)

2018.06.06 Wed

エスポラーダ北海道イルネーヴェとの開幕戦を5-1で勝利したさいたまサイコロ。新戦力も増え、チーム内での競争が激しく良い準備ができた。(堀田えり子)それでも試合ではまだまだ決めるべきところで決め切れなかったとしっかりと自分たちの課題を見据え、試合を振り返った。(取材・文 舞野隼大)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49