Fリーグ

【伝説の証言者】スタンドで涙を流した男。「出られない悔しさがなかったのはあれが最初で最後だった」(渡邉知晃)

2019.03.17 Sun

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 3 渡邉知晃は、日本フットサルを代表するスコアラーの一人だ。Fリーグで45得点を挙げて歴代最多記録を樹立した2017シーズンはもちろんのこと、ステラミーゴいわて花巻、名古屋オーシャンズ、立川・府中アスレティックFC、それに国外クラブでも、常に得点という結果でその力を示してきた。全日本選手権大会で日本一になったシーズンも、関東リーグで得点ランク2位のゴールを記録していた。しかし、名古屋との決勝でメンバーに選ばれず、スタンドで歓喜の瞬間を迎えた。あの時、どんな感情があったのか。渡邉が語った言葉には、あの時代のフウガの紛れもない一つの価値が示されていた。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】決勝の出場時間はゼロ秒。「あの試合がなければFリーグを目指していないかもしれない」(深津孝祐)

2019.03.16 Sat

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 2 2019年2月28日、バルドラール浦安の深津孝祐は、クラブのHPを通して今シーズン限りでの現役引退を発表した。3月8日、彼の最後の試合は、全日本選手権大会準々決勝の名古屋オーシャンズ戦となった。10年前の2009年3月15日、奇しくも深津は、選手権決勝で名古屋と戦っていた。しかし、ベンチ入りしながらも出場時間はゼロ秒。大会を通してみても、彼の出番はほとんどなかった。もちろん深津は、まだ若く、経験値も少なかった。しかし、10年という歳月を経て見えてきた真実がある。「深津が決勝に出られなかった」ことの意味とは何か。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【伝説の証言者】フウガ・イズムの生みの親と伝道師。「奇跡のチームはこうして生まれた」(須賀雄大監督&金川武司)

2019.03.15 Fri

【伝説の証言者】FUGA MEGUROはなぜ日本一になれたのか? 7人が明かす「史上最高の下克上」の真実 Witness 1 FUGA MEGUROは、乱暴に言ってしまえば幼馴染の仲良しメンバーで作ったサークルチームだった。小学校年代から、早い選手は幼稚園から一緒にボールを蹴り、遊び、すべてを語り合ってきた仲間が2000年、高校卒業前に結成した「ワンデー大会専用チーム」。遡れば、伝説はその時から始まっていたのかもしれない。須賀雄大と金川武司はもちろん、あの時も「監督と選手」という関係を超えてつながっていた。全日本選手権で優勝して日本一になる。それは今の彼らの言葉を聞いても、あの時だからこそできたこと、あの時にしかできなかったことなのだろう。いったい何が起きていたのか。それを紐解くキーワードは、彼らがみんなで築き上げた「フウガ・イズム」というスタイルに凝縮されているのかもしれない──。(取材・文・構成 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

苦しみの果てにたどり着いたV11。名古屋オーシャンズはなぜプレーオフで逆転優勝できたのか?

2019.03.13 Wed

レギュラーシーズン33試合を戦って、28勝5分0敗で勝点89。2位に23もの勝点差をつけて、リーグ1位となった名古屋オーシャンズ。プレーオフ決勝戦は、シュライカー大阪を相手に2試合を戦い、1勝1敗。得点は5-5で並んだが、リーグ戦上位が優勝となる大会規定により、2年連続11度目の優勝となった。(記事提供:ヒュンメル)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

プレーオフ準決勝の明暗を分けた「GK」の出来。大阪・檜山昇吾はなぜ立て直せたのか?

2019.02.21 Thu

2月16、17日にFリーグプレーオフ準決勝が行われ、シュライカー大阪が立川・府中アスレティックFCを下し決勝進出を決めた。2戦合計13-10(第1戦大阪11-4立川・府中、第2戦大阪2-6立川・府中)。第1戦の大阪の大量得点に目がいくが、大勝の要因はそれだけではない。勝利の裏には、今季加入した新守護神・檜山昇吾の確かな成長があった。(取材・文 福田悠)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

Fリーグ選抜が躍進したのは「必然」である。環境と立場がもたらした掛け算のレベルアップ。

2019.02.20 Wed

平均年齢21歳、他のチームで出番に恵まれない若手選手を集めてFリーグを戦う。「勝てるわけがない」「他のチームに失礼だ」。賛否両論があったFリーグ選抜だったが、終わってみれば12チーム中8位と期待を大きく上回る結果を出した。なぜ寄せ集め軍団がトップリーグで躍進できたのか。Fリーグ選抜の躍進は、日本のフットサル界にどんなメッセージを投げかけたのか。(文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

人気投票、おひねり、ライブ配信……。Fリーグに新風を吹き込むY.S.C.C横浜の企画力。

2018.12.14 Fri

今、日本のフットサル界で異彩を放っているチームがある。Y.S.C.C.横浜。2018シーズンから新設されたFリーグのデイビジョン2、通称F2に新規参入を果たした。12節を終えて首位に立つチームが掲げるのは「プログレッシブ(革新的)」。スローガンの通り、ピッチ内外で積極的な仕掛けを行って、ファンを楽しませている。(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【前半戦総括】12年目の新展開!オーシャンズとFリーグ選抜とロベカルと、それぞれのチームと。

2018.09.29 Sat

DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1はレギュラーシーズンの33試合中14試合を終えた。連覇に向けて首位を快走する名古屋オーシャンズはなぜ強いのか、上位5チームから3チームに出場枠が減少したプレーオフ進出争いはどうなっているのか、平均年齢20歳、あの“悪魔の左足”ロベルト・カルロスのスポット参戦でも話題を集めたFリーグ選抜はどんな戦いを見せているのか。激動のシーズン前半戦を振り返る。(取材・文 本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

発起人はAbemaTVのFリーグ解説者・北原亘。「スポーツを初めて観る人が本当に楽しめるか会議」とは?

2018.08.28 Tue

フットサル元日本代表の北原亘氏が発起人となった「スポーツを初めて観る人が本当に楽しめるか会議」というプロジェクトがスタートした。現役のサッカー選手やフットサル選手、ビジネスパーソンや大学生といった多彩な人材が、スポーツを初めて観る人を増やし、楽しんでもらうための様々な施策を行っていくという。今回、各チームに課されたのは「9月8日、9日にAbemaTVで放送されるFリーグの視聴者数を増やす」。この前代未聞のプロジェクトの具体的な内容を紹介していく。

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

スペイン・ビッグ3へ挑戦する清水和也。「世界最高峰の選手たちと早く戦えるように」。

2018.07.23 Mon

フウガドールすみだ&日本代表の清水和也が、スペインリーグのエルポソ・ムルシアFSへ移籍することが発表された。エルポソはインテル・モビスター、FCバルセロナと並ぶ“スペイン・ビッグ3”の一つ。名門チームだけにBチームからのスタートとなるが、すみだでもサテライトからエースに駆け上がった清水は「世界最高峰の選手たちと戦えるように、圧倒的な結果を残したい」と意気込む。(取材協力 ヒュンメル)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49