コラム

なぜ木暮賢一郎は「ボランチ講習会」をやったのか? 「日本ではボランチの本質的なところが理解されていない」

2019.11.07 Thu

2016-17シーズン、名古屋オーシャンズ以外で初めてFリーグ優勝チームとなったシュライカー大阪。木暮賢一郎監督が率いたチームで重要な鍵を握っていたのが「ボランチ」と呼ばれる戦術だった。 日本一のチームが採用したことでボランチを取り入れるチームは増えていく。SNSでは試合の映像を動きを切り取って解説する動画も出回った。 ただ、木暮監督によれば「日本でボランチを正しく理解できている人は多くない」という。それゆえに「何となくコピーしてしまうと、うまくいかないし、チームのためにもならない」と危機感を抱いている。 日本フットサルが世界の強豪国に追いつき、追い越すためには、トップカテゴリーのみならず、すべての指導者がレベルアップしていく必要がある。 今回の講習会ではそうした木暮監督の思いから「ボランチ」という一つの戦術について、メカニズムから、動きのバリエーション、具体的なトレーニングまでを掘り下げている。

▶︎ 続きを読む
コラム

大好評だった全6回の集中型フットサル指導者講習会「木暮賢一郎フットサルアカデミー」の再配信が決定!

2019.11.01 Fri

木暮賢一郎氏による集中型フットサル指導者講習会「KOGURE FUTSAL ACADEMY」。 プレーモデル構築、トレーニング設計、個人戦術、グループ戦術、システム攻撃、守備、攻守におけるトランジション、セットプレー、パワープレー、タイムアウト。 全6回でまさしくフットサルの“全て”を学べる、究極のオンライン講習会が11月1日から3カ月間限定で再配信される! PC、スマホ、タブレットで閲覧可能。どこにいても、好きな時に、何度でも、木暮監督の講義を受けることができる。 フットサルをイチから学びたい。指導者ライセンスがないから講習会を受けられない。地方にいて情報になかなか触れるチャンスがない。 そんな人はぜひ「KOGURE FUTSAL ACADEMY」を通じてアップデートしてほしい。

▶︎ 続きを読む
コラム

サッカー界でも大注目の最先端戦術「ボランチ」を徹底解説!木暮賢一郎監督によるフットサル指導者講習会が9月1日(日)に開催!

2019.08.01 Thu

9月1日(日)、木暮賢一郎監督による指導者講習会が開催される。今回のテーマはフットサルの最先端戦術である「ボランチ」。シュライカー大阪や女子日本代表で木暮監督が「ボランチ」を活用して結果を出したことで、競技フットサルの世界では多くのチームが導入にチャレンジしている。日本における「ボランチ」の第一人者が、正しい動き方、プレス回避やフィニッシュのデザイン、トレーニングの落とし込み方を映像を交えて解説する。最高峰の指導者から、最先端の戦術を学び、フットサル理論をアップデートしてほしい。

▶︎ 続きを読む
コラム

COPA Futsal EDGE優勝チームのブリンカールFCが国際大会「イタリア・モンテシルヴァーノカップ」で世界4位に!

2019.07.12 Fri

2019年3月21日に開催された第4回COPA Futsal EDGE。30チームの頂点に立ったBRINCAR FCと、優秀選手によって構成されたCOPA Futsal EDGE選抜が、イタリアで開催されるモンテシルヴァーノカップU-13へ参加した。

▶︎ 続きを読む
コラム

60年以上の歴史を持つ、最強の赤白軍団「龍谷キッカーズ」とは?

2019.05.31 Fri

「龍谷キッカーズ」は龍谷大学を拠点とするサッカーサークル。設立が1957年と関西のサッカーサークル界でも有数の歴史を誇り、100人以上がを所属する巨大組織である。さらに実力もトップクラスにある。最強の赤城軍団はどのように創られ、受け継がれてきたのか。

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

2020年フットサルW杯出場を目指して……。湘南ベルマーレの大徳政博がフットサルセリエAのレッジョ・エミリアと契約!

2019.05.25 Sat

昨シーズンまでFリーグ・ディビジョン1の湘南ベルマーレでプレーしていた大徳政博が、イタリアフットサルセリエA2のレッジョ・エミリアへ加入することになった。来年に迫ったフットサルW杯出場を目指す大徳は、海外リーグで実力をアピールし、逆転での日本代表入りを目指す。

▶︎ 続きを読む
コラム

【SUGA FUTSAL ACADEMY第3回レポート】「カウンターは“速くプレーすること”が正解とは限らない」

2019.05.20 Mon

全5回で“フウガ・メソッド”のすべてを学ぶ、フウガドールすみだ・須賀雄大監督の「SUGA FUTSAL ACADEMY Supported by FutsalEDGE」。その第3回が4月24日(水)に開催された。今回のテーマはすみだの真骨頂ともいえる「カウンター」だ。昨シーズンの全得点のうち、実に35%がカウンターから生まれたというすみだ。実際に公式戦で使っているありのままのカウンター戦術が詳細に、贅沢に解説された。 (取材・文 福田悠)

▶︎ 続きを読む
コラム

歴史ある龍谷大学で設立3年で最大規模まで成長したサークル「Möbius」とは?

2019.05.20 Mon

関西同好会サッカーが盛んな龍谷大学にはいくつものサークルが存在する。そんな中で主に理系の学生が通う瀬田キャンパスで最大の人数を誇るチームが、Möbius(メビウス)である。歴史あるチームが数多く存在する龍谷大で、設立たった3年で、なぜここまで強くなったのだろうか?

▶︎ 続きを読む
コラム

関西フットサル界隈で名を轟かせる最強フットサルサークル「F.C.BANBi」とは?

2019.05.12 Sun

futsalEDGEでは大学生の同好会・サークルで上を目指すチームを取り上げていく。第1回は「関西最強フットサークル」と呼ばれる追手門学院大学のF.C.BAMBi。ゼロから立ち上げられたチームは、体育会フットサル部との強化試合やイタリア遠征などサークルの域を超えた積極的な活動を行なっている。

▶︎ 続きを読む
Fリーグ

【futsalEDGEオピニオン】「最強の5人制フットボール」の本質は何か? Fリーグの打ち出した新戦略を考える

2019.05.12 Sun

Fリーグは5月9日、13年目の開幕を前にキックオフカンファレンスを実施。ディビジョン1の12チーム、ディビジョン2の8チームの計20チームによる新シーズンに向けて新しいキャッチコピーを発表した。「日本フットサルリーグ 最強の5人制フットボール」。「フットサル」を「フットボール」と表現したことに賛否が生まれ、SNSを中心にネガティブな意見も多い。これまであまりなかった議論という意味では前向きだが、そもそも語り合うべき議論とはズレているようでもある。Fリーグが新たに打ち出した「最強の5人制フットボール」とは、何を示しているのか。その本質にあるメッセージを考えていく。 (文・本田好伸)

▶︎ 続きを読む
Notice: Undefined variable: additional_loop in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49 Notice: Trying to get property of non-object in /home/phi-user/www/wordpress/wp-content/themes/futsalEDGE/category.php on line 49