2016.03.22 Tue

Written by EDGE編集部

全国大会

Fリーグの選手から小学校の教員へ。三木一将「浦安に来て本当に良かった。幸せだった」

写真:本田好伸

昨シーズン、ファイルフォックスから鳴り物入りで浦安入りした三木一将は、トップレベルの舞台でも頭角を現し、今シーズンはチームになくてはならないピースとなった。加藤竜馬とタッグを組む前線からの追い込みは相手を苦しめ、積極果敢にサイドを突破し、リーグ戦で通算14ゴールをマークした。今大会は、府中との3位決定戦でも、流れを呼び込む泥臭いゴールを奪い、脂の乗ったプレーを披露。それでも、Fリーグを去る決意は固かった。今年で30歳の節目を迎える三木は、小学校の教員という、幼少期から抱いていた夢へと、進んでいく。
(文・本田好伸)

小学校の教員という夢

三木一将(バルドラール浦安)

——大事な場面での得点もあり、今大会を通じ、大きな活躍をしました。

ただただ全力でやるだけで、自分の活躍は感じていないですし、余裕もありませんでした。リーグで結果が出なかった分、この大会こそはという思いでやっていました。

HND_8909

——プレーを見る限り、まだまだやれると思うのですが……。

そういう言葉をみんなが言ってくれてありがたいのですが、フットサルとは別に、幼い頃から思い描いていた小学校の教員という夢を叶えたかったので、そこを選びました。最後は勝って優勝するのが一番きれいな終わり方だったのですが、負けてしまいました。それでも、終わりよければ……ではないですが、3位と言う結果を手にして、笑って終われたことは良かったです。

——Fリーグではなく、地域リーグなどでは続けていくのでしょうか?

まだ声を掛けてもらっているチームもないですし、まずは4月からの新生活をしっかりとしたものにしないといけないので、やれるのであればいいですが、ひとまず、Fリーグはこれで終わりです。選手としての今後についてはまだ誰とも連絡を取っていないですし、全く分からないです。それでも、フットサルをここまでやってこれたのことは嬉しいですし、こんなに楽しいスポーツはないなと思うので、趣味であってもやっていきたいなと思っています。

——今シーズンはFリーグに来て2年目。鳴り物入りで入ってきたのが浦安でした。

本当にFリーグはレベルが高かったです。一つひとつ考えて考えてプレーしないとやっていけない世界ですね。そこに慣れるまでには時間が掛かりましたが、地域リーグからFリーグに来て、通用する部分とそうではない部分が分かりました。もう、壁だらけの2年間でしたね。

——今後は新たな夢を追うということですが、それを決断したキッカケはありますか?

どこかで決断しなければならなかったですし、年齢という節目もあります。実は去年も教員になることに関して声を掛けてらっていたところはありました。それで今シーズンもお話をもらえて、節目かな、と。非常に難しい決断ですが、やはり小さい頃からの夢でしたし、そのときに影響を与えてくれた体育会系の先生がいて、そういう先生になりたいという思いを持ってここまできました。

HND_8806

——では、最後のピッチの感覚はどうでしたか?

こういう素晴らしいピッチで、たくさんのお客さんの前でやれるのは、幸せだなと思いました。ただただ勝ちたいという思いだけでしたが、仲間とのプレーは楽しかったです。浦安に来て本当に良かった、良いチームでプレーさせてもらったなと思っています。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事