2016.01.26 Tue

Written by ROOTS

コラム

【全日本女子ユース(U—15)】女子フットボール界の未来を照らす丸岡ラックレディース

写真:本田好伸

1月10日から11日、愛知県豊田市のスカイホール豊田で行われた第6回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会は、丸岡ラックレディースが3大会ぶり3度目の優勝を遂げ幕を閉じた。日頃からサッカーとフットサルの両方に取り組む彼女たちの戦いぶりは、大会の価値を高めると同時に、女子フットボール界の明るい未来を照らす――。
(文・本田好伸/ROOTS編集長)

丸岡が3大会ぶり3度目の優勝

160126_ladies_009-750x500

 第6回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会が1月10日から11日、愛知県豊田市のスカイホール豊田で行われ、丸岡ラックレディース(北信越地域代表)がシュラインレディースFC(東北地域代表)を破り、3大会ぶり3度目の女王の座に輝いた。

 9地域の予選大会を勝ち抜いた9チームが3チームずつ3グループに分かれて1次ラウンドのリーグ戦を行い、各グループ1位と2位のうち成績上位1チームの計4チームがノックアウト方式の決勝ラウンドに進んだ。1次ラウンドから決勝戦までの戦いを踏まえると、今大会は今後の女子フットサル界に大きな影響を与えるのではないかと予感させられるものとなった。

 そのなかで、他チームの常に先をいく丸岡の戦いぶりが顕著だった。丸岡は2012シーズンから、女子フットサルのリーグ戦が盛んな東海リーグに参戦し、17日の今シーズンの最終節には天王山を制してリーグ2連覇を達成。さらに昨年の全日本女子フットサル選手権では準優勝に輝くなど女子フットサル界においてその存在感は増しているが、今大会には中学2年生以下の選手のみで臨んできていた(3年生は受験シーズンということが主な理由らしい)。

 しかしながら、その戦いぶりはピヴォ当てを主体とする3-1のシステムをベースに戦うセットと、4人が連動する4-0(クワトロ)のシステムをベースに戦う2セットを併用するなど戦術的な要素はトップカテゴリーとそん色ない。とりわけ、3-1のピヴォ当てをメインに戦うセットのインパクトは絶大だった。

 丸岡には、現在高校2年生で、今大会にも過去3年連続で出場したフットサル日本女子代表の北川夏奈と高尾茜利という突出した選手を輩出しているが、その北川を彷彿とさせるピヴォの山川里佳子は、田中悦博監督も「能力は北川以上かもしれない」と期待を寄せる。山川自身も、「北川さんに憧れていて、そんな選手になれるように練習から真似をしている」と、身近にいる偉大な先輩の背中を見ながら日々成長を遂げ、今大会でも優勝に大きく貢献した。

 丸岡にはその他にも、体格は小柄ながらも、キャプテンとして、クワトロセットの核として大車輪の働きを見せた池内天紀など、非凡な才能を見せる選手であふれていた。サッカーとフットサルの両方に取り組みながら高みを目指す彼女たちが、3年前の2連覇を達成したときとは異なるメンバーで結果を残したことは、今大会の価値やフットサル自体の価値を周知するという意味でも少なくない影響を与えたと言えるだろう。おそらくまた、このメンバーのなかからフットサル日本女子代表選手が現れるに違いない。

<次ページ>
亡き総監督の思いを胸に飛躍したシュライン

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事