2015.11.01 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第27節】東京ダービーの勝敗を分けたもの。6連勝、すみだの快進撃を支える“第3のセット”

写真:信太美月

東京ダービーの勝敗を分けたのは、フウガドールすみだ・須賀雄大監督が後半に送り出した“第3のセット”だった。ベテランの存在感と、若手の刺激が噛み合っているすみだは、リードをひっくり返された試合を、再びひっくり返すという底力を見せて6連勝を飾った。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

25分までは府中のゲームだったが……

 府中市立総合体育館で行われた、府中アスレティックFCvsフウガドールすみだの東京ダービー。

 先制したのはアウェーのすみだだった。前半の6分、清水和也がフィクソのマークをうまく外し、フリーで西谷良介からの縦パスを受けると、振り向き様に左足を振り抜いた。

 その2分後、またも西谷→清水のラインからゴールが生まれる。右サイドのキックインを西谷がマイナス気味に戻すと、清水が遠目の位置からダイレクトでシュート。これがゴールネットを揺らした。

 視察に訪れたミゲル・ロドリゴ監督が「急激に伸びているし、すごく落ち着いている」と印象を語ったように、ピヴォとしてボールをしっかりと収めて攻撃の起点となりながら、ゴールへの意識も強く、そのプレーは「日本代表」にふさわしいものだった。

 ただ、ここからホームの府中が反撃に出る。

 8分、高い位置からプレスをかけて、山田ラファエルユウゴがボールを奪うと、永島俊につなぐ。ゴール前、左45度の位置から永島がファーに流し込み、1点を返す。

 府中の同点ゴールが決まったのはすみだがタイムアウトをとった直後だった。太見寿人の縦パスが相手に引っかかり、ショートカウンターに。GK清家大葵と1対1になった完山徹一が落ち着いて沈めた。

 フットサルの1対1というのは、簡単そうに見えて簡単ではない。ゴールが小さく、GKも前に出てくるため、シュートコースはかなり限られる。完山は低く構えた清家の右脇下にできたボール1個分のコースを抜いてみせた。左足の精度の高さはさすがというしかない。

 後半になるとホームの府中が攻勢を強めていく。

 24分、府中は柴田祐輔がゴール前で右足シュートと見せかけて相手を滑らせて、左足で落ち着いてゴール隅にシュート。鮮やかに勝ち越してみせた。

 4点目が決まったのは30秒後。カウンターでパスを受けた小山剛史のシュートはGK清家に防がれたが、浮き球をソロカーバが詰めた。

 2点を先行されてからの4連続ゴールで、4−2とゲームをひっくり返した。1503人の満員のホームの雰囲気は最高潮。明らかに試合の流れは府中にあった。だが、試合はまだまだ終わらなかった。 

「僕たちにとっては1点リードのままのほうが良かったのかもしれない」と谷本俊介監督が振り返ったように、「2点リード」になったことによって、ビハインドを背負っていたときにあった守備面での寄せや、球際での激しさが弱まってしまった。

<次ページ>
流れを変えた”第3のセット”

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事