2015.02.15 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

府中・谷本俊介監督「まだまだ力不足」

写真:FUTSAL PIX Ozawa

Fリーグ33節の府中アスレティックFCvsバサジイ大分が14日に府中市総合体育館で行われた。プレーオフ進出に望みをつなぎたい府中だったが、常に大分に先行される苦しい展開となる。残り55秒で大分のFPディドゥダにパワープレー返しを決められてリードをされるも、その9秒後にゴールを返し、最後まで粘りを見せた府中。しかし、3-3の引き分けに終わり、2シーズンぶりのプレーオフ進出の可能性が消滅している。

(文・河合拓/futsalEDGE編集部)

昨シーズンに比べれば、成長できた部分はあった

府中アスレティックFC 谷本俊介監督

 

―試合の感想を聞かせてください。

「お疲れ様でした。(プレーオフ進出の)最後の望みをつなげることができなくて、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。いろいろなところでも言われているとおり、6連敗スタートしたところから、最後の1試合までプレーオフ出場争いができるところまでいった部分に関しては、諦めずに戦った選手たちもそうですし、最後まで応援し続けてくれたファン・サポーターのおかげだと思っています。ただ、最後の今日の試合がすべてを物語っているように、まだまだ力不足な部分というか、大事な試合で勝ち切れない。そこでベストパフォーマンスを出しきれない、自分たちの甘さというか、勝負弱さというか、勝負強さのなさ。まだまだ足りないなと。それが最初の6連敗も意味していたと思いますし、最後まで底の部分、下位相手に勝ち切れる試合はありましたが、こういった大分さんとか、浦安さんとか、上位の相手には力が足りないのかなと。

ただ、昨シーズンに比べれば、昨シーズンは2試合を残して消化試合というところになってしまっていたので、少しですが、成長できた部分はあったと思います。来シーズン、また来シーズンこそ、プレーオフに行けるように。それだけの選手がいると思っています。足りないのは、本当に監督としての自分の力のなさです。彼らの良さをもっと引き出してあげられていれば、もっともっと上位にいてもおかしくないチームだと思います。今シーズンのリーグ戦は終わりましたが、プーマカップもあります。そこで、リーグ戦の雪辱を晴らして、来シーズンのリーグ戦に弾みとなる結果を残せればいいと思っています。リーグ戦はこれで終わったので、切り替えて、少し休んで、フレッシュな状態でプーマカップに臨みたいと思います。ありがとうございました」


―今の気持ちというのは、後悔があるのでしょうか。それとも、全部やり切ったという感じですか?

 「後悔は一切ないですね。やれることをすべてやったつもりですし、皆本も言ったように、選手たちもそう感じているのではないかと思います。なので、また来シーズン全力でやって、最後まで悔いなくやりきって、そのときに出た結果というのが最高の結果であればいいかなと思います。そのときまで努力は続けていければと思います」


―大分のディドゥダ選手がいる中央へのピヴォ当てに、かなりこだわっていた印象がありますが?

「もう少し、サイドからの攻撃は確かに必要だったかなというのはありました。相手がマンツーマンで付いてくる相手に対して、ソーンでうまく受け渡しをしてくる相手であれば、間があいて来たり、それこそ真ん中で使う方がいいと思います。途中から、後半に入る前には選手たちにもサイドで仕掛けるような場面、相手をフリーランニングで押し込んで、その状況から1対1で仕掛けたら自ずとチャンスは生まれてくるんじゃないかなと。2点目のロドリゴがサイドから仕掛けて中央でシュートっていうのがありました。あの位置まで、うまくシンプルに押し込むことができれば、得点のチャンスはもっと広がっていたと思いますが、おっしゃられているように、その押し上げる形がピヴォ当てだけになっていました。

ただ、ディドゥダ選手が相手にいて守っていても、うちのピヴォが、そこで彼を上回るパフォーマンスを出せていれば、今まではそれが功を奏していたイメージがあったので、どんどん入れて、1対1ではがして、上福元が反転シュートを決めたりというのもここ数試合は多かったので、自分たちの武器である選手たちに勝負させていました。それはそれで結果論なので、何とも言えませんが、悪かったとはあまり思わないです。ただ、効果的な武器として、彼らの仕掛けっていうのはありますので、うまく併用しながら臨機応変に対応できれば、また違ったかもしれません。逆に連続して1対1、1対1、1対1でも、また良くないと思いますし、今日のようにピヴォ当て、ピヴォ当て、ピヴォ当てでも相手は読みやすいので。全体的な駆け引きは、まだまだ足りなかったと思います」

1 2

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事