2015.07.30 Thu

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【オーシャンカップ】府中優勝の裏で痛感した大会の意義。熱狂的なフットサルは、そこにあったのか。

Fリーグの歴史は動いていない

 紛れもなく一つのタイトルであり、その価値は大きい。特に、クラブ創設15年で初めてのタイトルをつかんだ府中にとって、その喜びは計り知れないものだろう。だからこそ、「歴史が動いた」と、彼らも感じていた。ただその大部分は、「クラブの歴史」のことであり、日本フットサル界の歴史という意味では、リーグ戦のタイトルを奪ってこそ、本当に「動かした」と言えるものなのだろう。

 試合後の会見で皆本晃も「リーグでは名古屋がずっと勝っているので、僕らが強くならないといけない。勝者のアイデンティティを積み重ねていき、リーグタイトルを獲得したい」と口にしていた。

 意義は何か? と問うのは無粋なのかもしれない。そんなものは大会参加チーム、選手、関係者、観戦する人々、そして報じるメディアそれぞれが感じて、メッセージを発信すればいいだけだ。それでもあえて言いたかったことは、今大会が「どのチームも等しく頂点を目指した大会だったのかどうか」ということ。

 グループリーグからトーナメントに進み、徐々に観客を含めて盛り上がりは高まっていたし、ニカラス・リガと北海道による3位決定戦は、試合後にスタンドから惜しみのない拍手が送られ、会場は温かい雰囲気に包まれた。決勝戦も、名古屋の猛攻をしのぎながら府中が“スコア上”は圧倒した展開に、普段のFリーグにはない興奮を覚えた人も多かっただろう。それでも――。

 その場にいる誰もが手に汗を握り、熱狂するようなフットサルを感じることは、最後までできなかった。

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事