2015.07.26 Sun

Written by EDGE編集部

Fリーグ

【Fリーグ第14節】慎重なゲームプランで臨みながらも勝ち点0。米川浦安はここから這い上がれるのか

写真:本田好伸

浦安の失速が止まらない。ホームで迎えた第14節のシュライカー大阪戦。「メンバーを絞って臨んだ」(米川正夫監督)浦安だったが、後半に大阪に退場者が出て、数的優位になった2分間でも決められず、その後、決勝ゴールを許して0−1で落としてしまった。「結果論だけど」と前置きした上で、米川監督はタイムアウトのタイミングを悔やんだ。
(文・北健一郎/futsalEDGE編集長)

数的優位の場面でアイデアがなかった

米川正夫監督(バルドラール浦安)

——今日の試合を振り返って。

(出場する)メンバーを絞って臨んだ試合で、こういうゲーム展開になるだろうなという予想通りの展開で、お互いにチャンスの数も五分ぐらい。お互いにハーフからのディフェンスをベースにして、たまに前からプレスをかける。ささいなところで勝敗を分けたのかなと。

一番は数的優位のときにゴールできなかったこと。それに関してはアイデアがなかったなというのがあるし、あそこでタイムアウトをとって話しても良かったかなと。残り5分ぐらいで、どちらかにゴールが生まれて、パワープレーになったときに(タイムアウトが)ほしいなと思っていたのですが。結果論になりますが、あそこは判断ミスだったのかなと思います。なかなか勝ててないけど、やっていくしかないと思っています。

——先週のオーシャンカップでは若手を試して、主力を休養させたが、今シーズンを通じてコンディション面はどうでしょうか。

コンディションに関しては、シーズンの最初の準備の段階で、去年と同じような準備はできていなかったというところがあります。でも、そんなに走れていないとか、交代が速いということはそこまで感じていない。もしかしたら、ささいなところで走れないとか、パワーが出ないとか、そういうのがあるかもしれない。目に見えて落ちているとも感じない。

——失点シーンでは大阪の加藤未渚実にドリブルでかわされたところから生まれたが。

あの1対1は仕方ないのかなと。(高橋)健介がかわされたと思うけど、健介はまだトップパフォーマンスじゃないし、怪我と付き合いながらやっている中で、ディフェンスがある程度できないところをさっぴいても、攻撃でのプラスアルファは明らかにある。健介がいることによって、攻撃の引き出しが増えるし、“浦安のフットサル”というのを見せられる。たまたま、ああいう風になってしまったのかなと。加藤に関しては試合前にサイドで突っかけてくるから気をつけようと話はしていました。映像も見せていたけど、それで絶対に止められるというわけではないので。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事